北九州スタジアム

一泊二日・九州訪問のレポ、第三弾。

えっと開幕戦以降の勝利がない、なんか今年は並に乗り切れないギラヴァンツ北九州...。
でも今年はギラにとって、非常に大事な一年
何が?って言うとね、今年はJ1を目指す大事な一年
そりゃ、J2のチームならJ1目指すやろ!って突っ込みが入りそうですが、実のところ、ギラヴァンツ北九州、今年まで目指そうにも目指せなかったワケ。

なんでかって言うと、J1ライセンスがなかったから。理由はスタジアムがJリーグの定めるJ1使用の条件を満たしていないから。
このライセンス制度ってのに対しては、いろいろ言いたいこともあるのですが、この記事では触れないでおきますね。
まぁ、簡単に言うと、本城じゃJ1は開催できないよ、だからギラヴァンツ北九州はJ1には上がる資格がないよ、って言われてしまっていたワケ。
今のホームスタジアム、本城陸上競技場の改修には北九州市は興味がなく、新スタジアム建設と言う流れになりました。
もちろん!?本城を改修してJ1仕様にしてから新スタジアム建設ができたら最高ですが、そんな余裕は北九州市にも球団にもありません...。

で、九州旅行の二日目の朝、その新スタジアム、北九州スタジアムの建設現場に行ってみました。
場所は北九州市小倉北区浅野、小倉駅から徒歩10分くらいのところ。
小倉駅の北側(新幹線側、モノレールとは反対側)からアジア太平洋インポートマートまでは屋根付きの動く歩道もあるので便利です。

小倉駅から徒歩約10分、気になる距離ではありません。
何より新幹線の駅から徒歩圏内ってのがありがたいです。今なら小倉→黒崎or折尾→シャトルバス(もしくは小倉駅から直接シャトルバス)ですので、小一時間かかりますもの。
新幹線の駅から歩いて行けるところって、横浜Fマリノスの日産スタジアム(新横浜駅)とファジアーノ岡山のシティライトスタジアム(岡山駅)くらいでしょ。そう考えると、大きな大きな進展です。


外観と言うか、骨格はほぼ完成していました。
大きすぎず、小さすぎず、鳥栖のベストアメニティスタジアムとか、仙台のユアテックスタジアムみたいな感じでフィールドが近い、良いスタジアムになりそうな予感♪
収容能力としては、15,066席を想定しています。

スタンドの席は角度があって、かなり臨場感あふれるスタジアムになるんじゃないかな。
メインスタンドからは海が望める構造になるようです。

完成が楽しみです♪
そして、これからの巻き返しに期待!
そしてそして課題の観客動員増もなんとかしないとネ!!

そうそう、北九州スタジアム 工事情報のページも是非、ご覧くださいネ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。