優勝争いも残留争いも見逃せない!!

アウェイ鳥栖・ベストアメニティスタジアムに行かれた皆様、遠くから気持ちを送っていた皆様、お疲れ様でした。
私は結局、大好きな九州に行くことは叶わず、ネットで速報チェック。

開始早々のオウンゴールで先制という流れが、良い意味で想定外で試合の流れを楽にしてくれました。
後半にもアダイウトンのシュートが弾かれたところで又が詰めて追加点。

サガン鳥栖 02 ジュビロ磐田(Goal:オウンゴール, 川又)
ま、快勝でしょ♪

さてさて、今節で面白くなったのは優勝争い。
鹿島が柏と引き分けて、足踏み。
今節終了時の順位表を見てみますと...

順位 チーム 勝点 得点 失点
1 鹿島 71 23 2 8 53 31 22
2 川崎 66 19 9 4 65 32 33
3 C大阪 63 16 6 8 65 42 23
4 59 17 8 8 48 33 15
5 磐田 57 16 9 8 50 30 20

パッと見た感じ、首位の鹿島と2位の川崎が開いているように見えるけど、川崎は1試合少ないので、最大で積み上げられる勝ち点は6だから72。ということで、まだ川崎フロンターレには優勝の可能性があるワケです。
水曜日の浦和戦に勝つことが最低条件ですが、そうなると優勝の行方は最終節に!
ん!?そうすると、磐田vs.鹿島の一戦って、メチャ重要な試合になるのね。
磐田で川崎の優勝が決まる瞬間に立ち会う可能性もあるってことね。

そして気になる残留争いも最終節へ。

順位 チーム 勝点 得点 失点
14 広島 33 8 9 16 32 48 -16
15 清水 31 7 10 16 33 53 -20
16 甲府 29 6 11 16 22 39 -17
17 大宮 25 5 10 18 28 55 -27
18 新潟 25 6 7 20 27 60 -33

今節で大宮の降格広島の残留が決まり、J2降格は甲府と清水のどちらかということになりました。
勝点差は2なので清水優位は間違いないですが、得失点差は甲府の方が小さく、最後の最後までわかりませんね。

正直、シーズン初めにスケジュール表を見たとき、最終節で鹿島の優勝と磐田の残留がかかった試合を観るなんてこと、ないよね...なんて思ってしまったのですが、まぁ、片方は辺りで、良い意味でもう片方は外れてくれました。
泣いても笑っても残り1試合、優勝にも残留にもACLにも関係ないジュビロ磐田ですけど、目の前の一戦に勝つことを考えるのみですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。