カテゴリー: スタジアム

サッカーを中心としたスタジアムに関するカテゴリー

ユニフォーム+タオルマフラー

4試合ぶりの2勝目!!|FC東京U-23 0-1 北九州

行ってまいりました、江東区夢の島陸上競技場

四半世紀ぶり!

実はこのスタジアム、二回目の訪問。

江東区夢の島競技場
江東区夢の島競技場

最初もサッカー観戦だったのですが、その時の対戦カードは東京ガス vs. 藤枝ブルックス。東京ガスは今のFC東京、藤枝ブルックスはその後、福岡に移転して、今のアビスパ福岡になりました。
確か、1993年(ひょっとしたら1994年かも)でしたから、なんとなんと四半世紀ぶり
朧げな記憶をたどると、あのときとスタジアムの風景はほぼ同じ。違うのは、遠くに東京スカイツリーが見えていることや、湾岸部のタワーマンションが立ち並んでいることでしょうか。

チャンスはあるが、攻めきれない...

さてさて、何せJ3...おまけにスタジアムも夢の島とマニアック。観客は1,075人と、かろうじての千人突破...でもね、最近感じるのは、関東でギラヴァンツ北九州の試合があると、そこそこアウェイに人が集まるってこと。

で、肝心の試合ですが、それなりにボールを支配するギラヴァンツ北九州
それなりにチャンスもあるのですが、決定機とまではいかない展開。ダヴィも一生懸命、走っているものの、パスを出す側と受ける側の呼吸が合っていない感じ。
少しずつパスもつながり始めると、FC東京U-23がカウンターなり、セットプレーなりでチャンスが来るし、両チーム決めきれず。
いや、決めきれないというよりも、決定的な場面で両チームがしっかり防いだって言った方が良いですね。

ダヴィ、初ゴール!

後半に入り、風上に立ったギラヴァンツ北九州。流れは良いのですが、ゴールが生まれるまでには至らず...ボールは支配しているのですが、最後の一つ二つの精度が悪いですね。
こういう硬直状態を打破するにはセットプレーしかありません。

そんなこんなの後半29分、敵陣中央右からのフリーキック。蹴るのは川上。が相手のGKとDFの間に、ふわっと上がったボール...どうなtった???ダヴィが喜んでる!先制点!! いやぁ、反対側のゴール裏、何が起きているのか、よくわかりませんでした
後でDAZNのハイライトを確認したら、ダヴィがタイミングよく飛び出してヘディングシュート決めていたんですね。

さて、この先制で流れが来るかと思ったのですが、乗り切れず...。
正直、内容的にはもうちょっと圧倒して欲しかったです、物足りなかったです。
でも...

FC東京U-23 01 ギラヴァンツ北九州 (Goal:ダヴィ)
かろうじて、勝利、勝ち点3Getです。4試合ぶりの2勝目。

試合結果|FC東京U-23 0-1 北九州
試合結果|FC東京U-23 0-1 北九州

不満も不安もありますけど、勝利で終われたこと、ダヴィが加入後初ゴールを決めたこと、大きいと思います。

試合後、サポーターに挨拶に来てくれた選手たち。もちろん、笑顔。
勝利でヤッター!というよりは、安どの方が大きいんじゃないかな。

ま、結果が出たことで調子に乗ることってあるでしょうからね、これでダヴィもチームも良い流れになることを祈るばかりです。

試合結果|一条 2 (PK3-2) 2 桐蔭学園

後半アディショナルタイムのドラマ|第96回全国高校サッカー選手権大会2回戦

2017年の最後のサッカー観戦が等々力なら、年が明けて2018年の初観戦も等々力
行ってきました、全国高校サッカー選手権二回戦

今日は地元、神奈川県代表の桐蔭学園が出場ってことで、武蔵小杉駅から等々力方面に向かうバス停には長蛇の列。
スタジアムに着いたのはキックオフ20分くらい前。メインスタンドはほぼ埋まっていたし、年末はメインスタンドからの観戦だったので今日はバックスタンドへ。
バックスタンドの1階は応援団席なので、2階席。よく考えると等々力のバックスタンド、真ん中辺でサッカー観るのって、初めてかも。

バックスタンド2F席|等々力陸上競技場
バックスタンド2F席|等々力陸上競技場

後半アディショナルタイムで同点、そして...

第一試合は桐蔭学園高校(神奈川)vs.一条高校(奈良)。なんたって地元の桐蔭学園、14年ぶりの出場ってことで応援団も多数。雰囲気としては桐蔭学園のホームって感じ。
そんな声援に後押しされて、前半13分、背番号3だけどFW登録の森山翔介クンが右サイドから駆け上がって、ペナルティエリアに入った辺りでシュート。DFの足に当たってコースが変わって、少し回転もかかって、ボールはファーサイドのポストに当たって跳ね返りはゴールの中へ、先制!
そのまま桐蔭学園が流れをつくったまま、前半終了。

折り返して、立ち上がりの43分(後半3分) 一条の中井一尭クンが右サイドを駆け上がり、センタリング...と思ったら、そのままGKの頭を越えてゴールの中に...同点!
ここからは一進一退で攻守がグルグル入れ替わる展開で、見応えありました。

そんなこんなの71分(後半31分)桐蔭学園の右サイドからのセンタリングに合わせたのは再び森山翔介クン。ヘディングシュートが突き刺さり、追加点!
ここで桐蔭に流れが傾き掛けたのですが、最後の5分くらいは一条の怒濤の攻撃。左から右から、選手もボールも攻め上がります。

守り抜いていた桐蔭でしたが、後半アディショナルタイム83分(後半40+3分)に右からのクロスをややファーサイドからヘディングで折り返すと、ゴール正面にいたのは18番、相坂恭杜クン、ヘディングで押し込んで同点2-2!!

そのまま試合終了でPK戦へ。もうね、スタジアムは大盛り上がり。
PKの先攻は桐蔭学園。なんか同点に追いついた一条の気迫と、スタジアムの雰囲気に飲まれちゃったって感じ。一人目と二人目が失敗。対する一条も一人目のキックは止められて、スタジアム全体がPKなんて入らないんじゃ内科、そんな空気が流れていました。
ようやく決めた一条の二人目。

桐蔭学園 ××○×○
一条 ×○×○

↑決めれば勝利の一条の5人目...

見事に決めて、一条が3回戦進出!!桐蔭学園、初戦で敗退...

試合結果|一条 2 (PK3-2) 2 桐蔭学園
試合結果|一条 2 (PK3-2) 2 桐蔭学園

同点に追いついた勢いの分だけ、一条が有利だったのかな、そんな印象を受けました。

後半アディショナルタイムに執念のゴール

第二試合は富山第一高校(富山)vs.東福岡高校(福岡)。年末に観た試合の、勝者同士の対戦。
1回戦では富山第一はしぶとい守りで1-0で競り勝ち、東福岡は最後にたたみ掛けてゴールを奪い3-0で勝利。
↑だから2回戦は、攻める東福岡&守る富山第一になるんじゃないかと想像していたのですが、さにあらず。

1回戦でも得点を挙げた富山第一の背番号10、坪井クンを中心にゴールに迫る展開。対する東福岡も同じく背番号10の福田湧矢クン、11番の木橋朋暉の攻撃、高校生離れしていますね。。
両チーム、GKもDF陣も踏ん張って気付けば後半アディショナルタイム。こりゃ、第二試合もPK戦かな、なんて空気がスタジアム全体に流れ始めた後半アディショナルタイム。
80+3分に右サイドから富山第一のコーナーキック。ニアで合わせた大竹将吾クンのヘディングシュートは...

富山第一ゴールの瞬間
富山第一ゴールの瞬間

ゴールに突き刺さり、1-0!ついに均衡が破れる!
再開後、間もなくして試合終了。東福岡、ここで散る...

試合結果|富山第一 1-0 東福岡
試合結果|富山第一 1-0 東福岡

とっても締まった展開で、見応えありましたヨ。

いやぁ、二試合ともに後半アディショナルタイムにドラマが待っていて、最後の最後までわからない展開。
負ければ終わりのトーナメント、三年生からすればホントに終わりの選手権。負けて号泣している選手の姿を見てしまうと、もらい泣きしてしまいそうでした。

ふり向くな 君は美しい
また会おう、いつの日か。君のその顔を忘れない。

尚志 vs. 東福岡|第96回全国高校サッカー選手権大会

2017年観戦納め

大晦日ですね。皆さん、今年一年、スタジアムの中でも外でも、お世話になりました。
2017年に観戦したサッカーの試合は、約30。ジュビロ磐田が8割ほど。あとはギラヴァンツ北九州日本代表高校サッカー

今年の観戦納めは、等々力陸上競技場。
第96回全国高等学校サッカー選手権大会

スタジアムに着いたのは12時半くらい。12:05キックオフなので前半の途中でした。
1回戦だし、大して人も入っていないだろうと、甘くみていた私ですが、ところがどっこい、結構な人の入りでビックリ。メインスタンド、ほぼ埋まっていました。

尚志 vs. 東福岡|第96回全国高校サッカー選手権大会
尚志 vs. 東福岡|第96回全国高校サッカー選手権大会

メインスタンド2階、端っこの方の席をかろうじて確保。

選手権の常連、貫禄の勝利!

第一試合は尚志高校(福島)vs. 東福岡高校(福岡)
私がスタジアムに到着した直後の前半33分、沖野直哉クンのゴールで東福岡が先制。
この後も、ボールの支配率は東福岡が上回っていました。でも、GKとDFが巧く連携して決定機はつくらせない尚志高校。時折、カウンターもあったし、あわよくば同点...と勢いよく仕掛けたところで東福岡のカウンター。結局、それをペナルティエリア内でかろうじて止めたもののPKの判定。

今大会の注目選手の一人、東福岡のキャプテン、福田湧矢クンが決めて2-0。
こうなっちゃうと、流れは完全に東福岡。
後半アディショナルタイムの終了間際にも...

木橋朋暉がFKを直接ゴールに突き刺して3-0。

試合結果 尚志 0-3 東福岡|第96回全国高校サッカー選手権大会
試合結果 尚志 0-3 東福岡|第96回全国高校サッカー選手権大会

尚志高校 03 東福岡
うーん、ま、終わってみれば貫禄の勝利って感じです。

最後の最後まで維持を見せたものの...

第二試合は富山第一高校(富山)vs.東海大星翔(熊本)

前半26分にゴール前の混戦から富山第一の坪井清志郎クンのゴールで先制。
このままトミイチの試合になるのかなー、なんて思ったら、ここから先はかなり緊迫した良い試合でした。
どちらもDFがしっかりしていて、決定機は与えない、締まった展開。

そのまま次第に時間が過ぎて、気付けば後半アディショナルタイム。
コーナーキックを得た東海大星翔、GKも上がって、最後のコーナーキック。

ゴール前、東海大星翔のヘディングはGKの頭を越えて、ゴールに入った...かと思いきや、富山第一がヘディングでクリア。その直後に試合終了のホイッスル...僅かに及ばす...

試合結果 富山第一 1-0 東海大星翔|第96回全国高校サッカー選手権大会
試合結果 富山第一 1-0 東海大星翔|第96回全国高校サッカー選手権大会

富山第一 10 東海大星翔
最後の最後まで維持を見せたものの、一歩及ばずの東海大星翔でした。Nice Gameでしたよ

というワケで...

さてさて、2017年も残すところ数時間、今年も皆様にはスタジアムの中でも外でも、大変お世話になりました。
2018年も引き続き、よろしくお願いします

電光掲示板|2017 J1 第32節 柏 vs. 磐田

崩されてはいないけど、崩しきれなかった|柏 1-0 磐田

行って参りました、アウェイ柏
上野東京ラインが開通してから、常磐線沿線が近くなりましたねー。♪上野東京ライン 乗り換えなしで楽々~♪ 川崎からですと、品川で一回乗り換えるだけ。前なら東京と上野の二回乗り換えで、なんか遠いイメージでしたもの。

しかし今年は雨が多いな...

柏駅に降り立ったときは曇天模様。天気予報では弱雨、スタジアムについても怪しげな雲が空を覆い、そして試合が始まり出すと降雨...
今年は雨の観戦が多いですね。静岡ダービーはホームもアウェイも雨だったし、関東では等々力、天皇杯のニッパツ...ポンチョやカッパが大活躍の一年。
っていうか、そもそも今年はJリーグに関係なく、週末になると雨が降っていたように思います。

サッカー戦用のスタジアム♪

電光掲示板|2017 J1 第32節 柏 vs. 磐田
電光掲示板|2017 J1 第32節 柏 vs. 磐田

日立柏サッカー場、柏駅から歩いて20~25分程。サッカー専用のスタジアム、良いですねー、フィールドが近い。磐田や日本平(IAI)も近いけど、もっと近い!

日立柏サッカー場|2017 J1 第32節 柏 vs. 磐田
日立柏サッカー場|2017 J1 第32節 柏 vs. 磐田

ゴール裏は立ち見になりますが、その分、臨場感はバツグン! 難点は音響がイマイチなことかな...スタジアムのアナウンス、何を言っているのか、聞き慣れないこと、多々ありました。

崩されてはいない、でも崩してない...

さてさて、肝心の試合ですが、入りは悪くなかったと思います。それなりにボールが回り、柏ゴールの近くまで攻めていく姿、アウェイだからと守りに入ることもなく、いつもと同じように入り、いつもと同じように攻めていく姿、良いなーって思いながら見ていました。

しかしさすがは柏、15分くらいから少しずつペースをつかみ出して、磐田ゴールに迫り出します。正直、怖いです。
と言いつつも、完全に崩されたシーンって、ほとんどなかったと思うんですよね。崩される前に、どこかでDF個々なりラインなりで対応できていました。

ただ、対応するのも数が増えてくると事故が起きてしまうもので...
柏の伊東が右サイドの敵陣深くでドリブルを仕掛けると、切り返して右足でクロスを、ここでクリアしようとした櫻内渚がオウンゴール...
でも、コレは仕方がないです。渚の後ろにはハモンロペスがいましたからね、あそこでクリアできなかったら、決められていたことでしょうし、あの場所にいたからこそボールに触れたのであって、責められません。

結局、そのまま前半は終了。完璧に崩されたシーンはなく、オウンゴールによる失点のみ、後半の巻き返しに期待です。
と言いつつ、完全に崩したシーンもなかったのですが...

後半ですが、櫻内に代えて上原力也を投入。渚のメンタルを考慮してカナ???
積極的に責めに行く磐田、ただ攻めの姿勢、もう少し積極性が欲しかった...自ら切り込む選手が少なく、パスの選択が多い...右に行っては真ん中に戻り、左に行っては真ん中に戻るボール...磐田がボールを持つ時間が長かったと思いますが、柏からすると、それほど怖くなかったのではないでしょうか?

アダイウトン川又など、なんとか打破しようとシュートを打つ姿が見られましたが、結局ゴールネットを揺らすにまでは至らず、0-1で終了...
柏レイソル 10 ジュビロ磐田

失点はオウンゴールのみですから、やっぱり完全に崩されていないんですよね。ピンチらしいピンチは少なかったし。
でも、無得点では勝てません、それに尽きます。

試合後、ゴール裏に挨拶に来た選手達、なんとも無念な表情です...

これで柏とは勝ち点差が開いて、ACLへの道はかなり遠のいたと言えるでしょう。
神様からの「まだ早い!」というメッセージなのでしょうか。

残りに試合、他チームの結果なんぞ気にせず、勝ち点3を2つ積み重ねること、それに集中しましょう。

反省会

試合後は柏駅前で反省会。
さかなや道場 柏東口 店

早い時間帯でしたけど、ありがたいことにこちらのお店、15時からオープンしているんです!
しかも18時のオーダーまで
・生ビール(アサヒスーパードライ) 480円→240円
・生搾りレモンサワー 480円→240円
・生搾りピンクグレープフルーツサワー 480円→240円
・おすすめ焼酎(芋・麦) 380円→190円
↑など、半額!!

PGFサワー|さかなや道場 柏東口店
PGFサワー|さかなや道場 柏東口店

しかもHOT PEPPERの10%オフクーポンまで使えて、かなり格安に飲み食いできちゃいました。

チヂミ&餃子|さかなや道場 柏東口店
チヂミ&餃子|さかなや道場 柏東口店

何せただでさえ、寒空の下で雨でしたからねー、鉄板チヂミ、鉄板餃子、もつ煮...温かいもの沢山食べて、身体温めました。
ごちそうさまでした。

さーて、残すは2試合!鳥栖戦は所用で遠征できないのですが、最終節の鹿島戦は馳せ参じます!!

試合結果|横浜FM 1-0 磐田

天皇杯はベスト8で敗退...|横浜FM 1-0 磐田

行って参りました、天皇杯@三ツ沢

20171025ニッパツ三ツ沢球技場
20171025ニッパツ三ツ沢球技場

雨で寒い...

天気予報は良くなかったし、朝から雨模様ではありましたけど、夕方には晴れるという予想ではあったんですよね。
ところがどっこい、17時になっても18時になっても雨...
試合開始前でも...

雨のニッパツ三ツ沢球技場
雨のニッパツ三ツ沢球技場

結構な雨が降っていました。
スーツの上にレインコート...ちょっと動きにくいですけど、仕方がないです。
ま、後半途中から止んだのがせめてもの救いでしたけど。

試合も寒い...

さてさて肝心の試合ですが、リーグ戦の合間の天皇杯、さすがにベストな布陣というワケにもいかず...
GKに三浦龍輝クン、ま、天皇杯は彼のお陰で勝ち進んだようなものですものね。
最終ラインは右から、櫻内渚、藤田義明、高橋祥平、小川大貴...ちょっと不安ながらも渚と大貴にはグルグル動き回ってもらいたいところ。
ダブルボランチに、上田康太と上原力也...ちょっとビックリの力也クン。
中盤2列目には中村俊輔、川辺駿、山田大記...コレはマジでビックリ。だって、俊輔もヒロキも、そもそも横浜に連れてくるとは思ってもいなかったから。
残る一つがアダイウトンだから、ひょっとしてゼロトップ???なんてのも想像しましたけど、アダの1トップでした。

ところで肝心の試合ですが、いきなりのアクシデント。山田大記が前半5分で負傷退場...ゲームプランが崩れちゃいましたね。
で、展開としてはどちらもギクシャク。雨でボールが足に付かないってのもありますけど、なんか綺麗な形に収まらないんですよ、両チームともにね。

どちらかと言うと、ジュビロの方がボールを動かしていたんじゃないかと感じました。
ボールが収まらないながらも、少しずつテンポを掴んでいった前半アディショナルタイム、左コーナーキックから、上田が左足でクロスを入れると、高橋が頭で落として、、抜けたボールに反応した藤田が押し込んでネットを揺らして先制!...と思ったら、少し遅れてオフサイドの判定。その直後に前半終了のホイッスルと、0-0ながらもちょっと後味の悪い前半の終わり方。

後半もボールはジュビロの方が支配していたと思います。シュートも打っていたし。そんなこんなの後半15分くらいからは雨が止んできて、さー、これから!の空気。
こりゃ、延長戦...ひょっとしたらPK戦も、なんて覚悟し始めた後半36分。グラウンダーの鋭いクロスを入れられると、GK三浦クンが触れたボールが高橋ショーヘーに当たり、そのままゴールマウスの中に...と、不慮の事故みたいなゴールで先制点を献上...

最後の猛攻も実らず、そのまま試合終了。

試合結果|横浜FM 1-0 磐田
試合結果|横浜FM 1-0 磐田

横浜Fマリノス 10 ジュビロ磐田
なんとも無念さだけが残る試合でした...

試合後のゴール裏も、声援を送りつつも、はぁ、天皇杯終わっちゃった...の疲労感。

というワケで反省会

試合後は横浜駅前で反省会。ホントなら、祝勝会のハズだったのにねー。

反省会|ニッパツの後
反省会|ニッパツの後

試合で心身共に寒くなったので、チョットだけ暖まって帰宅の途につきました。
さーて、コレで今年は横浜Fマリノスさんに2敗もしてしまいました。次のリーグ戦@エコパこそはリベンジして勝利を期待しています!