噂のブラウザ、BraveとChromeを徹底比較!

4.5

皆さん、ネットにつなぐときのブラウザって何を使ってます?
WindowsだとMicrosoftのEdgeの方が多いですかね? あとはGoogleのChromeでしょうか?

私はずっと前からChrome派なんです。なんか適切な表現が見つかりませんが、一言で言うと”使いやすい”の。
まぁ、慣れの部分もあると思いますが。

次世代のブラウザ、Brave!

一か月くらい前から、Braveっていうブラウザを入れてみました。

不要な広告は表示しない
表示が早くて快適
ポイントが稼げる
投げ銭(寄付)ができる

↑ってのが、興味を持った理由。
ということで、実際に使ってみて、Chromeと比較してみたのでレポート♪

比較したのは、以下の二つ。いずれも、6月15日現在で「最新のバージョンです」と表示されるものです。
Chrome バージョン: 83.0.4103.97(Official Build) (64 ビット)
Brave バージョン: 1.9.80 Chromium: 81.0.4044.138(Official Build) (64-bit)

不要な広告を表示しないから早くて快適

上記で述べた、イチポツとニポツ...って、この言い方はお役所用語?...最初の二つの項目について。

広告であると判断された画像は表示されないようなアルゴリズムになっています。
だからその分、表示は速くて快適って言えます。

実際問題...

ネットのニュース・ポータルサイトのように、スポンサー広告の多いサイトですと、如実にその効果が表れているようです。
確かに使っていて、快適なのは事実です。

またYouTubeでも...

Chromeでは、

PC版ChromeでYouTube視聴

PC版ChromeでYouTube視聴

動画の中央下部に大きな広告が出てしまって、字幕が読めなくなってしまっていますね。

Braveでは、

PC版BraveでYouTube視聴

PC版BraveでYouTube視聴

広告が表示されないから、文字が隠れていないから字幕が読める♪

スクショの元の動画はこちらです、ご参考まで。

あと、ネットサーフィンしていて気づいたのですが、良いことばかりでもないようで、例えばYAHOOの動画ニュース

PC版ChromeでYahoo動画ニュース

PC版ChromeでYahoo動画ニュース

Chromeではちゃんと動画が流れたのですが、Braveでは...

PC版BraveでYahoo動画ニュース

PC版BraveでYahoo動画ニュース

エラーが出て表示されませんでした

このサイト、関西ジュビリスト」を表示してみました。
Chromeでは、

PC版Chromeで関ジュビ

PC版Chromeで関ジュビ

トップページは、こんな感じ。いつもの関ジュビですよね。スクショは取りませんでしたが、Edgeでも同じ見え方です。

Braveでは、

PC版Braveで関ジュビ

PC版Braveで関ジュビ

右のサイドバーにあるバナーの大半が表示されなくなりました
じゃらん、るるぶ、dトラベル、YAHOO!トラベル、DAZN、ひかりTVのバナーが消えました。
(上部の画像が異なるのは、は数種類の中ならランダムで表示するように設定しているので、ご放念ください。)

スマホ版のChromeで関ジュビの旅行サイトへのバーがある部分を見てみると...

スマホ版Chromeで関ジュビ

スマホ版Chromeで関ジュビ

こんな感じに表示されます。

スマホ版のBraveでは...

スマホ版Braveで関ジュビ

スマホ版Braveで関ジュビ

見事なくらい、旅行サイトのバナーが無くなりました。PC版Braveで表示されていた楽天トラベルでしたが、スマホ版ではこれも消えていますね。

バナーの種類にもよるのですが、画像が消えただけで実はリンクは存在している(マウスカーソルを上に乗せると手のマークになる、タップすると表示されているハズのサイトに飛ぶ)ものもありますし、リンクそのものが消えているものもありました。
この詳しい仕組みについては、私はよくわかりませんが、とにかく画像が消えた分、表示は速くなります。

ただ、関ジュビの管理人としては、オフ会の掲示板を見るなどして、そのまま旅行会社のサイトに飛んで、遠征の手配もできる!というページにしたくて旅行サイトへのリンクを貼っているところがあるので、これが消えてしまうのは、ちょっと残念...でもあります。
↑注、サイトごとに設定変更することは可能です。一つ一つのドメインを指定する必要がありますが。

ポイントが稼げる

広告が表示されないBraveですが、他方でBrave自身が目障りでない程度の優しい広告を配信しています。
PCでブラウザをBraveにしてネットサーフィンしていると...

PC版Braveで広告が出たところ

PC版Braveで広告が出たところ

こんな感じで右下にメッセージが表示されます。
拡大してみますと...

PC版Braveで広告が出たところ(アップ)

PC版Braveで広告が出たところ(アップ)

シューズのニューバランスの広告のようです。
これをクリックすると、ニューバランスのシューズ販売サイトが別タブで表示されました。

スマホ版Braveで広告が出たところ(アップ)

スマホ版Braveで広告が出たところ(アップ)

スマホ版のBraveでは、こんな感じに画面の上部にメッセージが表示されるので、それをタップしてくださいね。

面白いのは、広告を表示するとポイントが貰えるんです。
いただけるのは、BATポイントというBrave社のオリジナルポイント

本家本元、アメリカ版のBraveでは、BAT(Basic Attention Token)という仮想通貨でもらえるのですが、日本では資金決済法の成約を受けるため、仮想通過ではなくてポイントで、となっています。

BATポイントが貯まります

BATポイントが貯まります

今朝の時点で私、2.1 BATポイントが貯まっていました。
今の時点で1BAT≒23円程度ですので、50円弱分のポイントが貯まっていることになります。

広告をクリックした時点では、まだ仮の状態では、私の2.1 BATポイントも確認して認められれば来月頭、7月6日に付与していただけるようです。

このポイントが貰えるって、正に大きなポイントですよね!

投げ銭(寄付)ができる

このブラウザBrave、面白いのは貯まったポイントを投げ銭として使えること。
つまり、気に行ったホームページの管理者にチップを送る・寄付することができる、ということです。

BATポイントを寄付できます

BATポイントが貯まります

チップの額は、自分で設定することも可能ですし、サイトの閲覧時間やアクション(アテンション)に応じて毎月、自動的に支援するという機能も付いています。
ちなみにこのサイト関西ジュビリスト」も“Brave認証クリエイター”に登録されております。皆様からの寄付、お待ちしております(って、ちょっと宣伝しちゃった:笑)。

広告を見たり、支援でいただいて貯まったポイントですが、Braveのホームページによりますと...

日本居住者の方へ

日本では資金決済に関する法律を遵守するために、BATではなくBATポイント(略称BAP)が使われます。

BATポイントとBATが同じ点
BATポイントはBATと同様にお気に入りのクリエイターやウェブサイトに送ることが可能です。決済に利用できるパートナーも開拓予定です。
BATポイントの価格はBATと連動しています。
BATポイントがBATと異なる点
BATポイントを購入すること、BATをBATポイントに替えることはできません。
BATポイントをBATに替えることは現時点ではできません。

要は、価値としては仮想通貨のBATも、日本国内で付与されるBATポイントは同等、と捉えて良いようです。
貯めたBATを使えるサービスは海外では既に誕生していて、3月にはアメリカで、BATをAmazonやUberなどのギフトカードと交換できるサービスが始まっています。

日本でもどこか、BATポイントが使えるところが出てこないかな。

仮想通貨取引のBitflyerのサイトに、Brave Asiaの代表の方インタビューが紹介されていました。

今後の発展に期待しちゃいますね。

ダウンロードはこちら

いかがでしたでしょうか?

そもそもChromeとBraveは、もっというと、EdgeもOperaも、Chromiunという共通のオープンソースのウェブブラウザのプロジェクトから派生しているので、ブラウザによってページのレイアウトが大きくことなることはありません。

鬱陶しい広告が表示されなくなって、表示が素早く快適になるのは良いことですが、他方で有益なバナーが消えてしまうというのは避けたいですね。
あくまでニュース閲覧のような文字情報をメインとするものや、YouTubeのように動画さえ見えれば良いということに限って言えば、Braveはとてもお勧めができるブラウザです。

ポイントが貯まるというのもメリットですね。


↑こちらからダウンロードできます。
ブラウザをBraveのみの一つに絞るいうのはお勧めしませんが、サブのブラウザとして入れておくのはチョーおすすめです♪

PCにもスマホにもタブレットにも、是非、入れてみてください。

ポイントサイトのポイントインカム

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。