タグ: ジュビロ磐田

試合結果|磐田0-0鹿島

締まったNice Gameの0-0|磐田 0-0 鹿島

行ってまいりました、2017年明治安田生命最終節、ヤマハスタジアムへ。

注目の大一番!

今シーズンの終盤戦、鹿島アントラーズがずっと首位を走り続け、今年も鹿島で決まりかなー、なんて思っていたら、優勝争いは最終節へ。
ちなみに前節愁傷時までの順位表を見てみますと...

順位 チーム 勝点 得点 失点
1 鹿島 71 23 2 8 53 31 22
2 川崎 69 20 9 4 66 32 34
3 C大阪 63 16 6 8 65 42 23
4 59 17 8 8 48 33 15
5 磐田 57 16 9 8 50 30 20

首位は相変わらずの鹿島ですけど、川崎にもチャンスあり。というわけで、世間の注目を集めた大一番となりました。
磐田からすると、目の前で優勝を決められるなんて絶対に避けたいし、ましてやホームで負けられませんもんね!

2017 J1 第34節:ヤマハスタジアム
2017 J1 第34節:ヤマハスタジアム

当然のことながら、スタジアムは超満員で14,696人もの観客。天気も良く風もそれほど強くなく、絶好のサッカー観戦日和。

まず失点をしない戦い?

肝心の試合ですが、入りは磐田がボールを持つ時間が多かったように思います。だからと言って、決定機というほどまでにのチャンスには至らず、様子を見ている感じ。
一方の鹿島も、優勝を掛けた大一番だから、最初からガンガン攻めに来るのかと思いきや、予想以上におとなしいというか、無理しない戦い方と感じました。無理してせめて速攻をくらうよりは、まずは失点戦いをという意図なのでしょうか、プレッシャーを感じるまでに前がかりではありませんでした。

そうは言っても、底力のある鹿島、ジワジワとプレッシャーがきつくなっていくんですよね。
セカンドボールはことごとく、鹿島が取っていたように思います。ポジションの取り方と、身体の入れ方が巧いのかな?

そんなこんなの前半44分、鹿島の右サイドからのコーナーキック。ファーサイドの植田がヘディングで合わせてネットを揺らして、先制された...と思ったら、昌子が相手を倒してファウル、ノーゴールの判定とのことで、救われちゃいました。後からDAZNで見ましたけど、かなり微妙な判定と感じますね、ファウルと言われればファウルだけど...くらいのプレー。
で、結局0-0で前半終了

ちなみに同時進行の川崎フロンターレの試合は、前半終了時で川崎が2-0リード。こうなると、後半に入って鹿島が一気に仕掛けてくる!と思いきや、それほどまででもなかったですね。なんかいつものアントラーズではなかったように思います。なんか、らしくないプレーが多かったように感じました。

磐田も宮崎に替えて上原、ムサエフに替えて松本川辺に替えて松浦と、動ける選手を入れて均衡を打破しようと試みたものの、鹿島ディフェンスを割るまでには至りませんでした。
最後の10分くらいは、必死に攻めてくる鹿島の攻撃を耐える磐田というシーンが多々見られましたけど、ジュビロのDF&Gkもよく守り抜きました。

この試合、両チームともにディフェンス陣の固さが目立っていました。0-0でもダラ~っとした試合と、ビシッと締まった試合とありますが、この最終節の試合は間違いなく後者でした。
ということで、試合結果は...

試合結果|磐田0-0鹿島
試合結果|磐田0-0鹿島

ジュビロ磐田 00 鹿島アントラーズ
両チーム、ゴールを奪いきれず、スコアレスドロー。

そして気になる川崎の試合は...
川崎フロンターレ 50 大宮アルディージャ
川崎が大量得点で勝利!!

その結果、順位表は...

順位 チーム 勝点 得点 失点
1 川崎 72 21 9 4 71 32 39
2 鹿島 72 23 3 8 53 31 22
3 C大阪 63 19 6 9 65 43 22
4 62 18 8 8 49 33 16
5 横浜FM 59 17 8 9 45 36 9
6 磐田 58 16 10 8 50 30 20

↑川崎が念願の初タイトル獲得です!!
試合後、フィールドで泣き崩れる選手を見てしまうと、なんだか申し訳ない気持ちにすらなりますが、勝負の世界、コレばっかりは致し方ありません。

ジュビロ磐田は結局、6位でシーズン終了。ま、シーズン前は、「目指せ残留!あわよくば上位半分!!」くらいに考えていましたので、上出来です。
だって今シーズン、なんだかんだで良い思い出が大半だもん。なんだかんだでジュビロ磐田サポーターって、幸せなのかもネ

お礼のセレモニー|2017 J1 第34節
お礼のセレモニー|2017 J1 第34節

試合後は

選手がフィールドを一周。今シーズン、お礼のセレモニーで締めくくり。

そして気になる残留争いですが...

順位 チーム 勝点 得点 失点
14 清水 34 8 10 16 36 54 -18
15 広島 33 8 9 17 32 49 -17
16 甲府 32 7 11 16 23 39 -16
17 新潟 28 7 7 20 28 60 -32
18 大宮 25 5 10 19 28 60 -32

清水の残留が決定。最終的に、大宮、新潟、甲府の三チームが降格となりました。
またいつの日か、J1の場で戦える日を楽しみにしています。

お疲れ様の げんこつ

試合後は炭火焼ハンバーグさわやかにて、げんこつハンバーグ♪

げんこつハンバーグ|さわやか
げんこつハンバーグ|さわやか

磐田に遠征したら、げんこつ! 今年の食べ収めです。
ミディアムレアのハンバーグをスタッフさんが半分に切って、鉄板にジュ~っと押し付けて、ハイ出来上がり♪
アツアツの鉄板でいただくハンバーグは絶品です。

おまけ

日が明けました12月3日、JR川崎駅に直結の駅ビル、アトレ川崎に買い物に行きましたところ...

フロンターレ優勝|アトレ川崎
フロンターレ優勝|アトレ川崎

川崎フロンターレ優勝おめでとうなんて貼り紙がしてありました~
パレードとかやるのかな???
↑別にフロンターレを応援しているってワケでもないのですが、ミーハーな心で楽しみです。

皆様、今シーズン、お疲れ様でした。
来シーズンも、スタジアムの中でも外でも、よろしくお願いいたします。

Profile

いよいよ週末、最終節!|2017年J1リーグ

本日、ACLの関係で残されていたJ1リーグの1試合が行われまして、結果は...
浦和レッズ 01 川崎フロンターレ
フロンターレが勝利!

この結果を踏まえて、第33節終了時の順位表を見てみますと...

順位 チーム 勝点 得点 失点
1 鹿島 71 23 2 8 53 31 22
2 川崎 69 20 9 4 65 32 33
3 C大阪 63 16 6 8 65 42 23
4 59 17 8 8 48 33 15
5 磐田 57 16 9 8 50 30 20

首位、鹿島アントラーズと2位の川崎フロンターレ勝ち点差は僅かに2
しかも得失点差はフロンターレが有利。
ということで、最終節に...

鹿島が勝利の場合(勝点74)
川崎の結果に関係なく鹿島の優勝

鹿島が引き分け(勝点72)
川崎が勝利(勝点72)⇒得失点差で川崎が優勝
川崎が引き分け(勝点70)もしくは川崎が敗戦(勝点69)鹿島が優勝

鹿島が敗戦(勝点71)
川崎が勝利(勝点72)⇒川崎が優勝
川崎が引き分け(勝点70)もしくは川崎が敗戦(勝点69)鹿島が優勝

と、まぁ、鹿島が有利ってのは間違いないのですが、そうは言っても、自力で優勝を決められるのは勝利の場合のみ。それ以外の場合は川崎の結果次第ですからね、こりゃプレッシャーを感じることでしょう。

最終節の対戦カードは
ジュビロ磐田 vs. 鹿島アントラーズ(磐田)
川崎フロンターレ vs. 大宮アルディージャ(等々力)
いよいよホントに大一番、ジュビロが勝つことを祈って、磐田に馳せ参じる予定の私です。

磐田が勝つということは、鹿島が負けると同意、そうなるとあとは川崎の結果次第。
磐田で川崎の優勝が決まる!?

ユニフォーム&タオルマフラー

優勝争いも残留争いも見逃せない!!

アウェイ鳥栖・ベストアメニティスタジアムに行かれた皆様、遠くから気持ちを送っていた皆様、お疲れ様でした。
私は結局、大好きな九州に行くことは叶わず、ネットで速報チェック。

開始早々のオウンゴールで先制という流れが、良い意味で想定外で試合の流れを楽にしてくれました。
後半にもアダイウトンのシュートが弾かれたところで又が詰めて追加点。

サガン鳥栖 02 ジュビロ磐田(Goal:オウンゴール, 川又)
ま、快勝でしょ♪

さてさて、今節で面白くなったのは優勝争い。
鹿島が柏と引き分けて、足踏み。
今節終了時の順位表を見てみますと...

順位 チーム 勝点 得点 失点
1 鹿島 71 23 2 8 53 31 22
2 川崎 66 19 9 4 65 32 33
3 C大阪 63 16 6 8 65 42 23
4 59 17 8 8 48 33 15
5 磐田 57 16 9 8 50 30 20

パッと見た感じ、首位の鹿島と2位の川崎が開いているように見えるけど、川崎は1試合少ないので、最大で積み上げられる勝ち点は6だから72。ということで、まだ川崎フロンターレには優勝の可能性があるワケです。
水曜日の浦和戦に勝つことが最低条件ですが、そうなると優勝の行方は最終節に!
ん!?そうすると、磐田vs.鹿島の一戦って、メチャ重要な試合になるのね。
磐田で川崎の優勝が決まる瞬間に立ち会う可能性もあるってことね。

そして気になる残留争いも最終節へ。

順位 チーム 勝点 得点 失点
14 広島 33 8 9 16 32 48 -16
15 清水 31 7 10 16 33 53 -20
16 甲府 29 6 11 16 22 39 -17
17 大宮 25 5 10 18 28 55 -27
18 新潟 25 6 7 20 27 60 -33

今節で大宮の降格広島の残留が決まり、J2降格は甲府と清水のどちらかということになりました。
勝点差は2なので清水優位は間違いないですが、得失点差は甲府の方が小さく、最後の最後までわかりませんね。

正直、シーズン初めにスケジュール表を見たとき、最終節で鹿島の優勝と磐田の残留がかかった試合を観るなんてこと、ないよね...なんて思ってしまったのですが、まぁ、片方は辺りで、良い意味でもう片方は外れてくれました。
泣いても笑っても残り1試合、優勝にも残留にもACLにも関係ないジュビロ磐田ですけど、目の前の一戦に勝つことを考えるのみですね。

電光掲示板|2017 J1 第32節 柏 vs. 磐田

崩されてはいないけど、崩しきれなかった|柏 1-0 磐田

行って参りました、アウェイ柏
上野東京ラインが開通してから、常磐線沿線が近くなりましたねー。♪上野東京ライン 乗り換えなしで楽々~♪ 川崎からですと、品川で一回乗り換えるだけ。前なら東京と上野の二回乗り換えで、なんか遠いイメージでしたもの。

しかし今年は雨が多いな...

柏駅に降り立ったときは曇天模様。天気予報では弱雨、スタジアムについても怪しげな雲が空を覆い、そして試合が始まり出すと降雨...
今年は雨の観戦が多いですね。静岡ダービーはホームもアウェイも雨だったし、関東では等々力、天皇杯のニッパツ...ポンチョやカッパが大活躍の一年。
っていうか、そもそも今年はJリーグに関係なく、週末になると雨が降っていたように思います。

サッカー戦用のスタジアム♪

電光掲示板|2017 J1 第32節 柏 vs. 磐田
電光掲示板|2017 J1 第32節 柏 vs. 磐田

日立柏サッカー場、柏駅から歩いて20~25分程。サッカー専用のスタジアム、良いですねー、フィールドが近い。磐田や日本平(IAI)も近いけど、もっと近い!

日立柏サッカー場|2017 J1 第32節 柏 vs. 磐田
日立柏サッカー場|2017 J1 第32節 柏 vs. 磐田

ゴール裏は立ち見になりますが、その分、臨場感はバツグン! 難点は音響がイマイチなことかな...スタジアムのアナウンス、何を言っているのか、聞き慣れないこと、多々ありました。

崩されてはいない、でも崩してない...

さてさて、肝心の試合ですが、入りは悪くなかったと思います。それなりにボールが回り、柏ゴールの近くまで攻めていく姿、アウェイだからと守りに入ることもなく、いつもと同じように入り、いつもと同じように攻めていく姿、良いなーって思いながら見ていました。

しかしさすがは柏、15分くらいから少しずつペースをつかみ出して、磐田ゴールに迫り出します。正直、怖いです。
と言いつつも、完全に崩されたシーンって、ほとんどなかったと思うんですよね。崩される前に、どこかでDF個々なりラインなりで対応できていました。

ただ、対応するのも数が増えてくると事故が起きてしまうもので...
柏の伊東が右サイドの敵陣深くでドリブルを仕掛けると、切り返して右足でクロスを、ここでクリアしようとした櫻内渚がオウンゴール...
でも、コレは仕方がないです。渚の後ろにはハモンロペスがいましたからね、あそこでクリアできなかったら、決められていたことでしょうし、あの場所にいたからこそボールに触れたのであって、責められません。

結局、そのまま前半は終了。完璧に崩されたシーンはなく、オウンゴールによる失点のみ、後半の巻き返しに期待です。
と言いつつ、完全に崩したシーンもなかったのですが...

後半ですが、櫻内に代えて上原力也を投入。渚のメンタルを考慮してカナ???
積極的に責めに行く磐田、ただ攻めの姿勢、もう少し積極性が欲しかった...自ら切り込む選手が少なく、パスの選択が多い...右に行っては真ん中に戻り、左に行っては真ん中に戻るボール...磐田がボールを持つ時間が長かったと思いますが、柏からすると、それほど怖くなかったのではないでしょうか?

アダイウトン川又など、なんとか打破しようとシュートを打つ姿が見られましたが、結局ゴールネットを揺らすにまでは至らず、0-1で終了...
柏レイソル 10 ジュビロ磐田

失点はオウンゴールのみですから、やっぱり完全に崩されていないんですよね。ピンチらしいピンチは少なかったし。
でも、無得点では勝てません、それに尽きます。

試合後、ゴール裏に挨拶に来た選手達、なんとも無念な表情です...

これで柏とは勝ち点差が開いて、ACLへの道はかなり遠のいたと言えるでしょう。
神様からの「まだ早い!」というメッセージなのでしょうか。

残りに試合、他チームの結果なんぞ気にせず、勝ち点3を2つ積み重ねること、それに集中しましょう。

反省会

試合後は柏駅前で反省会。
さかなや道場 柏東口 店

早い時間帯でしたけど、ありがたいことにこちらのお店、15時からオープンしているんです!
しかも18時のオーダーまで
・生ビール(アサヒスーパードライ) 480円→240円
・生搾りレモンサワー 480円→240円
・生搾りピンクグレープフルーツサワー 480円→240円
・おすすめ焼酎(芋・麦) 380円→190円
↑など、半額!!

PGFサワー|さかなや道場 柏東口店
PGFサワー|さかなや道場 柏東口店

しかもHOT PEPPERの10%オフクーポンまで使えて、かなり格安に飲み食いできちゃいました。

チヂミ&餃子|さかなや道場 柏東口店
チヂミ&餃子|さかなや道場 柏東口店

何せただでさえ、寒空の下で雨でしたからねー、鉄板チヂミ、鉄板餃子、もつ煮...温かいもの沢山食べて、身体温めました。
ごちそうさまでした。

さーて、残すは2試合!鳥栖戦は所用で遠征できないのですが、最終節の鹿島戦は馳せ参じます!!

試合結果|横浜FM 1-0 磐田

天皇杯はベスト8で敗退...|横浜FM 1-0 磐田

行って参りました、天皇杯@三ツ沢

20171025ニッパツ三ツ沢球技場
20171025ニッパツ三ツ沢球技場

雨で寒い...

天気予報は良くなかったし、朝から雨模様ではありましたけど、夕方には晴れるという予想ではあったんですよね。
ところがどっこい、17時になっても18時になっても雨...
試合開始前でも...

雨のニッパツ三ツ沢球技場
雨のニッパツ三ツ沢球技場

結構な雨が降っていました。
スーツの上にレインコート...ちょっと動きにくいですけど、仕方がないです。
ま、後半途中から止んだのがせめてもの救いでしたけど。

試合も寒い...

さてさて肝心の試合ですが、リーグ戦の合間の天皇杯、さすがにベストな布陣というワケにもいかず...
GKに三浦龍輝クン、ま、天皇杯は彼のお陰で勝ち進んだようなものですものね。
最終ラインは右から、櫻内渚、藤田義明、高橋祥平、小川大貴...ちょっと不安ながらも渚と大貴にはグルグル動き回ってもらいたいところ。
ダブルボランチに、上田康太と上原力也...ちょっとビックリの力也クン。
中盤2列目には中村俊輔、川辺駿、山田大記...コレはマジでビックリ。だって、俊輔もヒロキも、そもそも横浜に連れてくるとは思ってもいなかったから。
残る一つがアダイウトンだから、ひょっとしてゼロトップ???なんてのも想像しましたけど、アダの1トップでした。

ところで肝心の試合ですが、いきなりのアクシデント。山田大記が前半5分で負傷退場...ゲームプランが崩れちゃいましたね。
で、展開としてはどちらもギクシャク。雨でボールが足に付かないってのもありますけど、なんか綺麗な形に収まらないんですよ、両チームともにね。

どちらかと言うと、ジュビロの方がボールを動かしていたんじゃないかと感じました。
ボールが収まらないながらも、少しずつテンポを掴んでいった前半アディショナルタイム、左コーナーキックから、上田が左足でクロスを入れると、高橋が頭で落として、、抜けたボールに反応した藤田が押し込んでネットを揺らして先制!...と思ったら、少し遅れてオフサイドの判定。その直後に前半終了のホイッスルと、0-0ながらもちょっと後味の悪い前半の終わり方。

後半もボールはジュビロの方が支配していたと思います。シュートも打っていたし。そんなこんなの後半15分くらいからは雨が止んできて、さー、これから!の空気。
こりゃ、延長戦...ひょっとしたらPK戦も、なんて覚悟し始めた後半36分。グラウンダーの鋭いクロスを入れられると、GK三浦クンが触れたボールが高橋ショーヘーに当たり、そのままゴールマウスの中に...と、不慮の事故みたいなゴールで先制点を献上...

最後の猛攻も実らず、そのまま試合終了。

試合結果|横浜FM 1-0 磐田
試合結果|横浜FM 1-0 磐田

横浜Fマリノス 10 ジュビロ磐田
なんとも無念さだけが残る試合でした...

試合後のゴール裏も、声援を送りつつも、はぁ、天皇杯終わっちゃった...の疲労感。

というワケで反省会

試合後は横浜駅前で反省会。ホントなら、祝勝会のハズだったのにねー。

反省会|ニッパツの後
反省会|ニッパツの後

試合で心身共に寒くなったので、チョットだけ暖まって帰宅の途につきました。
さーて、コレで今年は横浜Fマリノスさんに2敗もしてしまいました。次のリーグ戦@エコパこそはリベンジして勝利を期待しています!