J2も残留争いは最終節へ!|北九州、岐阜、金沢

2016年のJ1リーグは最終節で残留・降格が決まると言う壮絶な戦いでした。
J2リーグはと言いますと、こちらも大激戦。本日の第41節を終えた時点の順位表を見てみますと...

順位 チーム 勝点 得点 失点
19 カマタマーレ讃岐 42 10 12 19 42 61 -19
20 FC岐阜 40 11 7 23 43 69 -26
21 ギラヴァンツ北九州 38 8 14 19 43 61 -18
22 ツエーゲン金沢 38 8 14 19 36 60 -24

残りは最終節の1試合のみ、と言うことは北九州と金沢の両方が勝利しても勝ち点は41。と言うことで、カマタマーレ讃岐のJ2残留が決定

残留争いはFC岐阜ギラヴァンツ北九州ツエーゲン金沢の3チームに絞られました。勝ち点差は僅かに2ですから、1試合でひっくり返る勝点差です。この三チームのどれか一つが残留、どれか一つが入れ替え戦、どれか一つが自動降格になるワケです。もちろん、一番有利なのは岐阜ではありますが、得失点差が一番開いているのは岐阜。でもあるワケです。

我らがギラヴァンツ北九州、残留のためには最終節の山形戦の勝利は必須です。得失点差が少ないので、勝って勝ち点41

北九州:勝⇒勝ち点41 これは絶対条件引き分けでも岐阜に届かないから、ドローor敗戦で降格か入れ替え戦ってことになります。

と言うことで北九州が勝った場合...
岐阜:勝利 ⇒ 勝ち点43となり、北九州と金沢は届かないのでFC岐阜の残留。
岐阜:引き分け ⇒ 勝ち点41 ドローだから得失点差も変わらず-26。北九州が勝つと-18より少なくなるので、北九州の方が順位が上回る。金沢の結果次第。
岐阜:負け ⇒ 勝ち点40のまま。北九州が勝てば41だから、順位が上。

金沢:勝利 ⇒ 勝ち点41。北九州が勝っても41だから得失点差次第。北九州の方が得失点差は小さいので有利。

と考えると 北九州:勝利 AND (岐阜:ドロー or 敗戦)AND (金沢:僅差勝利 or ドロー or 敗戦) と言う条件式を満たす必要があるワケです。

ちなみに本日の第41節の試合結果ですが...
ギラヴァンツ北九州 22 水戸ホーリーホック (Goal:ロドリゴ、池元)

ドローなのですが、その時間がすごい! 0-2で迎えた終了間際、90分に1点差に迫るロドリゴのゴール、そして90+2分に池元の同点ゴール。負け試合を引き分けに持って行けた、この底力、次節に期待です。
ま、どーこー言っても仕方がないです。とにかく勝てば自動降格はないワケですから、次節、山形に、何が何でも勝つこと!!これに尽きますね。
最終節はアウェイの山形、あぁ、もうこうなったら行くしかないかな!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。