等々力陸上競技場|川崎フロンターレ vs. 清水エスパルス

あぁ、またしても準優勝...|川崎フロンターレ

今日はYBCルヴァンカップ決勝戦、対戦カードは セレッソ大阪 vs. 川崎フロンターレ
そう、どちらも三大タイトルを取ったことのないチーム。リーグ戦もカップ戦も、良いところまで行くけど、あと一歩で負けてしまう、そんな両チームの対戦。

フロンターレなんか、ヤマザキナビスコカップだった頃から含めて、2000年、2007年、2009年と過去に三回も決勝戦に進出しながら、いずれも準優勝、タイトルに届きそうで届かないチーム、それがフロンターレ...リーグ戦もここ数年、良いところまで順位を上げるのですが、一番上で終わったことがないんですよね...

ちなみにセレッソ大阪も、遙か昔の大昔、ヤンマーだった頃にはタイトルをいくつか獲っていますが、Jリーグになってからはタイトルなし。

決勝戦の会場は、埼玉スタジアム2002

埼玉スタジアム2002|浦和 vs. 磐田
埼玉スタジアム2002|浦和 vs. 磐田

(注:観戦に行ったわけではありません。過去に言ったときの写真です、悪しからず。)

キックオフ早々の開始1分、バウンドしたボールに対する川崎の選手が処理ミス...そこにセレッソ大阪のFW杉本が反応して、GKと1対1に。ここで杉本、右足落ち着いてゴールに突き刺して先制...
なんか出だしてゲームプランが崩れちゃったって感じ。
その後、ボールを支配してフロンターレの方がボールを持っている時間が長かったんじゃないかな。
チャンスもいくつかつくりつつも、結局、崩しきるまでには至らす、前半は0-1で折り返し。

後半になっても必死に攻めるフロンターレ。前半よりもボール支配率は高かったように見えました。
必死に、ホントに必死に攻める川崎フロンターレの選手、勝ちたい!という気持ちは強く伝わってきました。
猛攻に次ぐ猛攻で、あともう少しでゴール、ってところまでは行くのですが、シュートが打てないし、打っても枠に行かず...

一つゴールを奪えば同点、そんなこんなの後半アディショナルタイムにセレッソのカウンター、ゴール前にセレッソ大阪の選手3人対川崎フロンターレの守備選手2人の場面、落ち着いてボールを回されて、セレッソのソウザにボールが渡ると、GKと1対1の場面。ここでも落ち着いてゴールを決められてしまい、0-2...
そして数分後に試合終了のホイッスル...

結局、またしてもタイトルに届かなかった川崎フロンターレでした、残念・無念!!

等々力陸上競技場|川崎フロンターレ vs. 清水エスパルス
等々力陸上競技場|川崎フロンターレ vs. 清水エスパルス

でもね、まだリーグ戦も残っているし、来年以降もあるし、いつの日か川崎フロンターレが優勝して、川崎駅か武蔵小杉駅で優勝パレードでもしてくれないかなー。
川崎市民としては、ちょっっぴり寂しい、そんな思いのテレビ観戦の決勝戦でした。

試合結果|横浜FM 1-0 磐田

天皇杯はベスト8で敗退...|横浜FM 1-0 磐田

行って参りました、天皇杯@三ツ沢

20171025ニッパツ三ツ沢球技場
20171025ニッパツ三ツ沢球技場

雨で寒い...

天気予報は良くなかったし、朝から雨模様ではありましたけど、夕方には晴れるという予想ではあったんですよね。
ところがどっこい、17時になっても18時になっても雨...
試合開始前でも...

雨のニッパツ三ツ沢球技場
雨のニッパツ三ツ沢球技場

結構な雨が降っていました。
スーツの上にレインコート...ちょっと動きにくいですけど、仕方がないです。
ま、後半途中から止んだのがせめてもの救いでしたけど。

試合も寒い...

さてさて肝心の試合ですが、リーグ戦の合間の天皇杯、さすがにベストな布陣というワケにもいかず...
GKに三浦龍輝クン、ま、天皇杯は彼のお陰で勝ち進んだようなものですものね。
最終ラインは右から、櫻内渚、藤田義明、高橋祥平、小川大貴...ちょっと不安ながらも渚と大貴にはグルグル動き回ってもらいたいところ。
ダブルボランチに、上田康太と上原力也...ちょっとビックリの力也クン。
中盤2列目には中村俊輔、川辺駿、山田大記...コレはマジでビックリ。だって、俊輔もヒロキも、そもそも横浜に連れてくるとは思ってもいなかったから。
残る一つがアダイウトンだから、ひょっとしてゼロトップ???なんてのも想像しましたけど、アダの1トップでした。

ところで肝心の試合ですが、いきなりのアクシデント。山田大記が前半5分で負傷退場...ゲームプランが崩れちゃいましたね。
で、展開としてはどちらもギクシャク。雨でボールが足に付かないってのもありますけど、なんか綺麗な形に収まらないんですよ、両チームともにね。

どちらかと言うと、ジュビロの方がボールを動かしていたんじゃないかと感じました。
ボールが収まらないながらも、少しずつテンポを掴んでいった前半アディショナルタイム、左コーナーキックから、上田が左足でクロスを入れると、高橋が頭で落として、、抜けたボールに反応した藤田が押し込んでネットを揺らして先制!...と思ったら、少し遅れてオフサイドの判定。その直後に前半終了のホイッスルと、0-0ながらもちょっと後味の悪い前半の終わり方。

後半もボールはジュビロの方が支配していたと思います。シュートも打っていたし。そんなこんなの後半15分くらいからは雨が止んできて、さー、これから!の空気。
こりゃ、延長戦...ひょっとしたらPK戦も、なんて覚悟し始めた後半36分。グラウンダーの鋭いクロスを入れられると、GK三浦クンが触れたボールが高橋ショーヘーに当たり、そのままゴールマウスの中に...と、不慮の事故みたいなゴールで先制点を献上...

最後の猛攻も実らず、そのまま試合終了。

試合結果|横浜FM 1-0 磐田
試合結果|横浜FM 1-0 磐田

横浜Fマリノス 10 ジュビロ磐田
なんとも無念さだけが残る試合でした...

試合後のゴール裏も、声援を送りつつも、はぁ、天皇杯終わっちゃった...の疲労感。

というワケで反省会

試合後は横浜駅前で反省会。ホントなら、祝勝会のハズだったのにねー。

反省会|ニッパツの後
反省会|ニッパツの後

試合で心身共に寒くなったので、チョットだけ暖まって帰宅の途につきました。
さーて、コレで今年は横浜Fマリノスさんに2敗もしてしまいました。次のリーグ戦@エコパこそはリベンジして勝利を期待しています!

ポイントサイト「げん玉」

DAZN無料お試しで650円Get!?|ポイントサイト「げん玉」

皆さん、今、このサイトを何からご覧になっています? PC?それともスマホ??
インターネット、どんな端末でアクセスするにしても、いろんなサイトを回っているウチに、いつの間にか時間が過ぎていく、なんてこと、ありますよね。私なんか、しょっちゅう...って言うか、ほぼ毎日。

あと最近は、買い物もネット経由ですること、多くなりました。ちょっとマニアックな本だと、近所の本屋さんにはないけど、ネットだとAmazonとか楽天とかで購入できること、多いですもんね。
他にも、美味しい料理やスイーツなどなど、お取り寄せもできます。買い物するだけじゃなくて、いろんなお店のサイトを見て回るだけでも、楽しいですよね。

そんな暇つぶし感覚で、楽しいだけじゃ無くて、お小遣い稼ぎになるサイト、ご存じですか?
メール、URLクリック、資料請求、サービス利用などでポイントが貯まるポイントサイトって言われるサイトです。
とにかくお気軽ですし、無理なく貯められるので、初心者にもお勧めのサイトばかりです。

毎日メールチェックする方、メールの受信量が多くなることに抵抗の無い方は、複数のサイトに登録するのが良いでしょう。
そんなポイントサイトでお勧めの一つが「げん玉

【げん玉の特徴】

無料会員登録資料請求口座開設などのサービス利用でポイントが貯まります
また、頻繁に送られてくるメールにあるURLからアンケートに回答してもポイントを貯めることができます。

ポイントサイト「げん玉」
ポイントサイト「げん玉」

↑トップページはこんな感じ。

ショッピングでもポイントが貯まります。
・楽天市場、楽天トラベル、楽天ブックスなどの楽天グループが提供するサービス
・YAHOOショッピング、ヤフオク、YAHOOトラベルなどのYAHOOが提供するサービス
・ホットペッパー・グルメ、ホットペッパー・ビューティー、ポンパレなどのリクルートが提供するサービス
↑など、幅広いジャンル&業種に対応しています。

げん玉を経由してお買い物すれば、げん玉のポイントと、ショッピングサイトのポイントの二重取り!! クレジットカードで支払いをすれば、カードの利用ポイントも合わせて三重取り!!!

【ポイント交換先とレート】

ポイント交換先
ポイントの交換先は Point Exchange のみですが、Point-Exは、そこから先の両替先が現金(全国の銀行)、電子マネー、Tポイント、VISAギフトカード、お米券などなど、多彩なので便利です。
月の最初の交換時に、Point-Exchangeの交換手数料無料チケットが付与されるので、Point Exchangeから現金や電子マネーに交換する際の手数料が実質無料ってことです♪

交換レート
3,000 げん玉ポイント → 300 Point-Ex ポイント(300円相当)
1ポイント=0.1円相当です。

【DAZN無料お試しでもポイントGet!】

明治安田生命Jリーグ、J1もJ2もJ3も、リーグ戦を全試合放送してくれるDAZN(ダゾーン)。
DAZNへの無料お試しで、今なら6,500ポイントGetできちゃいます。10pts=1円相当だから、無料でのおためして650円相当のポイントを頂けちゃうなんて、メチャすごくないですか???

今年のJリーグは12月までなので残り僅かですが、2018年はワールドカップシーズンのため、例年より早く始まる予定です。恐らく、2月中には開幕するでしょう。ってことは、Jリーグのブランク期間はそれほど長くないことと思います。
それにDAZNはJリーグ意外にも、アメリカのメジャーリーグに日本のプロ野球、ラグビーのトップリーグ、バレーボールのVリーグなどなど、国内外の様々なスポーツを生で視聴できます。
生で視聴出来なかった方でも、「見逃し配信」で録画をオンデマンドでみることもできます。おまけに編集したハイライトまで用意されているので、とっても便利。

この時期まで、DAZNに入ろうかどうしようか悩みつつ加入していなかったという方、今がチャンスですよ~!!

試合結果|清水 0-3 磐田

チケット完売のダービー、完勝!|清水 0-3 磐田

行って参りました、IAIスタジアム日本平
久しぶりですよ、何せダービー自体が久しぶり...カレコレ4年ぶりの今年じゃないですか、両チームともJ2を経て、ようやくの実現。
いざ、鈍行で川崎から清水へ。懐かしいです、清水駅。

JR清水駅
JR清水駅

エスパルスのエンブレムが出迎えてくれます。

スタジアムに向かう静鉄バス
スタジアムに向かう静鉄バス

試合開始3時間半前ですが、それでもシャトルバスの乗り場は既に行列!ジュビロサポーターも、エスパルスサポーターも、皆さん、気合い入りまくり。写真じゃわかりにくいですが、しずてつバスの行き先表示にも、パルちゃんがいました。
磐田ホームのエコパの試合は3-1で勝たせて頂いたものの、この日本平の空気感に飲み込まれやしないかと不安と緊張の試合前。

満員御礼

チケットは前売りの時点で完売! コレって2010年以来のことなんだそう!!

開門前の行列
開門前の行列

開門前の行列はビジター側入口から坂道を降りて、下のテニスコートの中まで続いていました。
(このテニスコート、清水在住時代によく利用していたので、このような利用のされ方は、少々複雑なのですが...)

いざ、スタジアムの中へ! いつもならビジター側の2階席って、一角がアウェイ側サポーターの応援席になる程度なのですが、さすがはダービー、今日はビジター側2F席がぜ~んぶジュビロサポーター席。この配慮、清水エスパルスの関係者に深く感謝!!
ちなみに入場者数は18,556人。正に超満員。天気予報はよろしくなくて、試合前から曇天模様。前半途中から雨が降り出すこの天候でこの人数、やっぱりダービーって違いますネ。

まずは腹ごしらえ

スタジアムに来たからにはスタグル、楽しまなきゃね。

桜えびしらす丼
桜えびしらす丼

桜えびしらす丼(800円:税込み)
桜えびのかき揚げと、釜揚げしらすのハーフハーフ丼。見た目も紅白で彩り鮮やか。
特製の丼タレがサクラエビのかき揚げとマッチしてい、食が進みます。しらすは噛むとふわっと磯の香りが口の中に広がります。

はんぺんフライ
はんぺんフライ

はんぺんフライ(300円:税込み)
しぞーか(静岡)と言えば黒はんぺん。サバやイワシのすり身からつくられています。
黒はんぺんをフライにしてノリがまぶしてあります。白いはんぺんはやわらかい食感ですけど、黒はんぺんは正に魚のつみれだから、ムギュっとした食感。コレが美味しいの。
静岡出身の私からすると、懐かしい味。

強くなったなー!

選手入場時、席に置いてあった水色黄色のビニール袋を膨らませて選手を迎えます。

アウェイ側ゴール裏席
アウェイ側ゴール裏席

ホーム側のゴール裏から眺めると...
試合前のアウェイゴール裏
↑こんな感じだったんですね。

さてさて肝心の試合ですが、右足を痛めて離脱していた大井がスタメンに復帰、嬉しいような、無理してほしくないような、複雑な心境。
で、GKは守護神カミンスキー、DFラインは右から、高橋祥平、大井健太郎、森下俊。サイドは右に櫻内渚、左に宮崎智彦。ダブルボランチに、川辺駿とムサエフ。2シャドウに中村俊輔とアダイウトン、そして1トップに川又堅碁

開始直後はエスパルスの方が落ち着いているように見えました。やはり、ホームの雰囲気を味方にできていますね。鄭大世竹内は良いシュートを打つし、金子松原の動きが良いです。

ちょっと攻めあぐねていたジュビロでしたが前半27分、ハーフウェーラインアダイウトンから川又にボールを預けて、少し貯めをつくって出したスルーパスに抜け出したのは、再びアダイウトン。そのままペナルティエリア内に進入して、切り返してDFをかわして振り向いた右足、、ゴールネット右隅に突き刺さって先制!いやぁ、川又とアダ、この二人だけで取った得点、今年は多いですね-。相手からすりゃ、脅威でしょうね。

そこから焦りもあってだとは思いますが、少しプレーが粗くなり始めるエスパルス。気持ちはわかるのですが...
そんなこんなの前半46分、松原高橋と激しく競り合い、ファウルを受けた際に激高して、手を使って倒してしまってレッドカード...一発退場...攻撃の拠点になっていただけに、この退場が結果として試合を決定づけてしまったように感じます。

後半はメリハリつけて攻撃していたジュビロに見えました。一人多いからってもあると思いますが、時にはスピードを出して、そして危なそうなときは無理せず遅攻、安定感ありましたね。
そして後半17分右からのコーナーキックで、蹴るのはもちろん中村俊輔が低い弾道のクロスはニアサイドの角田の足の間を抜け、そのままゴールの中へ、追加点!!

後半28分、アダイウトンに替わって山田大記を投入。その直後のプレーで櫻内が右サイドの敵陣深くで鎌田をかわしてクロスを送ると、ファーサイドの宮崎が反応してボレーシュート。これは清水GKの六反に跳ね返されるも、こぼれ球に山田が反応して左足で冷静に押し込み、追加点!!! まさかの3-0!?

ココで注意しなくちゃいけないのは、磐田ホーム、エコパのダービーであったような不要な失点...と思ったけど、しっかり落ち着いて守り切って試合終了。

試合結果|清水 0-3 磐田
試合結果|清水 0-3 磐田

清水エスパルス 03 ジュビロ磐田(Goal:アダイウトン, 中村俊輔, 山田大記)

いやぁ、終わってみれば完勝ですね。

勝利の美酒は美味い!

ということで、試合後は祝勝会。
鶏べえ -清水-
清水駅前のロータリーにあるビルの2Fにある店舗です。

ビールはプレミアムモルツでした。プレモルだからってのもあるけど、やっぱり勝利の美酒は美味しいです!!

さて残すところ、リーグ戦は5試合。一つでも上の順位になって、一つでも多くの勝ち点を積み上げて、笑顔でシーズンを終えたいですね。
スタジアムで応援された皆様、遠くから気持ちを送ってくださった皆様、お疲れ様でした。
職場の同僚も、Friend in Kusanagiも喜んでいました。ありがとうございました。

ポイントカードいろいろ

Jリーグチケットでポイントがメチャ貯まる!|dポイント

みなさん、ポイントカードってお持ちですか?
Tポイントの貯まるTカードや、リクルートポイントの貯まるPontaカードなど、何かしら一枚はお持ちではないかと思います。

ポイントカードいろいろ
ポイントカードいろいろ

docomoのスマホ・携帯をお持ちの方は、dポイントが貯まる・使える「dカードをお持ちの方って多いのではないでしょうか。

そんなdカードでサッカー好きにはたまらない、とってもお得なキャンペーンが始まりました♪

ポイント10倍!

Jリーグチケットのお買物で、「dケータイ払いプラス」を選択すると、ポイントが通常の10倍もGetできちゃいます。

Jリーグチケット 10倍ポイントバックキャンペーン
↑10倍ですよ、10倍!!

実施期間
2017年10月4日(水)~2017年11月5日(日)
キャンペーン対象
期間中にJリーグチケットでのお買物で、「dケータイ払いプラス」をご利用された方が対象です。キャンペーンに関して特別な登録は必要ありません。
キャンペーン対象サイト
Jリーグチケット

ポイントについて

【進呈ポイント】
通常時の購入金額100円につき1ポイントに加え、9ポイント分のdポイント(期間・用途限定)が進呈されます。なお、ご購入金額のうちdポイントでお支払いいただいた金額分は除外となります。
【進呈時期】
2017年12月8日(金)に進呈致します。
【有効期限】
2017年12月8日(金)~2018年2月28日(水)まで利用可能な期間限定ポイントになります。

「dケータイ払いプラス」って?

支払い金額に応じて、ドコモのdポイントを貯めることも使うこともできる、お得で便利なドコモの決済サービスです。お支払い方法は、月々の電話料金合算払いの他、クレジットカードでのお支払いも可能ですので、ドコモ以外の方でもご利用いただけます。

ここがポイント:簡単
面倒な事前設定や特別な手続きは不要。支払方法の選択画面で「dケータイ払いプラス」を選ぶだけ。
さらにドコモのケータイをご利用の方なら、ケータイでいつも使っている4ケタのパスワードだけでらくらく購入できて便利です。

ここがポイント:お得
お支払い金額に応じてdポイントが貯まります。で、今回のキャンペーンでは、通常の購入金額100円につき1ポイントに加えて、100円につき9ポイント分のdポイント、合計10ポイントGet.
2,000円のチケットを購入したら200ポイント、つまり200円分のポイントを貰えちゃうってことです。

dポイントって?

ドコモの携帯の支払いで貯まるポイントっていうイメージが強いかと思いますが、それだけじゃないんです。
dポイントは、ネットショッピングや街のお店など、いろいろなところでたまる・つかえるポイントです。
コンビニのローソンLAWSON STORE 100、ハンバーガーのマクドナルド、紳士服のAOKI、CD・DVDのタワーレコード、カフェのサンマルクカフェ、居酒屋のはなの舞、家電のジョーシン...などなど、最近、貯まる・使える店舗が増えてきているポイントシステムです。
我が家はポイント貯めてdデリバリーでちょっと豪華な夕食ってパターンが多いかな。

11月5日までの一ヶ月ですが、お得にポイント貯めて、お得にサッカー観戦しちゃいましょう♪