カテゴリー: サッカー(その他国内)

ジュビロ、ギラ、代表以外のカテゴリー
・J3
・JFL
・高校サッカーなど

等々力競技場|高校サッカー選手権準々決勝

注目選手 DAKE JA NAI|高校サッカー選手権QF@等々力

行って参りました等々力陸上競技場
晴天で風も弱く、絶好のサッカー観戦日和。

等々力競技場|高校サッカー選手権準々決勝
等々力競技場|高校サッカー選手権準々決勝

さすがは準々決勝、結構な人の入りでしたが、なんとかメインスタンドで席を確保。

等々力競技場メインスタンドから|高校サッカー選手権準々決勝
等々力競技場メインスタンドから|高校サッカー選手権準々決勝

第一試合は優勝候補同士の対戦と言って良いでしょう、青森山田(青森県)矢板中央(栃木県)
ちょうどこの二校、2日の2回戦、ニッパツ三ツ沢で観戦していました。どちらも守備力のあるチーム。それでいてチームとしての完成度が高いと感じました。

攻撃力はやや青森山田の方があるのかな、そんな印象を受けましたがトーナメントは何があるかわかりませんからね。
出だしは青森山田が先にペースをつくっていきました。ボールも人も流れていて、少しずつ青森山田が形になりそうな雰囲気。
そんなこんなの前半14分、矢板中央のロングスローのクリアを再びセンタリング、これをフリーでヘッドで合わせた眞島クンのゴールで先制。なんと、青森山田、今大会初失点だそうな。

でもここで慌てないですね、さすがベスト8に勝ち進むだけのチームです。青森山田が慌てることもないし、矢板中央が緩むこともない。統制が取れてましたよ、両チーム。
やっぱり守備がしっかりしているから安心して見ていられますね、締まった良いゲームでした。
このまま前半は1-0なのかな、そんな雰囲気の中の前半終了間際、青森山田がロングスローのこぼれ球からのシュート、これを二階堂クンがヘッドで少しコースを変えてゴールの中へ
同点となって前半終了。このタイミングでのゴール、大きかったですね。

後半も一進一退の攻防でしたが、後半25分ロングスローのこぼれ球を再びふわっと中に入れる青森山田。ゴール前の二階堂クンが落ち着いてトラップ&シュートで追加点!!
そこから必死の反撃で最後の5分くらいは矢板中央の猛攻。

セットプレーではゴールキーパーも前に出て攻め続けましたが、青森山田の守備、落ち着いていました。

試合結果|青森山田 2-1 矢板中央
試合結果|青森山田 2-1 矢板中央

青森山田(青森県) 21 矢板中央(栃木県)
飯田雅浩、三国ケネディエブスとか、バスケスバイロン、檀崎竜孔とかが注目されていますが、それだけじゃないですよ、チームとしての完成度が高いです。
言ってみれば今日の試合は、澤田クンのロングスローで2アシストですし、ゴール前でしっかり詰めていた二階堂クンが2ゴール。どちらも目立って注目されている訳ではないですが、見事なまでの大活躍!
今日の主役は間違いなくこの二人。

第二試合は尚志(福島県)帝京長岡(新潟県)の対戦。
どちらかというと帝京長岡が攻めて尚志が守る展開。帝京長岡の方がフィールドを広く使っている印象。あと積極的にミドルシュートも打っていました。
帝京長岡の先制も時間の問題かな、そんな雰囲気の中の前半22分、尚志が相手のDFのパスミスを突いてインターセプト。それを走り込んだ染野クンにスルーパス。そして左にシュートを打つと、GKの手も届かず、ゴールの中へ。尚志が先制
その後も帝京長岡のペースでしたが、ゴールネットを揺らすまでには至らず1-0で前半終了。

後半も帝京長岡ペース。時間の流れと共にゴール前への圧力も強まるものの、DFフォファナ・マリックとMF大川健の両センターバック、そしてGK猪越クンの堅守で守る展開。
時間の都合で後半35分でスタジアムを後にした私ですが、結局...

途中経過|尚志 1-0 帝京長岡
途中経過|尚志 1-0 帝京長岡

尚志 10 帝京長岡
尚志が1点を守り抜きました。

こちらも注目選手がどうこうというよりもチームとして完成されているのを感じました。

ン十年前の高校サッカー選手権って、スーパースターが一人いると、その選手に引っ張られる形で勝ち進むなんてパターンも多かったですが、今は11人が11人の力を出し切ったチームが勝ち進む、そんな印象です。
より監督の戦術、選手采配が問われるようになったのかな、なんて感じました。
スーパー高校生がいたとしても、メンタルはやっぱり二十歳前のガラスの心だったりしますしね、選手だけじゃない、監督・スタッフも含めたチーム力のあるところが勝つということなのでしょう。

さーて、Best4が出そろいました。青森山田、尚志の他には流通経済大柏(千葉)と瀬戸内(広島)。初出場が瀬戸内高校がダークホースですね!
泣いても笑ってもあと準決勝と決勝のみ、ふり向くな君は美しい!!

青森山田 vs. 草津東|ニッパツ三ツ沢

2019年、サッカー初観戦♪

皆様、改めまして、あけましておめでとうございます
2019年の初観戦ニッパツ光沢となりました。

当初は等々力を考えていたのですが、地元川崎の桐光学園が1回戦で敗退してしまったというのもあって、ちょっと遠征してみるか、なんて気持ちになりまして。
↑遠征とか良いながら、自宅から三ツ沢のスタジアムで着席するまで1時間くらいなんですけどネ。

日章学園vs矢板中央|ニッパツ三ツ沢
日章学園vs矢板中央|ニッパツ三ツ沢

晴天の三ツ沢、年末の寒さも少し和らいだ感じで絶好の観戦日和♪
(と言いつつ火が落ちたらやっぱり寒かったんですけどネ)

第一試合は宮崎県代表日章学園栃木県代表矢板中央の対戦。
どちらかというと矢板中央のペースで進む展開。で、前半の20分に左からふわ~っと上がったクロス、GKと矢板中央FWが競ったところでボールがフリーの望月クンのところに。落ち着いて決めて矢板中央が先生。
その後も矢板中央ペースだったかな。

でもね、日章学園のGK小原クン、スーパーセーブ連発!! いやホント、見事でしたよ。
前半分くらいに矢板中央の怒濤の攻撃があって、連続して3本のシュートなんて場面があったんですけど、GKもDFも集中力切らさずに守り切りました。

前半は1-0で終了。
後半に入ってもやっぱり矢板中央ペース。日章学園は時折カウンターで良い場面をつくりだすも、決定機とまでには至らず...
そんなこんなの後半11分、先制点を奪った望月クンのドリブルを日章学園DFがペナルティーエリア内で倒してしまってPK。

これを矢板中央の飯島翼クンが落ち着いて左に決めて2-0。

その3分後に日章学園のコーナーキックからオウンゴールで1点差になりましたが、ゲームの流れを変えるにまでは至りませんでした。

試合結果|日章学園 1-2 矢板中央
試合結果|日章学園 1-2 矢板中央

日章学園 12 矢板中央

点差以上に実力の差はあったかな...が、正直な感想です。

第二試合は青森県代表青森山田滋賀県代表草津東

青森山田 vs. 草津東|ニッパツ三ツ沢
青森山田 vs. 草津東|ニッパツ三ツ沢

実はこの対戦、二年連続なんですよね。昨年はフクアリで青森山田が5-0の圧勝。
今年も試合開始から思いっきりの青森山田ペース。
ボールも人もグルグル動いて、草津東は身体が温まる間もなく守備に翻弄って感じ。

で、前半13分にゴール前ほぼ中央からミドルシュートを決めて青森山田が先制。
その後も押し気味に試合を展開して前半37分に右サイドから切り込む展開から追加点。
前半2-0で終了した時点で帰宅してしまいましたが...

GOAL|高校サッカー(三ツ沢)
GOAL|高校サッカー(三ツ沢)

怒濤のゴールラッシュだったようですね。
青森山田 60 草津東
何せ高校生、一旦流れが行ってしまうと、なかなか取り戻すの難しいですね。スポーツってメンタルですもの。

今年も熱い戦いが続いています。3日はちょっと観戦に行けそうにないから、この週末の5日くらいに等々力に出没するかも、です。

西城秀樹さんのYMCAショー!

今年もやります!「ハーフタイムYMCAショー」 |川崎市制記念試合

ワールドカップも残すところ決勝戦のみ!
さて、勝つのはフランスクロアチア? 楽しみ、楽しみ♪

日本代表、それにしても惜しかったですね...

さてさて、ワールドカップが終わったら、いよいよJ1リーグ再開
我らがジュビロ磐田は18日(水)にホーム、ヤマハスタジアム(磐田)に鹿島アントラーズを迎え撃ちます。
さすがに週の真ん中の平日なので行けませんが、その次、22日(日)の札幌戦は馳せ参じます。

さて、その22日、私の住んでいる川崎をホームタウンとする川崎フロンターレ等々力にて...
7/22 長崎「川崎市制記念試合」開催のお知らせ
毎月7月に開催している、川崎市制記念試合、今年もやります

で、毎年7月のフロンターレの恒例となっていたのが...

西城秀樹さんのYMCAショー!
西城秀樹さんのYMCAショー!

ハーフタイムの西城秀樹さんのYMCAショー♪
秀樹さんがヤングマン、歌ってくれるの。
これね、本当に楽しいのよ。だってサ、ホームもアウェイも関係なく、スタジアムのみんなが一体となって、わーいえむしーえ~♪ですからネ。

秀樹さんがお亡くなりになり、今年はなくなるのかと思いきや...

今年もやります!「ハーフタイムYMCAショー」
市制記念試合の目玉イベント、ハーフタイムYMCAショーを今年も実施します!フロンタールズとキッズチアのみんなも会場を盛り上げますよ
(中略)
※毎年フロンターレのホームゲームに来ていただき、「YMCAショー」を行っていただいていた西城秀樹さんへ感謝の気持ちをもって、継続して「YMCAショー」を行い、等々力を盛り上げていきたいと思います。

↑なんですって、今年もやるって!!

なかなか粋なこと、やってくれるじゃないですか、フロンターレさん!!
やっぱりね、あのYMCAショーはね、続けて欲しいですよ。
なんか、嬉しくなっちゃった。Hideki Forever!!

 

Profile

25年前のころの夢、覚えていますか?|Jリーグ25周年

5月15日はJリーグの日」。今から四半世紀、25年前の1993年5月15日、Jリーグがスタートしました。

カップ戦では、1992年にヤマザキナビスコカップが開幕していましたが、正式にリーグがスタートしたのが93年。

テレビで観ていて、あぁ、こんな時代が来たんだなぁ...って、しみじみ感動したのを覚えています。
だってサ、それまで日本のサッカーって、ガラガラのスタジアムだったし。
「元祖サッカーの街・藤枝」で育った私。生活の周りにサッカーがあったワケですけど、そんな藤枝でも、市民サッカー場はメインスタンドだけで、ゴール裏は立ち見、そんなスタジアムでそこそこ大きな大会やっているのを見て「何も、こんな貧疎なスタジアムでやらなくても…」なんて思っていました。でも、大学に入って、静岡県外に出て分かったのは、そんな藤枝市民サッカー場でも、当時は全国的に珍しい、芝のサッカー専用グランドだったんですよね。いかに静岡がすごいかって、思い知らされました。
逆にいうと、静岡以外では、サッカーなんて、まだまだ市民権を得ていないスポーツだったから、「サッカーのプロリーグなんて、成立しないでしょ」程度に感じていた私。
24年前の、あの満員のスタジアムをみて、ビックリでしたね。

 タケちゃんがいたからサッカーにハマった???

25年前、何してました??どんな夢、持ってました?

当時大学生だった私。学籍番号が近かった、タケちゃんこと、竹内クンが上述のJリーグ開幕戦(ヴェルディ川崎vs.横浜マリノス@国立)のチケットを持ってたんですよ。学生実験のときに、タケちゃんが自慢げにチケット見せてきたのね。開幕戦だから記念になるようにって、名前入りだったんですよ。
「おー!タケちゃんスゴイやん!!どうやって手に入れたの!?」って、クラスのみんなでビックリしたの、今でも覚えてます。プラチナチケットでしたよね、あの当時。
今みたいにネットも普及してないし、コンビニ端末もなかったから、ひたすら固定電話でリダイヤル。もちろん、携帯じゃなくて固定電話。「只今、回線が大変込み合っております。しばらく経ってからお掛け直しください。」ばかりで、なかなかつながらなかったんですよね。いやぁ、懐かしいワ。

今思うと、あのタケちゃんのチケット見た感動がなかったら、サッカー観戦にハマって居なかったかも!?
そんなタケちゃん、「あいつ今、何してる?」状態だけど...

 Jリーグ25年、関ジュビは20年

東京の大学から大阪の大学院に進学した私。
一年遅れでジュビロ磐田はJリーグに昇格していて、観戦に行ってはいたものの、いつも一人でした。

当時、パソコン通信全盛時代で、Jリーグ・ジュビロ部屋で、関西からの発言が多かった時期があったんですよね。そこでオフ会やったら、面白いかも!?で、呼びかけたのが、関ジュビこと、関西ジュビリスト
↑正式にいうと、最初に呼びかけてくださったのは、今でもお世話になっているMッカミさん。そのときは、人数が集まらなくて流れてしまったんだけど...
Kansai-Jubilist Animation
で、晴れて第一回の関西ジュビリスト・オフ会を開催したのが1998年1月24日。だから、もう少しでカレコレ20年。この20年で、私も含めて、転職・転勤・結婚・出産…みなさん、いろんな人生のステージの変化がありつつも、今も一緒にスタジアムで観戦できているって、幸せですよね、私って。
関ジュビの皆さん、ありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします

 なぜかご縁のある藤吉信次さん

私のJリーグ初観戦1993年のヤマザキナビスコカップ(今のルヴァンカップ)準決勝。ヴェルディ川崎 vs. 横浜フリューゲルス
’93Jリーグヤマザキナビスコカップ 準決勝
↑公式記録はこちらをクリックしてくださいね。

このとき一緒に観に行ってくれた、M永とは、今でも一緒にサッカー観戦してます。
この試合で2ゴールを決めたのが、当時、カズさんや武田などと共にヒーローだった、藤吉信次さん。満員のスタジアムで決めた藤吉、明るいキャラクターで、各種報道でもよく取り上げられていました。

14年の月日を経た2007年、北九州に転勤となった私。チャリで15分くらいのスタジアムを本拠地とする、Jリーグを目指しているチームがあると知り、観に行くと、あの藤吉さんがいる!しかも監督は与那城ジョージさん!!もうね、懐かしくて、一発でハマりましたね。そう、そのチームこそ、今のギラヴァンツ北九州。当時はニューウェーブ北九州と言う名前で、九州リーグで戦っていました。

試合告知のチラシ配りもやりました。JFL昇格した初年度は、応援番組のボランティアスタッフもやりました。プロサッカーチームがJリーグに昇格していく課程を、かなり間近で見ることができたのは、良い経験だったと思います。
↑リアル「さかつく」を間近で経験したって感じでしたヨ。

まさかね、そこから10年も経たないうちに、J2の舞台で、ジュビロ磐田vs.ギラヴァンツ北九州の対戦が実現するなんて、夢にも思わなかったけど

なんかいろいろ思い出して懐かしいな。今日は、久しぶりにJ’s Themeでも聞いて寝ることにしまーす。

試合結果|一条 2 (PK3-2) 2 桐蔭学園

後半アディショナルタイムのドラマ|第96回全国高校サッカー選手権大会2回戦

2017年の最後のサッカー観戦が等々力なら、年が明けて2018年の初観戦も等々力
行ってきました、全国高校サッカー選手権二回戦

今日は地元、神奈川県代表の桐蔭学園が出場ってことで、武蔵小杉駅から等々力方面に向かうバス停には長蛇の列。
スタジアムに着いたのはキックオフ20分くらい前。メインスタンドはほぼ埋まっていたし、年末はメインスタンドからの観戦だったので今日はバックスタンドへ。
バックスタンドの1階は応援団席なので、2階席。よく考えると等々力のバックスタンド、真ん中辺でサッカー観るのって、初めてかも。

バックスタンド2F席|等々力陸上競技場
バックスタンド2F席|等々力陸上競技場

後半アディショナルタイムで同点、そして...

第一試合は桐蔭学園高校(神奈川)vs.一条高校(奈良)。なんたって地元の桐蔭学園、14年ぶりの出場ってことで応援団も多数。雰囲気としては桐蔭学園のホームって感じ。
そんな声援に後押しされて、前半13分、背番号3だけどFW登録の森山翔介クンが右サイドから駆け上がって、ペナルティエリアに入った辺りでシュート。DFの足に当たってコースが変わって、少し回転もかかって、ボールはファーサイドのポストに当たって跳ね返りはゴールの中へ、先制!
そのまま桐蔭学園が流れをつくったまま、前半終了。

折り返して、立ち上がりの43分(後半3分) 一条の中井一尭クンが右サイドを駆け上がり、センタリング...と思ったら、そのままGKの頭を越えてゴールの中に...同点!
ここからは一進一退で攻守がグルグル入れ替わる展開で、見応えありました。

そんなこんなの71分(後半31分)桐蔭学園の右サイドからのセンタリングに合わせたのは再び森山翔介クン。ヘディングシュートが突き刺さり、追加点!
ここで桐蔭に流れが傾き掛けたのですが、最後の5分くらいは一条の怒濤の攻撃。左から右から、選手もボールも攻め上がります。

守り抜いていた桐蔭でしたが、後半アディショナルタイム83分(後半40+3分)に右からのクロスをややファーサイドからヘディングで折り返すと、ゴール正面にいたのは18番、相坂恭杜クン、ヘディングで押し込んで同点2-2!!

そのまま試合終了でPK戦へ。もうね、スタジアムは大盛り上がり。
PKの先攻は桐蔭学園。なんか同点に追いついた一条の気迫と、スタジアムの雰囲気に飲まれちゃったって感じ。一人目と二人目が失敗。対する一条も一人目のキックは止められて、スタジアム全体がPKなんて入らないんじゃ内科、そんな空気が流れていました。
ようやく決めた一条の二人目。

桐蔭学園 ××○×○
一条 ×○×○

↑決めれば勝利の一条の5人目...

見事に決めて、一条が3回戦進出!!桐蔭学園、初戦で敗退...

試合結果|一条 2 (PK3-2) 2 桐蔭学園
試合結果|一条 2 (PK3-2) 2 桐蔭学園

同点に追いついた勢いの分だけ、一条が有利だったのかな、そんな印象を受けました。

後半アディショナルタイムに執念のゴール

第二試合は富山第一高校(富山)vs.東福岡高校(福岡)。年末に観た試合の、勝者同士の対戦。
1回戦では富山第一はしぶとい守りで1-0で競り勝ち、東福岡は最後にたたみ掛けてゴールを奪い3-0で勝利。
↑だから2回戦は、攻める東福岡&守る富山第一になるんじゃないかと想像していたのですが、さにあらず。

1回戦でも得点を挙げた富山第一の背番号10、坪井クンを中心にゴールに迫る展開。対する東福岡も同じく背番号10の福田湧矢クン、11番の木橋朋暉の攻撃、高校生離れしていますね。。
両チーム、GKもDF陣も踏ん張って気付けば後半アディショナルタイム。こりゃ、第二試合もPK戦かな、なんて空気がスタジアム全体に流れ始めた後半アディショナルタイム。
80+3分に右サイドから富山第一のコーナーキック。ニアで合わせた大竹将吾クンのヘディングシュートは...

富山第一ゴールの瞬間
富山第一ゴールの瞬間

ゴールに突き刺さり、1-0!ついに均衡が破れる!
再開後、間もなくして試合終了。東福岡、ここで散る...

試合結果|富山第一 1-0 東福岡
試合結果|富山第一 1-0 東福岡

とっても締まった展開で、見応えありましたヨ。

いやぁ、二試合ともに後半アディショナルタイムにドラマが待っていて、最後の最後までわからない展開。
負ければ終わりのトーナメント、三年生からすればホントに終わりの選手権。負けて号泣している選手の姿を見てしまうと、もらい泣きしてしまいそうでした。

ふり向くな 君は美しい
また会おう、いつの日か。君のその顔を忘れない。