カテゴリー: サッカー(その他国内)

ジュビロ、ギラ、代表以外のカテゴリー
・J3
・JFL
・高校サッカーなど

Profile

25年前のころの夢、覚えていますか?|Jリーグ25周年

5月15日はJリーグの日」。今から四半世紀、25年前の1993年5月15日、Jリーグがスタートしました。

カップ戦では、1992年にヤマザキナビスコカップが開幕していましたが、正式にリーグがスタートしたのが93年。

テレビで観ていて、あぁ、こんな時代が来たんだなぁ...って、しみじみ感動したのを覚えています。
だってサ、それまで日本のサッカーって、ガラガラのスタジアムだったし。
「元祖サッカーの街・藤枝」で育った私。生活の周りにサッカーがあったワケですけど、そんな藤枝でも、市民サッカー場はメインスタンドだけで、ゴール裏は立ち見、そんなスタジアムでそこそこ大きな大会やっているのを見て「何も、こんな貧疎なスタジアムでやらなくても…」なんて思っていました。でも、大学に入って、静岡県外に出て分かったのは、そんな藤枝市民サッカー場でも、当時は全国的に珍しい、芝のサッカー専用グランドだったんですよね。いかに静岡がすごいかって、思い知らされました。
逆にいうと、静岡以外では、サッカーなんて、まだまだ市民権を得ていないスポーツだったから、「サッカーのプロリーグなんて、成立しないでしょ」程度に感じていた私。
24年前の、あの満員のスタジアムをみて、ビックリでしたね。

 タケちゃんがいたからサッカーにハマった???

25年前、何してました??どんな夢、持ってました?

当時大学生だった私。学籍番号が近かった、タケちゃんこと、竹内クンが上述のJリーグ開幕戦(ヴェルディ川崎vs.横浜マリノス@国立)のチケットを持ってたんですよ。学生実験のときに、タケちゃんが自慢げにチケット見せてきたのね。開幕戦だから記念になるようにって、名前入りだったんですよ。
「おー!タケちゃんスゴイやん!!どうやって手に入れたの!?」って、クラスのみんなでビックリしたの、今でも覚えてます。プラチナチケットでしたよね、あの当時。
今みたいにネットも普及してないし、コンビニ端末もなかったから、ひたすら固定電話でリダイヤル。もちろん、携帯じゃなくて固定電話。「只今、回線が大変込み合っております。しばらく経ってからお掛け直しください。」ばかりで、なかなかつながらなかったんですよね。いやぁ、懐かしいワ。

今思うと、あのタケちゃんのチケット見た感動がなかったら、サッカー観戦にハマって居なかったかも!?
そんなタケちゃん、「あいつ今、何してる?」状態だけど...

 Jリーグ25年、関ジュビは20年

東京の大学から大阪の大学院に進学した私。
一年遅れでジュビロ磐田はJリーグに昇格していて、観戦に行ってはいたものの、いつも一人でした。

当時、パソコン通信全盛時代で、Jリーグ・ジュビロ部屋で、関西からの発言が多かった時期があったんですよね。そこでオフ会やったら、面白いかも!?で、呼びかけたのが、関ジュビこと、関西ジュビリスト
↑正式にいうと、最初に呼びかけてくださったのは、今でもお世話になっているMッカミさん。そのときは、人数が集まらなくて流れてしまったんだけど...
Kansai-Jubilist Animation
で、晴れて第一回の関西ジュビリスト・オフ会を開催したのが1998年1月24日。だから、もう少しでカレコレ20年。この20年で、私も含めて、転職・転勤・結婚・出産…みなさん、いろんな人生のステージの変化がありつつも、今も一緒にスタジアムで観戦できているって、幸せですよね、私って。
関ジュビの皆さん、ありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします

 なぜかご縁のある藤吉信次さん

私のJリーグ初観戦1993年のヤマザキナビスコカップ(今のルヴァンカップ)準決勝。ヴェルディ川崎 vs. 横浜フリューゲルス
’93Jリーグヤマザキナビスコカップ 準決勝
↑公式記録はこちらをクリックしてくださいね。

このとき一緒に観に行ってくれた、M永とは、今でも一緒にサッカー観戦してます。
この試合で2ゴールを決めたのが、当時、カズさんや武田などと共にヒーローだった、藤吉信次さん。満員のスタジアムで決めた藤吉、明るいキャラクターで、各種報道でもよく取り上げられていました。

14年の月日を経た2007年、北九州に転勤となった私。チャリで15分くらいのスタジアムを本拠地とする、Jリーグを目指しているチームがあると知り、観に行くと、あの藤吉さんがいる!しかも監督は与那城ジョージさん!!もうね、懐かしくて、一発でハマりましたね。そう、そのチームこそ、今のギラヴァンツ北九州。当時はニューウェーブ北九州と言う名前で、九州リーグで戦っていました。

試合告知のチラシ配りもやりました。JFL昇格した初年度は、応援番組のボランティアスタッフもやりました。プロサッカーチームがJリーグに昇格していく課程を、かなり間近で見ることができたのは、良い経験だったと思います。
↑リアル「さかつく」を間近で経験したって感じでしたヨ。

まさかね、そこから10年も経たないうちに、J2の舞台で、ジュビロ磐田vs.ギラヴァンツ北九州の対戦が実現するなんて、夢にも思わなかったけど

なんかいろいろ思い出して懐かしいな。今日は、久しぶりにJ’s Themeでも聞いて寝ることにしまーす。

試合結果|一条 2 (PK3-2) 2 桐蔭学園

後半アディショナルタイムのドラマ|第96回全国高校サッカー選手権大会2回戦

2017年の最後のサッカー観戦が等々力なら、年が明けて2018年の初観戦も等々力
行ってきました、全国高校サッカー選手権二回戦

今日は地元、神奈川県代表の桐蔭学園が出場ってことで、武蔵小杉駅から等々力方面に向かうバス停には長蛇の列。
スタジアムに着いたのはキックオフ20分くらい前。メインスタンドはほぼ埋まっていたし、年末はメインスタンドからの観戦だったので今日はバックスタンドへ。
バックスタンドの1階は応援団席なので、2階席。よく考えると等々力のバックスタンド、真ん中辺でサッカー観るのって、初めてかも。

バックスタンド2F席|等々力陸上競技場
バックスタンド2F席|等々力陸上競技場

後半アディショナルタイムで同点、そして...

第一試合は桐蔭学園高校(神奈川)vs.一条高校(奈良)。なんたって地元の桐蔭学園、14年ぶりの出場ってことで応援団も多数。雰囲気としては桐蔭学園のホームって感じ。
そんな声援に後押しされて、前半13分、背番号3だけどFW登録の森山翔介クンが右サイドから駆け上がって、ペナルティエリアに入った辺りでシュート。DFの足に当たってコースが変わって、少し回転もかかって、ボールはファーサイドのポストに当たって跳ね返りはゴールの中へ、先制!
そのまま桐蔭学園が流れをつくったまま、前半終了。

折り返して、立ち上がりの43分(後半3分) 一条の中井一尭クンが右サイドを駆け上がり、センタリング...と思ったら、そのままGKの頭を越えてゴールの中に...同点!
ここからは一進一退で攻守がグルグル入れ替わる展開で、見応えありました。

そんなこんなの71分(後半31分)桐蔭学園の右サイドからのセンタリングに合わせたのは再び森山翔介クン。ヘディングシュートが突き刺さり、追加点!
ここで桐蔭に流れが傾き掛けたのですが、最後の5分くらいは一条の怒濤の攻撃。左から右から、選手もボールも攻め上がります。

守り抜いていた桐蔭でしたが、後半アディショナルタイム83分(後半40+3分)に右からのクロスをややファーサイドからヘディングで折り返すと、ゴール正面にいたのは18番、相坂恭杜クン、ヘディングで押し込んで同点2-2!!

そのまま試合終了でPK戦へ。もうね、スタジアムは大盛り上がり。
PKの先攻は桐蔭学園。なんか同点に追いついた一条の気迫と、スタジアムの雰囲気に飲まれちゃったって感じ。一人目と二人目が失敗。対する一条も一人目のキックは止められて、スタジアム全体がPKなんて入らないんじゃ内科、そんな空気が流れていました。
ようやく決めた一条の二人目。

桐蔭学園 ××○×○
一条 ×○×○

↑決めれば勝利の一条の5人目...

見事に決めて、一条が3回戦進出!!桐蔭学園、初戦で敗退...

試合結果|一条 2 (PK3-2) 2 桐蔭学園
試合結果|一条 2 (PK3-2) 2 桐蔭学園

同点に追いついた勢いの分だけ、一条が有利だったのかな、そんな印象を受けました。

後半アディショナルタイムに執念のゴール

第二試合は富山第一高校(富山)vs.東福岡高校(福岡)。年末に観た試合の、勝者同士の対戦。
1回戦では富山第一はしぶとい守りで1-0で競り勝ち、東福岡は最後にたたみ掛けてゴールを奪い3-0で勝利。
↑だから2回戦は、攻める東福岡&守る富山第一になるんじゃないかと想像していたのですが、さにあらず。

1回戦でも得点を挙げた富山第一の背番号10、坪井クンを中心にゴールに迫る展開。対する東福岡も同じく背番号10の福田湧矢クン、11番の木橋朋暉の攻撃、高校生離れしていますね。。
両チーム、GKもDF陣も踏ん張って気付けば後半アディショナルタイム。こりゃ、第二試合もPK戦かな、なんて空気がスタジアム全体に流れ始めた後半アディショナルタイム。
80+3分に右サイドから富山第一のコーナーキック。ニアで合わせた大竹将吾クンのヘディングシュートは...

富山第一ゴールの瞬間
富山第一ゴールの瞬間

ゴールに突き刺さり、1-0!ついに均衡が破れる!
再開後、間もなくして試合終了。東福岡、ここで散る...

試合結果|富山第一 1-0 東福岡
試合結果|富山第一 1-0 東福岡

とっても締まった展開で、見応えありましたヨ。

いやぁ、二試合ともに後半アディショナルタイムにドラマが待っていて、最後の最後までわからない展開。
負ければ終わりのトーナメント、三年生からすればホントに終わりの選手権。負けて号泣している選手の姿を見てしまうと、もらい泣きしてしまいそうでした。

ふり向くな 君は美しい
また会おう、いつの日か。君のその顔を忘れない。

尚志 vs. 東福岡|第96回全国高校サッカー選手権大会

2017年観戦納め

大晦日ですね。皆さん、今年一年、スタジアムの中でも外でも、お世話になりました。
2017年に観戦したサッカーの試合は、約30。ジュビロ磐田が8割ほど。あとはギラヴァンツ北九州日本代表高校サッカー

今年の観戦納めは、等々力陸上競技場。
第96回全国高等学校サッカー選手権大会

スタジアムに着いたのは12時半くらい。12:05キックオフなので前半の途中でした。
1回戦だし、大して人も入っていないだろうと、甘くみていた私ですが、ところがどっこい、結構な人の入りでビックリ。メインスタンド、ほぼ埋まっていました。

尚志 vs. 東福岡|第96回全国高校サッカー選手権大会
尚志 vs. 東福岡|第96回全国高校サッカー選手権大会

メインスタンド2階、端っこの方の席をかろうじて確保。

選手権の常連、貫禄の勝利!

第一試合は尚志高校(福島)vs. 東福岡高校(福岡)
私がスタジアムに到着した直後の前半33分、沖野直哉クンのゴールで東福岡が先制。
この後も、ボールの支配率は東福岡が上回っていました。でも、GKとDFが巧く連携して決定機はつくらせない尚志高校。時折、カウンターもあったし、あわよくば同点...と勢いよく仕掛けたところで東福岡のカウンター。結局、それをペナルティエリア内でかろうじて止めたもののPKの判定。

今大会の注目選手の一人、東福岡のキャプテン、福田湧矢クンが決めて2-0。
こうなっちゃうと、流れは完全に東福岡。
後半アディショナルタイムの終了間際にも...

木橋朋暉がFKを直接ゴールに突き刺して3-0。

試合結果 尚志 0-3 東福岡|第96回全国高校サッカー選手権大会
試合結果 尚志 0-3 東福岡|第96回全国高校サッカー選手権大会

尚志高校 03 東福岡
うーん、ま、終わってみれば貫禄の勝利って感じです。

最後の最後まで維持を見せたものの...

第二試合は富山第一高校(富山)vs.東海大星翔(熊本)

前半26分にゴール前の混戦から富山第一の坪井清志郎クンのゴールで先制。
このままトミイチの試合になるのかなー、なんて思ったら、ここから先はかなり緊迫した良い試合でした。
どちらもDFがしっかりしていて、決定機は与えない、締まった展開。

そのまま次第に時間が過ぎて、気付けば後半アディショナルタイム。
コーナーキックを得た東海大星翔、GKも上がって、最後のコーナーキック。

ゴール前、東海大星翔のヘディングはGKの頭を越えて、ゴールに入った...かと思いきや、富山第一がヘディングでクリア。その直後に試合終了のホイッスル...僅かに及ばす...

試合結果 富山第一 1-0 東海大星翔|第96回全国高校サッカー選手権大会
試合結果 富山第一 1-0 東海大星翔|第96回全国高校サッカー選手権大会

富山第一 10 東海大星翔
最後の最後まで維持を見せたものの、一歩及ばずの東海大星翔でした。Nice Gameでしたよ

というワケで...

さてさて、2017年も残すところ数時間、今年も皆様にはスタジアムの中でも外でも、大変お世話になりました。
2018年も引き続き、よろしくお願いします

170102等々力陸上競技場

高校サッカー選手権と言えば、この曲|ふり向くな君は美しい

第96回全国高校サッカー選手権大会が始まりました。
高校総体(インターハイ)、全日本ユースと合わせて三大大会なんて言われますけど、やっぱりその中でも選手権ってのは、別格だと思います。野球で言えば甲子園みたいなもの。

この季節になると、いつも私の頭の中に流れるのが、この歌。
ふり向くな君は美しい

スポーツに関する歌って、どちらかというと、勝者をたたえる歌が多いと思うんですよ。
例えば、それこそ甲子園で毎年流れているのは...

栄冠は君に輝く
↑ですしネ。

対して、ふり向くな君は美しいって、戦いに敗れた者の健闘を讃える、言わば「敗者の讃歌」。
なんかね、自分の高校時代を思い出してしまいますですよ。
(注:私はオチャラケのテニス部で、サッカー部ではありませんでしたが...)

「ふり向くな君は美しい」

うつ向くなよ ふり向くなよ

君は 美しい
戦いに敗れても
君は美しい

今ここに青春を刻んだと
グランドの土を手にとれば
誰も涙を笑わないだろう
誰も拍手を惜しまないだろう

また逢おう いつの日か
また逢おう いつの日か

君のその顔を忘れない

↑良い歌詞でしょ。

昔は全国大会決勝戦の国立競技場で、ハーフタイムショーとして、ザ・バーズの歌と踊りが披露されていたんですけど...って、こんなn知っている人はOver-40だけかな。

↑探してみたら、ありました。さっすが、YouTube
今でもスポンサー表示のバックでこの曲がバックに流れていますよね。

楽天で購入できます

ふり向くな君は美しい
Amazonでも購入できます

やっぱりね、この時期にこの曲を聴かないと、なんか年末年始って感じがしない私がいるんです。

ちなみに今大会の応援歌は、リトグリLittile Glee Monsterの「いつかこの涙が」。

↑この曲も良い歌なので、聞き入ってしまいますヨ。

↑このアルバムに収録されているので、楽天で購入できます

いつかこの涙が
Amazonでも購入できます

そう言えば最近、私の出身、の高校って、タイトルから遠ざかっていますね。
今年の静岡県代表は清水桜が丘。聞き慣れない名前ですけど、サッカーの名門、名波浩などを輩出している清水商業と県立庵原高校が再編整備して開設された静岡市立の高等学校です。
頑張れ、静岡!

試合結果|磐田0-0鹿島

締まったNice Gameの0-0|磐田 0-0 鹿島

行ってまいりました、2017年明治安田生命最終節、ヤマハスタジアムへ。

注目の大一番!

今シーズンの終盤戦、鹿島アントラーズがずっと首位を走り続け、今年も鹿島で決まりかなー、なんて思っていたら、優勝争いは最終節へ。
ちなみに前節愁傷時までの順位表を見てみますと...

順位 チーム 勝点 得点 失点
1 鹿島 71 23 2 8 53 31 22
2 川崎 69 20 9 4 66 32 34
3 C大阪 63 16 6 8 65 42 23
4 59 17 8 8 48 33 15
5 磐田 57 16 9 8 50 30 20

首位は相変わらずの鹿島ですけど、川崎にもチャンスあり。というわけで、世間の注目を集めた大一番となりました。
磐田からすると、目の前で優勝を決められるなんて絶対に避けたいし、ましてやホームで負けられませんもんね!

2017 J1 第34節:ヤマハスタジアム
2017 J1 第34節:ヤマハスタジアム

当然のことながら、スタジアムは超満員で14,696人もの観客。天気も良く風もそれほど強くなく、絶好のサッカー観戦日和。

まず失点をしない戦い?

肝心の試合ですが、入りは磐田がボールを持つ時間が多かったように思います。だからと言って、決定機というほどまでにのチャンスには至らず、様子を見ている感じ。
一方の鹿島も、優勝を掛けた大一番だから、最初からガンガン攻めに来るのかと思いきや、予想以上におとなしいというか、無理しない戦い方と感じました。無理してせめて速攻をくらうよりは、まずは失点戦いをという意図なのでしょうか、プレッシャーを感じるまでに前がかりではありませんでした。

そうは言っても、底力のある鹿島、ジワジワとプレッシャーがきつくなっていくんですよね。
セカンドボールはことごとく、鹿島が取っていたように思います。ポジションの取り方と、身体の入れ方が巧いのかな?

そんなこんなの前半44分、鹿島の右サイドからのコーナーキック。ファーサイドの植田がヘディングで合わせてネットを揺らして、先制された...と思ったら、昌子が相手を倒してファウル、ノーゴールの判定とのことで、救われちゃいました。後からDAZNで見ましたけど、かなり微妙な判定と感じますね、ファウルと言われればファウルだけど...くらいのプレー。
で、結局0-0で前半終了

ちなみに同時進行の川崎フロンターレの試合は、前半終了時で川崎が2-0リード。こうなると、後半に入って鹿島が一気に仕掛けてくる!と思いきや、それほどまででもなかったですね。なんかいつものアントラーズではなかったように思います。なんか、らしくないプレーが多かったように感じました。

磐田も宮崎に替えて上原、ムサエフに替えて松本川辺に替えて松浦と、動ける選手を入れて均衡を打破しようと試みたものの、鹿島ディフェンスを割るまでには至りませんでした。
最後の10分くらいは、必死に攻めてくる鹿島の攻撃を耐える磐田というシーンが多々見られましたけど、ジュビロのDF&Gkもよく守り抜きました。

この試合、両チームともにディフェンス陣の固さが目立っていました。0-0でもダラ~っとした試合と、ビシッと締まった試合とありますが、この最終節の試合は間違いなく後者でした。
ということで、試合結果は...

試合結果|磐田0-0鹿島
試合結果|磐田0-0鹿島

ジュビロ磐田 00 鹿島アントラーズ
両チーム、ゴールを奪いきれず、スコアレスドロー。

そして気になる川崎の試合は...
川崎フロンターレ 50 大宮アルディージャ
川崎が大量得点で勝利!!

その結果、順位表は...

順位 チーム 勝点 得点 失点
1 川崎 72 21 9 4 71 32 39
2 鹿島 72 23 3 8 53 31 22
3 C大阪 63 19 6 9 65 43 22
4 62 18 8 8 49 33 16
5 横浜FM 59 17 8 9 45 36 9
6 磐田 58 16 10 8 50 30 20

↑川崎が念願の初タイトル獲得です!!
試合後、フィールドで泣き崩れる選手を見てしまうと、なんだか申し訳ない気持ちにすらなりますが、勝負の世界、コレばっかりは致し方ありません。

ジュビロ磐田は結局、6位でシーズン終了。ま、シーズン前は、「目指せ残留!あわよくば上位半分!!」くらいに考えていましたので、上出来です。
だって今シーズン、なんだかんだで良い思い出が大半だもん。なんだかんだでジュビロ磐田サポーターって、幸せなのかもネ

お礼のセレモニー|2017 J1 第34節
お礼のセレモニー|2017 J1 第34節

試合後は

選手がフィールドを一周。今シーズン、お礼のセレモニーで締めくくり。

そして気になる残留争いですが...

順位 チーム 勝点 得点 失点
14 清水 34 8 10 16 36 54 -18
15 広島 33 8 9 17 32 49 -17
16 甲府 32 7 11 16 23 39 -16
17 新潟 28 7 7 20 28 60 -32
18 大宮 25 5 10 19 28 60 -32

清水の残留が決定。最終的に、大宮、新潟、甲府の三チームが降格となりました。
またいつの日か、J1の場で戦える日を楽しみにしています。

お疲れ様の げんこつ

試合後は炭火焼ハンバーグさわやかにて、げんこつハンバーグ♪

げんこつハンバーグ|さわやか
げんこつハンバーグ|さわやか

磐田に遠征したら、げんこつ! 今年の食べ収めです。
ミディアムレアのハンバーグをスタッフさんが半分に切って、鉄板にジュ~っと押し付けて、ハイ出来上がり♪
アツアツの鉄板でいただくハンバーグは絶品です。

おまけ

日が明けました12月3日、JR川崎駅に直結の駅ビル、アトレ川崎に買い物に行きましたところ...

フロンターレ優勝|アトレ川崎
フロンターレ優勝|アトレ川崎

川崎フロンターレ優勝おめでとうなんて貼り紙がしてありました~
パレードとかやるのかな???
↑別にフロンターレを応援しているってワケでもないのですが、ミーハーな心で楽しみです。

皆様、今シーズン、お疲れ様でした。
来シーズンも、スタジアムの中でも外でも、よろしくお願いいたします。