等々力競技場|高校サッカー選手権準々決勝

注目選手 DAKE JA NAI|高校サッカー選手権QF@等々力

行って参りました等々力陸上競技場
晴天で風も弱く、絶好のサッカー観戦日和。

等々力競技場|高校サッカー選手権準々決勝
等々力競技場|高校サッカー選手権準々決勝

さすがは準々決勝、結構な人の入りでしたが、なんとかメインスタンドで席を確保。

等々力競技場メインスタンドから|高校サッカー選手権準々決勝
等々力競技場メインスタンドから|高校サッカー選手権準々決勝

第一試合は優勝候補同士の対戦と言って良いでしょう、青森山田(青森県)矢板中央(栃木県)
ちょうどこの二校、2日の2回戦、ニッパツ三ツ沢で観戦していました。どちらも守備力のあるチーム。それでいてチームとしての完成度が高いと感じました。

攻撃力はやや青森山田の方があるのかな、そんな印象を受けましたがトーナメントは何があるかわかりませんからね。
出だしは青森山田が先にペースをつくっていきました。ボールも人も流れていて、少しずつ青森山田が形になりそうな雰囲気。
そんなこんなの前半14分、矢板中央のロングスローのクリアを再びセンタリング、これをフリーでヘッドで合わせた眞島クンのゴールで先制。なんと、青森山田、今大会初失点だそうな。

でもここで慌てないですね、さすがベスト8に勝ち進むだけのチームです。青森山田が慌てることもないし、矢板中央が緩むこともない。統制が取れてましたよ、両チーム。
やっぱり守備がしっかりしているから安心して見ていられますね、締まった良いゲームでした。
このまま前半は1-0なのかな、そんな雰囲気の中の前半終了間際、青森山田がロングスローのこぼれ球からのシュート、これを二階堂クンがヘッドで少しコースを変えてゴールの中へ
同点となって前半終了。このタイミングでのゴール、大きかったですね。

後半も一進一退の攻防でしたが、後半25分ロングスローのこぼれ球を再びふわっと中に入れる青森山田。ゴール前の二階堂クンが落ち着いてトラップ&シュートで追加点!!
そこから必死の反撃で最後の5分くらいは矢板中央の猛攻。

セットプレーではゴールキーパーも前に出て攻め続けましたが、青森山田の守備、落ち着いていました。

試合結果|青森山田 2-1 矢板中央
試合結果|青森山田 2-1 矢板中央

青森山田(青森県) 21 矢板中央(栃木県)
飯田雅浩、三国ケネディエブスとか、バスケスバイロン、檀崎竜孔とかが注目されていますが、それだけじゃないですよ、チームとしての完成度が高いです。
言ってみれば今日の試合は、澤田クンのロングスローで2アシストですし、ゴール前でしっかり詰めていた二階堂クンが2ゴール。どちらも目立って注目されている訳ではないですが、見事なまでの大活躍!
今日の主役は間違いなくこの二人。

第二試合は尚志(福島県)帝京長岡(新潟県)の対戦。
どちらかというと帝京長岡が攻めて尚志が守る展開。帝京長岡の方がフィールドを広く使っている印象。あと積極的にミドルシュートも打っていました。
帝京長岡の先制も時間の問題かな、そんな雰囲気の中の前半22分、尚志が相手のDFのパスミスを突いてインターセプト。それを走り込んだ染野クンにスルーパス。そして左にシュートを打つと、GKの手も届かず、ゴールの中へ。尚志が先制
その後も帝京長岡のペースでしたが、ゴールネットを揺らすまでには至らず1-0で前半終了。

後半も帝京長岡ペース。時間の流れと共にゴール前への圧力も強まるものの、DFフォファナ・マリックとMF大川健の両センターバック、そしてGK猪越クンの堅守で守る展開。
時間の都合で後半35分でスタジアムを後にした私ですが、結局...

途中経過|尚志 1-0 帝京長岡
途中経過|尚志 1-0 帝京長岡

尚志 10 帝京長岡
尚志が1点を守り抜きました。

こちらも注目選手がどうこうというよりもチームとして完成されているのを感じました。

ン十年前の高校サッカー選手権って、スーパースターが一人いると、その選手に引っ張られる形で勝ち進むなんてパターンも多かったですが、今は11人が11人の力を出し切ったチームが勝ち進む、そんな印象です。
より監督の戦術、選手采配が問われるようになったのかな、なんて感じました。
スーパー高校生がいたとしても、メンタルはやっぱり二十歳前のガラスの心だったりしますしね、選手だけじゃない、監督・スタッフも含めたチーム力のあるところが勝つということなのでしょう。

さーて、Best4が出そろいました。青森山田、尚志の他には流通経済大柏(千葉)と瀬戸内(広島)。初出場が瀬戸内高校がダークホースですね!
泣いても笑ってもあと準決勝と決勝のみ、ふり向くな君は美しい!!

青森山田 vs. 草津東|ニッパツ三ツ沢

2019年、サッカー初観戦♪

皆様、改めまして、あけましておめでとうございます
2019年の初観戦ニッパツ光沢となりました。

当初は等々力を考えていたのですが、地元川崎の桐光学園が1回戦で敗退してしまったというのもあって、ちょっと遠征してみるか、なんて気持ちになりまして。
↑遠征とか良いながら、自宅から三ツ沢のスタジアムで着席するまで1時間くらいなんですけどネ。

日章学園vs矢板中央|ニッパツ三ツ沢
日章学園vs矢板中央|ニッパツ三ツ沢

晴天の三ツ沢、年末の寒さも少し和らいだ感じで絶好の観戦日和♪
(と言いつつ火が落ちたらやっぱり寒かったんですけどネ)

第一試合は宮崎県代表日章学園栃木県代表矢板中央の対戦。
どちらかというと矢板中央のペースで進む展開。で、前半の20分に左からふわ~っと上がったクロス、GKと矢板中央FWが競ったところでボールがフリーの望月クンのところに。落ち着いて決めて矢板中央が先生。
その後も矢板中央ペースだったかな。

でもね、日章学園のGK小原クン、スーパーセーブ連発!! いやホント、見事でしたよ。
前半分くらいに矢板中央の怒濤の攻撃があって、連続して3本のシュートなんて場面があったんですけど、GKもDFも集中力切らさずに守り切りました。

前半は1-0で終了。
後半に入ってもやっぱり矢板中央ペース。日章学園は時折カウンターで良い場面をつくりだすも、決定機とまでには至らず...
そんなこんなの後半11分、先制点を奪った望月クンのドリブルを日章学園DFがペナルティーエリア内で倒してしまってPK。

これを矢板中央の飯島翼クンが落ち着いて左に決めて2-0。

その3分後に日章学園のコーナーキックからオウンゴールで1点差になりましたが、ゲームの流れを変えるにまでは至りませんでした。

試合結果|日章学園 1-2 矢板中央
試合結果|日章学園 1-2 矢板中央

日章学園 12 矢板中央

点差以上に実力の差はあったかな...が、正直な感想です。

第二試合は青森県代表青森山田滋賀県代表草津東

青森山田 vs. 草津東|ニッパツ三ツ沢
青森山田 vs. 草津東|ニッパツ三ツ沢

実はこの対戦、二年連続なんですよね。昨年はフクアリで青森山田が5-0の圧勝。
今年も試合開始から思いっきりの青森山田ペース。
ボールも人もグルグル動いて、草津東は身体が温まる間もなく守備に翻弄って感じ。

で、前半13分にゴール前ほぼ中央からミドルシュートを決めて青森山田が先制。
その後も押し気味に試合を展開して前半37分に右サイドから切り込む展開から追加点。
前半2-0で終了した時点で帰宅してしまいましたが...

GOAL|高校サッカー(三ツ沢)
GOAL|高校サッカー(三ツ沢)

怒濤のゴールラッシュだったようですね。
青森山田 60 草津東
何せ高校生、一旦流れが行ってしまうと、なかなか取り戻すの難しいですね。スポーツってメンタルですもの。

今年も熱い戦いが続いています。3日はちょっと観戦に行けそうにないから、この週末の5日くらいに等々力に出没するかも、です。

尚志 vs. 東福岡|第96回全国高校サッカー選手権大会

高校サッカー選手権と言えばこの曲♪|ふり向くな君は美しい

第97回全国高校サッカー選手権大会が始まりました。
高校総体(インターハイ)、全日本ユースと合わせて三大大会って言われていますけど、やっぱりその中でも選手権ってのは、別格だと思います。野球で言えば甲子園みたいなもの。
開幕戦からエライことになりましたよね。

駒澤大高(東京B) 1 (PK910) 1 那覇西(沖縄)
なんかもうね、見ていられませんよ、どちらも勝たせてあげたいくらい。PK戦になっただけでも酷なのに、11人目まで行って結着なんて...

こんなときに、いつも私の頭の中に流れるのが、この歌。
ふり向くな君は美しい

スポーツに関する歌って、どちらかというと、勝者をたたえる歌が多いと思うんですよ。
例えば、それこそ甲子園で毎年流れているのは...

栄冠は君に輝く
↑ですよネ。
そのタイトルのとおり、勝者にスポットライトを当てた曲です。

対して、ふり向くな君は美しいって、戦いに敗れた者の健闘を讃える、言わば「敗者の讃歌」。
なんかね、自分の高校時代を思い出してしまいますですよ。
(注:私はオチャラケのテニス部で、サッカー部ではありませんでしたが...)

「ふり向くな君は美しい」
うつ向くなよふり向くなよ 君は美しい
戦いに敗れても 君は美しい
今ここに青春を刻んだと
グランドの土を手にとれば
誰も涙を笑わないだろう
誰も拍手を惜しまないだろう
また逢おう いつの日か
また逢おう いつの日か
君のその顔を忘れない

↑良い歌詞でしょ。
ちなみに作詞は阿久悠さん作曲は三木たかしさんっていう、豪華な顔ぶれ。。

昔は全国大会決勝戦の国立競技場で、ハーフタイムショーとして、ザ・バーズの歌と踊りが披露されていたんですけど...って、こんなn知っている人はOver-40だけでしょうけれど。

↑探してみたら、あるものです。流石は、YouTube
今でもスポンサー表示のバックでこの曲がバックに流れていますよね。

楽天で購入できます。


ふり向くな君は美しい
Amazonでも購入できます。

やっぱりね、この時期にこの曲を聴かないと、なんか年末年始って感じがしない私がいます。

今大会の応援歌は、Mrs. GREEN APPLE僕のこと

↑どんな曲かしらなかったから探してみたのですが、聞き入ってしまいました。

楽天で購入できます。


Amazonでも購入できます。

そう言えば最近、私の出身、静岡の高校って、タイトルから遠ざかっていますね...
今年の静岡県代表は浜松開誠館。20年くらい前まで誠心っていう名前だった高校ですね。
頑張れ、静岡!

試合結果|北九州 1-1 藤枝

プレーに感じるメッセージ|北九州 1-1 藤枝

9月最後の週末、うーん...予定では、秋晴れの中の九州遠征のハズだったのですが...
遠征が近づくのと合わせるかのごとく、台風24号が近づいてきまして、こりゃ大変!

台風24号接近中! 皆様、ご無事でしょうか?
↑詳しくはこちらをお読みくださいね。

ミクニワールドスタジアム北九州
ミクニワールドスタジアム北九州

さて、詳しい遠征の顛末はともかくとして、久しぶりのミクスタ
何度行っても良いですね、サッカー戦用のスタジアム。試合前から雨脚が強まってきたのですが、ホーム側ゴール裏・メインスタンド・アウェイ側ゴール裏と屋根があるので、傘もポンチョも使用せずに済んだのでした。

北九州vs藤枝|ミクスタ北九州
北九州vs藤枝|ミクスタ北九州

こう言っては失礼ながら、両チーム今年は低迷も低迷、J3の下位対決...
北九州は5勝5分12杯の勝点20で16位、対する藤枝は6勝3分13敗の勝点22で15位
どちらのチームもシーズン途中の監督交代を経て、浮上を狙っているものの、なんとも調子に乗りきれない感じ。

さてさて試合ですが、なかなかどうして、一進一退の好ゲーム。
レベルも低くないですよ、下手なJ1よりよっぽど面白いし、よっぽどレベルが高い

前半はどちらかというと藤枝のペース。よく走り回ってました。
DFの合間に走り込んで後ろから奪い取ってシュートまで持って行ったり、大きなサイドチェンジを使ったり...
ゴールが生まれるとしたら藤枝かな、そう思いかけた前半38分に北九州のコーナーキック。

CHANCE|ミクスタ北九州
CHANCE|ミクスタ北九州

↑この写真の直後、コーナーキックから後ろ向きに走りフリーになったミスター北九州、池元がヘディングを決めて先制...かと思ったら、惜しくもオフサイド...いやー、コレは微妙だったなー...
で、結局、前半は0-0で終了。

後半も、なんとなくの雰囲気として藤枝ペース。ボールも人も動いていました。
そんなこんなの後半13分。
左サイドの敵陣中央から藤枝の光永がクロスを供給。DFが下がりながら頭でクリアすると、ファーサイドに流れたボールに反応した浦田が...

GKにヘッドでパスしようとしたのか、はたまたクリアしようとしたのか、どちらかはわかりませんが、結果としてGKの頭を越えてゴールの中へ。懸命に戻った有薗が頭でクリアするも、クロスバーに当たってネットを揺らして藤枝が先制...

で、ここからがお互いの力と力、意識と意識の大激突。
北九州は、ダヴィ、川島大地、フェホと攻撃的な交代をしかけてもう、パワープレー状態。ダブルボランチだったのをボランチ1枚にして、とにかく前へ、の姿勢。
↑分かり易い交代ではありますけど、とにかく迫るという監督の意志を感じます。またそれに応えようと人もボールも動かす北九州。
プレーを見ていてメッセージが伝わって来るんですよ。闇雲に蹴っているんじゃなくて、パスを通す、サイドチェンジする、クリアする...なんかね、久しぶりにプレーにおけるメッセージというのが伝わる試合を観ることができました。
対する藤枝も、守り切るんじゃなくて追加点を取りに行く姿勢。ま、時間があるしね。

そしてこのまま藤枝が1点リードで終えるのかな...と思い始めた後半45分

右CKのこぼれ球を拾った内藤が右サイドの敵陣深くからクロスを供給する。ファーサイドでフェホがヘディングシュートを放つも藤枝DFがクリア...
そのクリアボールを拾った池元がペナルティエリア左から右足を振り抜くとボールは右のポストに当たってゴールに吸い込まれ、同点!

アディショナルタイムは3分。
もちろん、両チーム同点で終わって良いなどと考える選手はおらず、必死の攻防。
でも結局、ゴールは奪えず...

試合結果|北九州 1-1 藤枝
試合結果|北九州 1-1 藤枝

ギラヴァンツ北九州 11 藤枝myfc(Goal:池元)

結局、両チーム勝ち点1を積み上げるしかできなかったワケですが、観ている側からすると大満足ですよ。
勝ちたいっていう意志は伝わってきたし、プレー一つ一つにメッセージを感じるものだったし。
J3、捨てたもんじゃないよ。

で、試合を終えて博多に移動。
予定では、30日に福岡から静岡空港に飛んで磐田vs.湘南戦を観戦するつもりだったのですが...

台風24号接近中! 皆様、ご無事でしょうか?
↑詳しくはこちらをお読みくださいね。

試合結果|YS横浜 0-0 北九州

僅かにゴールに届かず...|YSCC横浜 0-0 北九州

行って参りました、ニッパツ三ツ沢
三連休の天気予報は見事に猛暑。幸か不幸か見事に当たりまして、日曜日の三ツ沢、17時キックオフとは言え、暑い!

ニッパツ三ツ沢 メインスタンドから|2018J3 YSCC vs. 北九州
ニッパツ三ツ沢 メインスタンドから|2018J3 YSCC vs. 北九州

ニッパツ三ツ沢競技場って、サッカー専用だから、フィールドが近くて良いんだけど、屋根がないから、夏場の晴天時は、座って観戦しているだけで汗が出る!!
で、いつもならメインスタンドしか開放しないのですが、今日はゴール裏席も解放してくれていました。
と言いつつ、せっかくのメインスタンドで観戦できる機会なので、前半はメインスタンドで観戦。

さてさて、本日の対戦相手はYSCC横浜
横浜って、J1に横浜Fマリノス、J2に横浜FC、そしてJ3にYSCC横浜と各カテゴリーにチームがあるんですよね、なんかすごい。

ダヴィと池元の2トップが先発のギラヴァンツ北九州。
前半から良い形でボールが回ります。サイドを使ってフィールドをより広く使っているのは北九州。YSCCは後手後手に回っている印象を受けました。
ただ、なんて言うのかな、精度が粗い...パスにしてもシュートにしても...ボール1個分か2個分くらいなんですけど、その1個・2個の世界が勝負の世界ではモノを言うワケですよ、その辺りの精度を欠いていました。

ちょっと余談になりますが前半20分過ぎ、審判の判断で給水タイム。いや、コレはNice Judgeって思いましたね。
で、結局、前半は0-0で折り返し。
正直、この時点では、普通に戦えば勝てるんじゃないかなー、なんて思いながら観戦していました。

ニッパツ三ツ沢 ゴール裏から|2018J3 YSCC vs. 北九州
ニッパツ三ツ沢 ゴール裏から|2018J3 YSCC vs. 北九州

後半はゴール裏に移動。
ゴール裏からだと前後の距離感がわからなくなるので、反対側のゴール裏で何をやっているのかわかりにくくなるのですが、幸い、北九州が押し気味の試合でしたので、”こっち側”で展開することが多く、楽しめましたヨ。
左右の展開はわかりやすいので、サイドチェンジとか、リアルに感じることができて楽しい、楽しい♪
そんなこんなの62分、左サイドから浦田がクロス、それをダヴィがドンピシャで頭で合わせて、ボールはゴールネットを揺らした!...と思ったらオフサイドの判定でノーゴール。これ、綺麗なゴールだっただけに、なんとも残念。

その後もダヴィが格の違いを見せつけてくれました。
ダヴィからのパス、ダヴィへのパスが通ったときのシュート等々。この体勢でシュートを打つか!?とか、このボールに反応できるんだ!?と感じさせる辺り、さすがダヴィ。

でもやっぱり精度が粗いのが北九州。結局...

試合結果|YS横浜 0-0 北九州
試合結果|YS横浜 0-0 北九州

Y.S.C.C.横浜 00 ギラヴァンツ北九州
スコアレスドローで試合終了。

↑ダイジェストはこちらから。

うーん...勝てた試合でしたね、勝ち点2を逃したって言って良いと思います。
でも、期待を持てる内容でしたので...

試合後のゴール裏、期待を込めた声援が多数。

確かに次につながる試合だったと思います。
次節は少し間が空いて8月18日(土)の鹿児島戦@ミクスタ。
しっかり調整して後半戦の巻き返し、一つでも上の順位への浮上を期待しています。

スタジアムに遠征された皆様、遠方から気持ちを送ってくださった皆様、お疲れ様でした。