試合結果|清水 0-3 磐田

チケット完売のダービー、完勝!|清水 0-3 磐田

行って参りました、IAIスタジアム日本平
久しぶりですよ、何せダービー自体が久しぶり...カレコレ4年ぶりの今年じゃないですか、両チームともJ2を経て、ようやくの実現。
いざ、鈍行で川崎から清水へ。懐かしいです、清水駅。

JR清水駅
JR清水駅

エスパルスのエンブレムが出迎えてくれます。

スタジアムに向かう静鉄バス
スタジアムに向かう静鉄バス

試合開始3時間半前ですが、それでもシャトルバスの乗り場は既に行列!ジュビロサポーターも、エスパルスサポーターも、皆さん、気合い入りまくり。写真じゃわかりにくいですが、しずてつバスの行き先表示にも、パルちゃんがいました。
磐田ホームのエコパの試合は3-1で勝たせて頂いたものの、この日本平の空気感に飲み込まれやしないかと不安と緊張の試合前。

満員御礼

チケットは前売りの時点で完売! コレって2010年以来のことなんだそう!!

開門前の行列
開門前の行列

開門前の行列はビジター側入口から坂道を降りて、下のテニスコートの中まで続いていました。
(このテニスコート、清水在住時代によく利用していたので、このような利用のされ方は、少々複雑なのですが...)

いざ、スタジアムの中へ! いつもならビジター側の2階席って、一角がアウェイ側サポーターの応援席になる程度なのですが、さすがはダービー、今日はビジター側2F席がぜ~んぶジュビロサポーター席。この配慮、清水エスパルスの関係者に深く感謝!!
ちなみに入場者数は18,556人。正に超満員。天気予報はよろしくなくて、試合前から曇天模様。前半途中から雨が降り出すこの天候でこの人数、やっぱりダービーって違いますネ。

まずは腹ごしらえ

スタジアムに来たからにはスタグル、楽しまなきゃね。

桜えびしらす丼
桜えびしらす丼

桜えびしらす丼(800円:税込み)
桜えびのかき揚げと、釜揚げしらすのハーフハーフ丼。見た目も紅白で彩り鮮やか。
特製の丼タレがサクラエビのかき揚げとマッチしてい、食が進みます。しらすは噛むとふわっと磯の香りが口の中に広がります。

はんぺんフライ
はんぺんフライ

はんぺんフライ(300円:税込み)
しぞーか(静岡)と言えば黒はんぺん。サバやイワシのすり身からつくられています。
黒はんぺんをフライにしてノリがまぶしてあります。白いはんぺんはやわらかい食感ですけど、黒はんぺんは正に魚のつみれだから、ムギュっとした食感。コレが美味しいの。
静岡出身の私からすると、懐かしい味。

強くなったなー!

選手入場時、席に置いてあった水色黄色のビニール袋を膨らませて選手を迎えます。

アウェイ側ゴール裏席
アウェイ側ゴール裏席

ホーム側のゴール裏から眺めると...
試合前のアウェイゴール裏
↑こんな感じだったんですね。

さてさて肝心の試合ですが、右足を痛めて離脱していた大井がスタメンに復帰、嬉しいような、無理してほしくないような、複雑な心境。
で、GKは守護神カミンスキー、DFラインは右から、高橋祥平、大井健太郎、森下俊。サイドは右に櫻内渚、左に宮崎智彦。ダブルボランチに、川辺駿とムサエフ。2シャドウに中村俊輔とアダイウトン、そして1トップに川又堅碁

開始直後はエスパルスの方が落ち着いているように見えました。やはり、ホームの雰囲気を味方にできていますね。鄭大世竹内は良いシュートを打つし、金子松原の動きが良いです。

ちょっと攻めあぐねていたジュビロでしたが前半27分、ハーフウェーラインアダイウトンから川又にボールを預けて、少し貯めをつくって出したスルーパスに抜け出したのは、再びアダイウトン。そのままペナルティエリア内に進入して、切り返してDFをかわして振り向いた右足、、ゴールネット右隅に突き刺さって先制!いやぁ、川又とアダ、この二人だけで取った得点、今年は多いですね-。相手からすりゃ、脅威でしょうね。

そこから焦りもあってだとは思いますが、少しプレーが粗くなり始めるエスパルス。気持ちはわかるのですが...
そんなこんなの前半46分、松原高橋と激しく競り合い、ファウルを受けた際に激高して、手を使って倒してしまってレッドカード...一発退場...攻撃の拠点になっていただけに、この退場が結果として試合を決定づけてしまったように感じます。

後半はメリハリつけて攻撃していたジュビロに見えました。一人多いからってもあると思いますが、時にはスピードを出して、そして危なそうなときは無理せず遅攻、安定感ありましたね。
そして後半17分右からのコーナーキックで、蹴るのはもちろん中村俊輔が低い弾道のクロスはニアサイドの角田の足の間を抜け、そのままゴールの中へ、追加点!!

後半28分、アダイウトンに替わって山田大記を投入。その直後のプレーで櫻内が右サイドの敵陣深くで鎌田をかわしてクロスを送ると、ファーサイドの宮崎が反応してボレーシュート。これは清水GKの六反に跳ね返されるも、こぼれ球に山田が反応して左足で冷静に押し込み、追加点!!! まさかの3-0!?

ココで注意しなくちゃいけないのは、磐田ホーム、エコパのダービーであったような不要な失点...と思ったけど、しっかり落ち着いて守り切って試合終了。

試合結果|清水 0-3 磐田
試合結果|清水 0-3 磐田

清水エスパルス 03 ジュビロ磐田(Goal:アダイウトン, 中村俊輔, 山田大記)

いやぁ、終わってみれば完勝ですね。

勝利の美酒は美味い!

ということで、試合後は祝勝会。
鶏べえ -清水-
清水駅前のロータリーにあるビルの2Fにある店舗です。

ビールはプレミアムモルツでした。プレモルだからってのもあるけど、やっぱり勝利の美酒は美味しいです!!

さて残すところ、リーグ戦は5試合。一つでも上の順位になって、一つでも多くの勝ち点を積み上げて、笑顔でシーズンを終えたいですね。
スタジアムで応援された皆様、遠くから気持ちを送ってくださった皆様、お疲れ様でした。
職場の同僚も、Friend in Kusanagiも喜んでいました。ありがとうございました。

ポイントカードいろいろ

Jリーグチケットでポイントがメチャ貯まる!|dポイント

みなさん、ポイントカードってお持ちですか?
Tポイントの貯まるTカードや、リクルートポイントの貯まるPontaカードなど、何かしら一枚はお持ちではないかと思います。

ポイントカードいろいろ
ポイントカードいろいろ

docomoのスマホ・携帯をお持ちの方は、dポイントが貯まる・使える「dカードをお持ちの方って多いのではないでしょうか。

そんなdカードでサッカー好きにはたまらない、とってもお得なキャンペーンが始まりました♪

ポイント10倍!

Jリーグチケットのお買物で、「dケータイ払いプラス」を選択すると、ポイントが通常の10倍もGetできちゃいます。

Jリーグチケット 10倍ポイントバックキャンペーン
↑10倍ですよ、10倍!!

実施期間
2017年10月4日(水)~2017年11月5日(日)
キャンペーン対象
期間中にJリーグチケットでのお買物で、「dケータイ払いプラス」をご利用された方が対象です。キャンペーンに関して特別な登録は必要ありません。
キャンペーン対象サイト
Jリーグチケット

ポイントについて

【進呈ポイント】
通常時の購入金額100円につき1ポイントに加え、9ポイント分のdポイント(期間・用途限定)が進呈されます。なお、ご購入金額のうちdポイントでお支払いいただいた金額分は除外となります。
【進呈時期】
2017年12月8日(金)に進呈致します。
【有効期限】
2017年12月8日(金)~2018年2月28日(水)まで利用可能な期間限定ポイントになります。

「dケータイ払いプラス」って?

支払い金額に応じて、ドコモのdポイントを貯めることも使うこともできる、お得で便利なドコモの決済サービスです。お支払い方法は、月々の電話料金合算払いの他、クレジットカードでのお支払いも可能ですので、ドコモ以外の方でもご利用いただけます。

ここがポイント:簡単
面倒な事前設定や特別な手続きは不要。支払方法の選択画面で「dケータイ払いプラス」を選ぶだけ。
さらにドコモのケータイをご利用の方なら、ケータイでいつも使っている4ケタのパスワードだけでらくらく購入できて便利です。

ここがポイント:お得
お支払い金額に応じてdポイントが貯まります。で、今回のキャンペーンでは、通常の購入金額100円につき1ポイントに加えて、100円につき9ポイント分のdポイント、合計10ポイントGet.
2,000円のチケットを購入したら200ポイント、つまり200円分のポイントを貰えちゃうってことです。

dポイントって?

ドコモの携帯の支払いで貯まるポイントっていうイメージが強いかと思いますが、それだけじゃないんです。
dポイントは、ネットショッピングや街のお店など、いろいろなところでたまる・つかえるポイントです。
コンビニのローソンLAWSON STORE 100、ハンバーガーのマクドナルド、紳士服のAOKI、CD・DVDのタワーレコード、カフェのサンマルクカフェ、居酒屋のはなの舞、家電のジョーシン...などなど、最近、貯まる・使える店舗が増えてきているポイントシステムです。
我が家はポイント貯めてdデリバリーでちょっと豪華な夕食ってパターンが多いかな。

11月5日までの一ヶ月ですが、お得にポイント貯めて、お得にサッカー観戦しちゃいましょう♪



試合結果|FC東京 0-0 ジュビロ磐田

なんか悶々...でした|FC東京 0-0 ジュビロ磐田

行って参りました、味の素スタジアム

久しぶりの2階席開放!

京王線の飛田給駅を降りると、結構な人の流れ。開門時間くらいにスタジアムに着いたのですが、アジパンダひろばは大行列!

外観|味の素スタジアム
外観|味の素スタジアム

快晴で涼しい風も吹いて、サッカー観戦日和♪
スタジアムに入ると、チケットの売れ行きが良かったようで、今日は2階席も解放されていました。なんとかと煙は高いところが好き!?

2F最上段から|味の素スタジアム
2F最上段から|味の素スタジアム

2F席の最上段まで行ってみました。
かなり久しぶりです、味スタの2F席が開放されたのって。中村俊輔効果とジュビロ磐田のチーム成績が良いことなど、いろんな要因がありそうです。

サッカー戦用スタジアムではないので、ちょっとフィールドが遠い感じはしますが、フィールド全体が見渡せるので、2F席は2階席なりの楽しみ方がありそうです。
1F席は見やすいのですが、前の方だとフィールドの前後の関係が分かりにくいんですよね...

なんか悶々...

さてさて試合ですが、大井健太郎の負傷による不在の影響は大きいですね...この試合は4バックでした。DFラインに櫻内渚、高橋祥平、森下俊、宮崎智彦、ダブルボランチには川辺駿とムサエフ、中盤2列目に、山田大記、中村俊輔、アダイウトン、1トップに川又堅碁という布陣。
やはりセンターバックの大井がいないと、単にDFラインがどうのこうのって話だけじゃなくて、チームの背骨の、一番下の部分だからチーム全体のバランスが崩れてしまうんですよね。なんともぎこちなくて、リズムが上がらずじまい。
初先発の山田大記も、まだ完全には噛み合ってないですね、パスを受ける方も出す方も、意思の疎通ができていないというか、ちょっとしたズレがあるのを感じてしまいました。ま、先発で試合に出て後半12分まで実践でやったという事実が大きいと思います。
ただ気になったのは選手交代の遅さ。ギクシャクしているのは誰の目にも明かなので、もっと早めに手を打って、積極的に勝ちに行って欲しかったですね...

対するFC東京も、永井謙佑のスピードなど脅威はあるものの、決定機というほどのシーンはなく、磐田からすると、比較的落ち着いて守備できていたと思います。

前半40分に中村俊輔のコーナーキックが相手GKが目測誤ったか、触らずに川又へ。ワントラップから右足でシュートで入った!っと思ったらクロスバー...このくらいかな、見所は。
その川又にも、流れの中では、ボールが収まらなかったんですよね、やっぱりなんかぎこちないの。
結果として松浦とか小川大貴とか交代で出てきましたけど、もっともっと早いタイミングで出してグルグル動かした方が、相手にとっても脅威だったと思うのですが...。

試合結果|FC東京 0-0 ジュビロ磐田
試合結果|FC東京 0-0 ジュビロ磐田

ということで、両チーム共に攻め手を欠き、スコアレスドロー
FC東京 00 ジュビロ磐田
ぶっちゃけた話が見せ場というほどの見せ場の無く、両チーム共に攻めきれなかった試合でした。どこかでスイッチを入れて、攻撃的に仕掛けてくるんだろーなー、なんて思っていたら、両チームそれがないままのスコアレス、なんとも悶々ですね。

試合後のゴール裏も、拍手を送るほどでもないし、ブーイングするような内容でもないし...なんか消化不良って感じでした。

ということで悶々会...

試合後には祝勝会!の予定だったのですが、なんとも煮えきれない悶々会!?
ま、アルコールが入れば楽しい飲み会なのですが。

会場は飛田給駅近くの...
庄や 飛田給店さん。
こちらのお店のオリジナル!?

FC東京サワー|床や 飛田給店
FC東京サワー|床や 飛田給店

FC東京サワー

底の方に赤、上の方に青でチームカラーのサワー。混ぜたら紫になるのかなー、なんて思ったら、青色が圧倒的に勝って、単なる青色サワーでした。
ちなみに味は...甘~い!すっごく、甘い!! なんか、かき氷のシロップを飲んでいるみたいな甘さ。ま、悶々とした試合観戦で疲れた身体には良いエネルギー補給です。

さーて、気持ちを切り替えて、この悶々としたモヤモヤとした思いを、次節s静岡ダービーでスッキリさせてくれることを祈りつつ、IAIスタジアムに向かいます!!

試合結果|磐田2-1大宮

かろうじての薄氷の勝利|磐田 2-1 大宮@ヤマスタ

行って参りました、久しぶりのヤマハスタジアム(磐田)

コイツは縁起がいいね!

新幹線に乗り、ボーッと車窓を眺めていると、小田原駅近くで...

富士山|新幹線の車窓から
富士山|新幹線の車窓から

↑お!富士山♪
この季節にコレだけ遠くから富士山が見えるって、結構、珍しいよね。これは吉兆!! なんだか今日、行けそうな気がする~♪ あると思います!(って、古いネ)
ちなみに新富士駅の近くでは、完全に雲に隠れて見えませんでした。

完売、御礼!

最近、ホームゲームのチケットの売れ行き、すごいですよね。この大宮戦も完売。

ゴール裏席|2017 J1 第27節 磐田 vs. 大宮
ゴール裏席|2017 J1 第27節 磐田 vs. 大宮

ちょっと天気が心配されて、曇天模様でしたけど、それでも13,119人の大入り!
今日はゴール裏席の最後尾から高みの見物!? ま、後ろでもフィールドが近いのがヤマハスタジアムの素晴らしさ。
あと後ろの人のことを気にしなくて良いっていう、安心感もありますね。最後尾って。

前半はあちら側で展開されてました

さてさて肝心の試合、DFの...って言うか、チームの要、大井健太郎が負傷で欠場、今日のキャプテンはカミンスキー。守護神カミンは信頼が厚いですからネ。

前半は磐田がボールを支配。オープニングシュートこそ大宮でしたけど、人もボールも前半は動いていました。
なんかやたらとコーナーキックの機会が多かったように感じました。

そんなこんなの前半20分、ペナルティエリア手前の左の良い位置でフリーキック。もちろん、蹴るのは中村俊輔。左足で弾道の低いシュートを放つと、直接行ったような、高橋ショーヘーに当たったような...で、ゴール右隅突き刺さり先制! ちなみにゴールは、最初は高橋祥平のゴールってアナウンスされましたけど、ハーフタイムに中村俊輔に修正されてました。

さらに前半28分、ムサエフが抜け出してペナルティアーク付近からループ気味のシュート! 一旦は相手GKに止められるも、こぼれ球に自ら反応して右足でゴールへ流し込んで追加点!!
前半は磐田が試合をコントロールしていたので、大半の時間があちら側(フィールドの反対側)で展開されていきました。

大宮は大前クンとマテウスの動きがとにかく怖い、あと江坂も...なんかこの三人が持つと、何か怖いことが起きそう...ってオーラがありますね。
でも、そのまま磐田が支配気味に展開して、2-0で折り返し
なんかここ数年、大宮さんには苦手意識みたいの、あったから、この展開は上出来でしょう。

後半もあちら側で展開されちゃいました

ハーフタイムにビッグフラッグがゴール裏に。一番後ろの席にいたから、ビッグフラッグを上から眺めるっていう、貴重な経験できました(^_^)v

ハーフタイム|2017 J1 第27節 磐田 vs. 大宮
ハーフタイム|2017 J1 第27節 磐田 vs. 大宮

↑こんな感じ。

さてさて後半の立ち上がり3分、大宮とパス交換したマテウスがペナルティエリア左に進入、切り返してDFを交わして右足でシュートを放つと、ゴール右へ突き刺さっちゃいました...開始5分に弱いところは、相変わらずです...。
完全に個人技でやられましたね。マテウスの凄さを見せつけられちゃいました。

後半の出だしで失点して、出鼻をくじかれたからか、後半はほとんど大宮の時間帯
やっぱり、マテウスとか江坂は怖い...後半になって消えかかっていた大前クンは後半25分に交代。リードされているからってのもあるかも知れないけど、選手交代は大宮が先手を打つ形
対する磐田は交代に動けない...ま、難しいですよね。攻撃的に行くのか、守備的に行くのか...結果として、山田ヒロキとか、小川大貴を投入したんですけど、もう5分、10分、早く動いても良かったんじゃないかな。

でも、大宮に支配されながらも、たまに来るチャンスはワクワクするものがありました。ロングフィードから対応した川又の切り返しとか、サイドから上がってきた宮崎のミドルシュートとか...見せ場はありましたが、シュートが枠に飛んでませんでしたネ...

なんとかかんとか、大宮の攻撃を1失点に抑えて...
試合結果|磐田2-1大宮
ジュビロ磐田 21 大宮アルディージャ(Goal:中村俊輔、ムサエフ)
薄氷の勝利です。

↑試合後のゴール裏、歓喜と安堵が混じり合った感じ。

ま、強くなりましたよ、数年前ならこういう試合で追いつかれたり、下手したら逆転されたりしていたんですから。
スタジアムで応援された皆様、遠くから気持ちを送ってくださった皆様、お疲れ様でした。
さーて、次節は関東・味スタ、もちろん、馳せ参じますよ!!

試合結果|札幌 2-1 磐田

悪いときのジュビロでした...|札幌 2-1 磐田

行ってきました札幌! 久しぶりですよ、個人的には2年ぶり。あのときは学会でした。ジュビロの試合では、もっと久しぶり。何年ぶりだろ???

いざ、札幌へ!

キックオフがこの時期にしては非常に早い13:00、この時間に札幌ドームに着くためには...かなり早起きしないといけないし...ってことで、前日入り。逆に13時キックオフだからその日のうちに川崎に戻れますもんね。

いざ、札幌へ!|羽田空港
いざ、札幌へ!|羽田空港

ということで、8日夕刻に札幌入り。宿に荷物を置いて周囲を探索。札幌駅の近くなので、北海道大学とか見て回れるのが便利な宿でした。

前祝い!?

本当なら試合の後に勝利の美酒でも飲みたいところですけど、試合後は関東に戻らないといけない。ってことで、前祝いを開催。
札幌駅からすすきのに歩いていくと...

札幌時計台
札幌時計台

夜の時計台も、なんだか神秘的で、す・て・き

今日の宴の席は...
海味 はちきょう 別亭 おやじ
ほっけに沖イカ、そして...

日本酒の利き酒セット|海味 はちきょう 別亭 おやじ
日本酒の利き酒セット|海味 はちきょう 別亭 おやじ

日本酒の利き酒セット♪ あー、北海道、最高ぉ!!!
そしてこちらのお店の名物が、つっこ飯
白いご飯の上にオイサー、オイサーの掛け声とともにイクラを盛ってくれます。なんだか博多祇園山笠みたい。

つっこ飯|海味 はちきょう 別亭 おやじ
つっこ飯|海味 はちきょう 別亭 おやじ

大盛り・山盛り・てんこ盛りのイクラ。すごいでしょ♪

肝心の試合は...

すすきのの宴ですっかり上機嫌。気持ちよく朝を迎えて、準備万端、さぁ、札幌ドームへ。

札幌ドーム外観
札幌ドーム外観

宇宙船みたいね、札幌ドーム。今日のアウェイは5ブロック。観客は2万人弱でした。

ジュビロ側ゴール裏席|札幌ドーム
ジュビロ側ゴール裏席|札幌ドーム

あまり前に行き過ぎると、反対側のゴール裏で何やってるか、わからないし、この辺りで観戦。
さてさて立ち上がりから、なんかボールも人も動きがぎこちないジュビロ磐田。対してコンサドーレは、ゴール前まで果敢に攻めてきます。かなり怖かったですね、コーナーキックも多かったし。
決して美しいプレーではないにせよ、泥臭く、みんなで守り抜いていたジュビロ。そんなこんなの前半28分、カウンター気味の攻撃からアダイウトンがペナルティエリア内で倒されてPK獲得! 蹴るのはエース川又、これをキッチリ決めて先制♪
↑一安心というか、安堵というか、悪い流れだっただけに、先制点は大きかったです。

が、しかーし! そこからもなんとも流れに乗り切れない...って言うか、悪いままのジュビロ。なんか中盤で流れが一旦、切れてしまうんですよね。中村俊輔も病み上がりだからでしょうか?なんだかキレがないように見えました。
ボールも人も、より動いているのは、相変わらずコンサドーレ。なんとか守り切って1-0リードで折り返せないかなー、なんて思い始めた前半40分、ニアを抜けたボールに走り込んだ都倉に左足で押し込まれて同点...なんかね、きれいに崩されちゃいましたね。
で、そのまま1-1で前半終了

中盤が今一つ機能していないから、後半開始から選手交代でもしてくるかと思いきや、交代はなし。
で、後半もやっぱり流れは札幌。パスがつながるのは札幌の方、当然、決定機をつくる数が多いのも札幌。
ジュビロも時々、カウンターからペナルティエリア近くまでは行けるものの、シュートを打たせて貰えませんでした。相手GKのファインセーブもあったけど、でもやっぱり決定機と言えるほどのチャンスは少なかったなー。

時間の経過とともに、両チーム、打ち手がないと言うか、完全に崩すにまでには至らず、膠着状態。
このまま1-1のドローで終わるのかなー、なんて思い始めた後半39分、チャナティップの縦パスを小野がダイレクトでつなぐと、石川がペナルティエリア左脇からグラウンダーのクロスをニアに。ジュビロDF森下の前に入り込んだヘイスが押し込んで逆転...これも相手の動きとパスの出し方・受け方が巧かったです。ま、これを守り切れなかったのが今日のジュビロ。なんだか数年前の悪いときのジュビロを思い出してしまうような試合内容でした。

試合結果|札幌 2-1 磐田
試合結果|札幌 2-1 磐田

結局、そのまま試合終了...
北海道コンサドーレ札幌 21 ジュビロ磐田(Goal:川又=PK)
点差こそ1点でしたけど、2-1という結果以上に内容で押されていたと感じました。
だって磐田の得点って、PKだから、流れからゴールを奪えなかったんだもんね。

気持ちを切り替えて次節、浦和レッズ戦に臨みましょう!上位キラーのジュビロですから、良い試合を見せてくれることを期待しましょう!!
札幌遠征された皆様、遠くから気持ちを送ってくださった皆様、お疲れ様でした。