試合結果|FC東京 0-0 ジュビロ磐田

なんか悶々...でした|FC東京 0-0 ジュビロ磐田

行って参りました、味の素スタジアム

久しぶりの2階席開放!

京王線の飛田給駅を降りると、結構な人の流れ。開門時間くらいにスタジアムに着いたのですが、アジパンダひろばは大行列!

外観|味の素スタジアム
外観|味の素スタジアム

快晴で涼しい風も吹いて、サッカー観戦日和♪
スタジアムに入ると、チケットの売れ行きが良かったようで、今日は2階席も解放されていました。なんとかと煙は高いところが好き!?

2F最上段から|味の素スタジアム
2F最上段から|味の素スタジアム

2F席の最上段まで行ってみました。
かなり久しぶりです、味スタの2F席が開放されたのって。中村俊輔効果とジュビロ磐田のチーム成績が良いことなど、いろんな要因がありそうです。

サッカー戦用スタジアムではないので、ちょっとフィールドが遠い感じはしますが、フィールド全体が見渡せるので、2F席は2階席なりの楽しみ方がありそうです。
1F席は見やすいのですが、前の方だとフィールドの前後の関係が分かりにくいんですよね...

なんか悶々...

さてさて試合ですが、大井健太郎の負傷による不在の影響は大きいですね...この試合は4バックでした。DFラインに櫻内渚、高橋祥平、森下俊、宮崎智彦、ダブルボランチには川辺駿とムサエフ、中盤2列目に、山田大記、中村俊輔、アダイウトン、1トップに川又堅碁という布陣。
やはりセンターバックの大井がいないと、単にDFラインがどうのこうのって話だけじゃなくて、チームの背骨の、一番下の部分だからチーム全体のバランスが崩れてしまうんですよね。なんともぎこちなくて、リズムが上がらずじまい。
初先発の山田大記も、まだ完全には噛み合ってないですね、パスを受ける方も出す方も、意思の疎通ができていないというか、ちょっとしたズレがあるのを感じてしまいました。ま、先発で試合に出て後半12分まで実践でやったという事実が大きいと思います。
ただ気になったのは選手交代の遅さ。ギクシャクしているのは誰の目にも明かなので、もっと早めに手を打って、積極的に勝ちに行って欲しかったですね...

対するFC東京も、永井謙佑のスピードなど脅威はあるものの、決定機というほどのシーンはなく、磐田からすると、比較的落ち着いて守備できていたと思います。

前半40分に中村俊輔のコーナーキックが相手GKが目測誤ったか、触らずに川又へ。ワントラップから右足でシュートで入った!っと思ったらクロスバー...このくらいかな、見所は。
その川又にも、流れの中では、ボールが収まらなかったんですよね、やっぱりなんかぎこちないの。
結果として松浦とか小川大貴とか交代で出てきましたけど、もっともっと早いタイミングで出してグルグル動かした方が、相手にとっても脅威だったと思うのですが...。

試合結果|FC東京 0-0 ジュビロ磐田
試合結果|FC東京 0-0 ジュビロ磐田

ということで、両チーム共に攻め手を欠き、スコアレスドロー
FC東京 00 ジュビロ磐田
ぶっちゃけた話が見せ場というほどの見せ場の無く、両チーム共に攻めきれなかった試合でした。どこかでスイッチを入れて、攻撃的に仕掛けてくるんだろーなー、なんて思っていたら、両チームそれがないままのスコアレス、なんとも悶々ですね。

試合後のゴール裏も、拍手を送るほどでもないし、ブーイングするような内容でもないし...なんか消化不良って感じでした。

ということで悶々会...

試合後には祝勝会!の予定だったのですが、なんとも煮えきれない悶々会!?
ま、アルコールが入れば楽しい飲み会なのですが。

会場は飛田給駅近くの...
庄や 飛田給店さん。
こちらのお店のオリジナル!?

FC東京サワー|床や 飛田給店
FC東京サワー|床や 飛田給店

FC東京サワー

底の方に赤、上の方に青でチームカラーのサワー。混ぜたら紫になるのかなー、なんて思ったら、青色が圧倒的に勝って、単なる青色サワーでした。
ちなみに味は...甘~い!すっごく、甘い!! なんか、かき氷のシロップを飲んでいるみたいな甘さ。ま、悶々とした試合観戦で疲れた身体には良いエネルギー補給です。

さーて、気持ちを切り替えて、この悶々としたモヤモヤとした思いを、次節s静岡ダービーでスッキリさせてくれることを祈りつつ、IAIスタジアムに向かいます!!

試合結果|磐田2-1大宮

かろうじての薄氷の勝利|磐田 2-1 大宮@ヤマスタ

行って参りました、久しぶりのヤマハスタジアム(磐田)

コイツは縁起がいいね!

新幹線に乗り、ボーッと車窓を眺めていると、小田原駅近くで...

富士山|新幹線の車窓から
富士山|新幹線の車窓から

↑お!富士山♪
この季節にコレだけ遠くから富士山が見えるって、結構、珍しいよね。これは吉兆!! なんだか今日、行けそうな気がする~♪ あると思います!(って、古いネ)
ちなみに新富士駅の近くでは、完全に雲に隠れて見えませんでした。

完売、御礼!

最近、ホームゲームのチケットの売れ行き、すごいですよね。この大宮戦も完売。

ゴール裏席|2017 J1 第27節 磐田 vs. 大宮
ゴール裏席|2017 J1 第27節 磐田 vs. 大宮

ちょっと天気が心配されて、曇天模様でしたけど、それでも13,119人の大入り!
今日はゴール裏席の最後尾から高みの見物!? ま、後ろでもフィールドが近いのがヤマハスタジアムの素晴らしさ。
あと後ろの人のことを気にしなくて良いっていう、安心感もありますね。最後尾って。

前半はあちら側で展開されてました

さてさて肝心の試合、DFの...って言うか、チームの要、大井健太郎が負傷で欠場、今日のキャプテンはカミンスキー。守護神カミンは信頼が厚いですからネ。

前半は磐田がボールを支配。オープニングシュートこそ大宮でしたけど、人もボールも前半は動いていました。
なんかやたらとコーナーキックの機会が多かったように感じました。

そんなこんなの前半20分、ペナルティエリア手前の左の良い位置でフリーキック。もちろん、蹴るのは中村俊輔。左足で弾道の低いシュートを放つと、直接行ったような、高橋ショーヘーに当たったような...で、ゴール右隅突き刺さり先制! ちなみにゴールは、最初は高橋祥平のゴールってアナウンスされましたけど、ハーフタイムに中村俊輔に修正されてました。

さらに前半28分、ムサエフが抜け出してペナルティアーク付近からループ気味のシュート! 一旦は相手GKに止められるも、こぼれ球に自ら反応して右足でゴールへ流し込んで追加点!!
前半は磐田が試合をコントロールしていたので、大半の時間があちら側(フィールドの反対側)で展開されていきました。

大宮は大前クンとマテウスの動きがとにかく怖い、あと江坂も...なんかこの三人が持つと、何か怖いことが起きそう...ってオーラがありますね。
でも、そのまま磐田が支配気味に展開して、2-0で折り返し
なんかここ数年、大宮さんには苦手意識みたいの、あったから、この展開は上出来でしょう。

後半もあちら側で展開されちゃいました

ハーフタイムにビッグフラッグがゴール裏に。一番後ろの席にいたから、ビッグフラッグを上から眺めるっていう、貴重な経験できました(^_^)v

ハーフタイム|2017 J1 第27節 磐田 vs. 大宮
ハーフタイム|2017 J1 第27節 磐田 vs. 大宮

↑こんな感じ。

さてさて後半の立ち上がり3分、大宮とパス交換したマテウスがペナルティエリア左に進入、切り返してDFを交わして右足でシュートを放つと、ゴール右へ突き刺さっちゃいました...開始5分に弱いところは、相変わらずです...。
完全に個人技でやられましたね。マテウスの凄さを見せつけられちゃいました。

後半の出だしで失点して、出鼻をくじかれたからか、後半はほとんど大宮の時間帯
やっぱり、マテウスとか江坂は怖い...後半になって消えかかっていた大前クンは後半25分に交代。リードされているからってのもあるかも知れないけど、選手交代は大宮が先手を打つ形
対する磐田は交代に動けない...ま、難しいですよね。攻撃的に行くのか、守備的に行くのか...結果として、山田ヒロキとか、小川大貴を投入したんですけど、もう5分、10分、早く動いても良かったんじゃないかな。

でも、大宮に支配されながらも、たまに来るチャンスはワクワクするものがありました。ロングフィードから対応した川又の切り返しとか、サイドから上がってきた宮崎のミドルシュートとか...見せ場はありましたが、シュートが枠に飛んでませんでしたネ...

なんとかかんとか、大宮の攻撃を1失点に抑えて...
試合結果|磐田2-1大宮
ジュビロ磐田 21 大宮アルディージャ(Goal:中村俊輔、ムサエフ)
薄氷の勝利です。

↑試合後のゴール裏、歓喜と安堵が混じり合った感じ。

ま、強くなりましたよ、数年前ならこういう試合で追いつかれたり、下手したら逆転されたりしていたんですから。
スタジアムで応援された皆様、遠くから気持ちを送ってくださった皆様、お疲れ様でした。
さーて、次節は関東・味スタ、もちろん、馳せ参じますよ!!

試合結果|札幌 2-1 磐田

悪いときのジュビロでした...|札幌 2-1 磐田

行ってきました札幌! 久しぶりですよ、個人的には2年ぶり。あのときは学会でした。ジュビロの試合では、もっと久しぶり。何年ぶりだろ???

いざ、札幌へ!

キックオフがこの時期にしては非常に早い13:00、この時間に札幌ドームに着くためには...かなり早起きしないといけないし...ってことで、前日入り。逆に13時キックオフだからその日のうちに川崎に戻れますもんね。

いざ、札幌へ!|羽田空港
いざ、札幌へ!|羽田空港

ということで、8日夕刻に札幌入り。宿に荷物を置いて周囲を探索。札幌駅の近くなので、北海道大学とか見て回れるのが便利な宿でした。

前祝い!?

本当なら試合の後に勝利の美酒でも飲みたいところですけど、試合後は関東に戻らないといけない。ってことで、前祝いを開催。
札幌駅からすすきのに歩いていくと...

札幌時計台
札幌時計台

夜の時計台も、なんだか神秘的で、す・て・き

今日の宴の席は...
海味 はちきょう 別亭 おやじ
ほっけに沖イカ、そして...

日本酒の利き酒セット|海味 はちきょう 別亭 おやじ
日本酒の利き酒セット|海味 はちきょう 別亭 おやじ

日本酒の利き酒セット♪ あー、北海道、最高ぉ!!!
そしてこちらのお店の名物が、つっこ飯
白いご飯の上にオイサー、オイサーの掛け声とともにイクラを盛ってくれます。なんだか博多祇園山笠みたい。

つっこ飯|海味 はちきょう 別亭 おやじ
つっこ飯|海味 はちきょう 別亭 おやじ

大盛り・山盛り・てんこ盛りのイクラ。すごいでしょ♪

肝心の試合は...

すすきのの宴ですっかり上機嫌。気持ちよく朝を迎えて、準備万端、さぁ、札幌ドームへ。

札幌ドーム外観
札幌ドーム外観

宇宙船みたいね、札幌ドーム。今日のアウェイは5ブロック。観客は2万人弱でした。

ジュビロ側ゴール裏席|札幌ドーム
ジュビロ側ゴール裏席|札幌ドーム

あまり前に行き過ぎると、反対側のゴール裏で何やってるか、わからないし、この辺りで観戦。
さてさて立ち上がりから、なんかボールも人も動きがぎこちないジュビロ磐田。対してコンサドーレは、ゴール前まで果敢に攻めてきます。かなり怖かったですね、コーナーキックも多かったし。
決して美しいプレーではないにせよ、泥臭く、みんなで守り抜いていたジュビロ。そんなこんなの前半28分、カウンター気味の攻撃からアダイウトンがペナルティエリア内で倒されてPK獲得! 蹴るのはエース川又、これをキッチリ決めて先制♪
↑一安心というか、安堵というか、悪い流れだっただけに、先制点は大きかったです。

が、しかーし! そこからもなんとも流れに乗り切れない...って言うか、悪いままのジュビロ。なんか中盤で流れが一旦、切れてしまうんですよね。中村俊輔も病み上がりだからでしょうか?なんだかキレがないように見えました。
ボールも人も、より動いているのは、相変わらずコンサドーレ。なんとか守り切って1-0リードで折り返せないかなー、なんて思い始めた前半40分、ニアを抜けたボールに走り込んだ都倉に左足で押し込まれて同点...なんかね、きれいに崩されちゃいましたね。
で、そのまま1-1で前半終了

中盤が今一つ機能していないから、後半開始から選手交代でもしてくるかと思いきや、交代はなし。
で、後半もやっぱり流れは札幌。パスがつながるのは札幌の方、当然、決定機をつくる数が多いのも札幌。
ジュビロも時々、カウンターからペナルティエリア近くまでは行けるものの、シュートを打たせて貰えませんでした。相手GKのファインセーブもあったけど、でもやっぱり決定機と言えるほどのチャンスは少なかったなー。

時間の経過とともに、両チーム、打ち手がないと言うか、完全に崩すにまでには至らず、膠着状態。
このまま1-1のドローで終わるのかなー、なんて思い始めた後半39分、チャナティップの縦パスを小野がダイレクトでつなぐと、石川がペナルティエリア左脇からグラウンダーのクロスをニアに。ジュビロDF森下の前に入り込んだヘイスが押し込んで逆転...これも相手の動きとパスの出し方・受け方が巧かったです。ま、これを守り切れなかったのが今日のジュビロ。なんだか数年前の悪いときのジュビロを思い出してしまうような試合内容でした。

試合結果|札幌 2-1 磐田
試合結果|札幌 2-1 磐田

結局、そのまま試合終了...
北海道コンサドーレ札幌 21 ジュビロ磐田(Goal:川又=PK)
点差こそ1点でしたけど、2-1という結果以上に内容で押されていたと感じました。
だって磐田の得点って、PKだから、流れからゴールを奪えなかったんだもんね。

気持ちを切り替えて次節、浦和レッズ戦に臨みましょう!上位キラーのジュビロですから、良い試合を見せてくれることを期待しましょう!!
札幌遠征された皆様、遠くから気持ちを送ってくださった皆様、お疲れ様でした。

試合結果|日本代表 2-0 オーストラリア代表

ロシアW杯出場決定!|日本 2-0 オーストラリア

遅まきながら、行ってきました、埼玉スタジアム2002
ASIAN QUALIFIERS- ROAD TO RUSSIA
サッカーワールドカップ アジア最終予選 日本代表 vs. オーストラリア代表

私事ながら、当日は東京ビッグサイトの展示会でブース番をしておりまして、終了時間の17:30まで展示会場にいたものですから、到着はギリギリ。

W杯アジア最終予選 日本 vs. オーストラリア
W杯アジア最終予選 日本 vs. オーストラリア

飯田橋で地下鉄南北線に乗り換えた辺りから代表ユニを着ている方、代表のタオルマフラーをお持ちの方がチラホラと見られるようになり、王子を過ぎた辺りからは、車内はサッカー談義が支配的♪
浦和美園駅からスタジアムまでの道は、当然のことながらかなりの混雑。スタジアムのゲートも大行列!
浦和レッズの試合の時もすごいけど、それに負けず劣らず、良い雰囲気。

カテゴリー4(メインアッパー)からの眺望
カテゴリー4(メインアッパー)からの眺望

観戦はカテゴリー4(メインアッパー)...って言うか、関ジュビのお友達に取って貰っちゃったんですけどネ。
当日は59,492人の満員御礼。そりゃそうですよね、なんたって、この試合に勝てばワールドカップ本戦出場決定なのですから。

日本の先発メンバー、最終ラインは右から酒井宏、吉田、昌子、長友。アンカーは長谷部で、その前に井手口と山口。前線には右から浅野、大迫、乾。かなり平均年齢、若いですね!!ちょっとビックリ。
さてさて試合ですが、思ったほどオーストラリアがガツガツこない...様子を見ているのかな??
ボールの支配率は日本が高い印象を受けました。
そうは言っても、個の強さはオーストラリア、やはり強いですね。セカンドボールの拾い方、1対1になったときの強さ、見ていて怖いです。

そんなこんなの前半38分のオーストラリア代表、ペナルティエリア手前から低めの弾道のミドルシュート...吉田の足に当たってコースが変わって...GK川島の手も届かず、入った...と思ったら右のポストに当たって跳ね返って安堵。シュートまで持って行く力、さすがオーストラリアです。

そのすぐ後の41分、ドリブルで持ち込んだ長友がペナルティエリア手前の左から右足でクロスを入れると、ディフェンスラインの裏に抜け出した浅野が完全にフリー! ゴール前で左足で合わせて待望の先制点!!
いやー、巧く抜けましたね、浅野。正直、それまで、チャンスで散々、浅野に合わないでいたから、イライラしていたんですけどネ、浅野、ゴメンナサイね、私の目が間違っていたよ
そのまま前半は1-0で終了
引き分けでもW杯出場が決まる状況にあって、1点リードで折り返しは上出来でしょう。

後半ですが、オーストラリアが一気にパワープレーで来るんじゃないかと思っていたら、やっぱり、そうでもない...焦っていないのかなぁ???
日本代表、後半に入っても中盤の井手口、山口蛍を含めてボールへの寄せが早くて、守備の強度を維持したまま時間が経過していく展開。悪くないよ、この流れ。
終盤に入ってくると、さすがに出足が遅れ始めて、苦しい時間帯もありましたけど、なんとか耐え抜いていました。
そして後半37分。原口が相手のプレッシャーを受けながらもパスを出すと、左サイドで井手口が受けてドリブル。空いてDFをかわしてペナルティエリア手前、真ん中辺りから右足を振り抜と、綺麗な弧を画いてゴールに突き刺さって貴重な貴重な追加点!!
いやぁ、このタイミングで2点目はメチャクチャ大きいですよ。オーストラリアにとっては、ズーンと重くのしかかる追加点。

試合結果|日本代表 2-0 オーストラリア代表
試合結果|日本代表 2-0 オーストラリア代表

あとは危なげなく逃げ切って、このまま試合終了!!

日本代表 2-0 オーストラリア代表(Goal:浅野, 井手口)
監督さんからすれば、最高の展開でしょうね、自身の判断で送り込んだ浅野と井手口がゴールを決めたのですから。
ということで...

順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 得失点差
1 日本 20 9 6 2 1 17 6 11
2 サウジアラビア 16 9 5 1 3 16 10 6
3 オーストラリア 16 9 4 4 1 14 10 4
4 UAE 13 9 4 1 4 10 12 -2

1試合を残して、最終予選1位が確定!ロシアワールドカップ出場決定!!
いやぁ、良かったですよ、次はアウェイのサウジアラビア戦ですからね。
そのサウジ戦、日本にとっては消化試合ですが、サウジアラビアにとっては本戦出場を掛けた大一番。そんな本気も本気、大本気のサウジアラビアと戦えるチャンスなんて、そう滅多にありませんから、ここで代表経験の浅い選手の経験を積ませて欲しいな。杉本健勇とか出してみても良いんじゃないでしょうか。あと、元ジュビロの小林祐希も。
勝って気持ち良く終われたら最高なのですが。

さすがにロシアに観戦に行こうとは思わないなぁ...2018ロシアワールドカップって、会場はどこなの?
気になって調べてみましたら、カリーニングラード、カザン、モスクワ、ニジニ・ノヴゴロド、サンクトペテルブルク、サマーラ、サランスク、ソチ、ヴォルゴグラード、ロストフ・ナ・ドヌ、エカテリンブルクの11都市なんだそう。あらま、西の方の都市ばかりなのね。眠い目を擦りながら、テレビ観戦かな。

ユニフォーム&タオルマフラー

J1残留決定!?|磐田 2-1 神戸

ヤマハスタジアム磐田に行かれた皆様、お疲れさまでした。
今シーズン、10回目のチケット売り切れだそうで、今年は中村俊輔効果と、チームの調子も良いのとで、経済的にも良い循環。
で、本日の試合、その中村俊輔が急な体調不良で欠場とのこと...大丈夫かな???

そんなアクシデントがあり、ボランチは上田コータムサエフ。コレはコレで見応えありそう。
世間の注目は神戸のツートップかな、ハーフナー マイクルーカス ポドルスキ、そりゃこの二人が出れば、アピール度は高くなるってもんです。

予想以上に...なんて言ったら怒られちゃいますが、前半からジュビロがボールをコントロール、シュートも打てていました。でも、決定機!と言えるほどのものは、それほど多くはなかったかな。
そんなこんなで前半は0-0で終了。

後半も、ジュビロがボールを持って始まった...なんて思ったら、後半3分、神戸のカウンター。小川が抜け出し、ペナルティエリア右からダイレクトで折り返すと、中央のルーカスポドルスキが左足で決められてしまい、神戸が先制。何せポドルスキですからね、勢い出ちゃいますよね。

でもここで慌てないのが、今年のジュビロ。成長しましたよね。
上田康太が相手からボールを奪ってショートカウンター。パスを受けた川辺が敵陣中央から前のスペースへスルーパスを出すと、川又が反応して走り込むと、川又がGKと1対1。こうなると今年の川又は止められない...というか、冷製なんですよ、こういうところで。落ち着いて左足でのシュートをゴール右隅へ決めて、すぐさま同点に追い付きました!

そこからが今日の試合、忙しかったですね、攻守がグルグル入れ替わって。
あと、ちょっと両チーム、ヒートアップし過ぎた感じ。カードも出ていたし。

なかなか両チーム、決められないでいた後半34ふん。ペナルティエリア手前の中央でFKを獲得。いつもなら、中村俊輔ですけど、さて今日はどうする?...で、キッカーは松浦。右足を振り抜くと、壁を越えて、そこから美しい弧を描いたシュートが枠の右からキムスンギュの手を越えてネットに吸い込まれ、逆転に成功!!
いや~、ホントに綺麗なゴールでした
こうなっちゃうともう、今年のジュビロは強いんです。攻めるべき処は攻めて、無理に攻める必要がないところでは時間を稼いで、危なげなく終了。

ジュビロ磐田 21 ヴィッセル神戸 (Goal:川又, 松浦)
コレで勝ち点は42
シーズン前に名波監督が掲げていた勝ち点40に到達♪ ま、40あれば、J1残留決定って言って良いんじゃないでしょうか。最低限の目標はクリアですね。
で、願わくば上位半分(9位以上)、あわよくば!?1/3以上(6位以上)を目指したいところです。今現在で6位ですからね、無理な目標ではないと思います。

今年はシーズンを通して、選手が成長しているのを感じます。