タグ: 関ジュビ

Profile

25年前のころの夢、覚えていますか?|Jリーグ25周年

5月15日はJリーグの日」。今から四半世紀、25年前の1993年5月15日、Jリーグがスタートしました。

カップ戦では、1992年にヤマザキナビスコカップが開幕していましたが、正式にリーグがスタートしたのが93年。

テレビで観ていて、あぁ、こんな時代が来たんだなぁ...って、しみじみ感動したのを覚えています。
だってサ、それまで日本のサッカーって、ガラガラのスタジアムだったし。
「元祖サッカーの街・藤枝」で育った私。生活の周りにサッカーがあったワケですけど、そんな藤枝でも、市民サッカー場はメインスタンドだけで、ゴール裏は立ち見、そんなスタジアムでそこそこ大きな大会やっているのを見て「何も、こんな貧疎なスタジアムでやらなくても…」なんて思っていました。でも、大学に入って、静岡県外に出て分かったのは、そんな藤枝市民サッカー場でも、当時は全国的に珍しい、芝のサッカー専用グランドだったんですよね。いかに静岡がすごいかって、思い知らされました。
逆にいうと、静岡以外では、サッカーなんて、まだまだ市民権を得ていないスポーツだったから、「サッカーのプロリーグなんて、成立しないでしょ」程度に感じていた私。
24年前の、あの満員のスタジアムをみて、ビックリでしたね。

 タケちゃんがいたからサッカーにハマった???

25年前、何してました??どんな夢、持ってました?

当時大学生だった私。学籍番号が近かった、タケちゃんこと、竹内クンが上述のJリーグ開幕戦(ヴェルディ川崎vs.横浜マリノス@国立)のチケットを持ってたんですよ。学生実験のときに、タケちゃんが自慢げにチケット見せてきたのね。開幕戦だから記念になるようにって、名前入りだったんですよ。
「おー!タケちゃんスゴイやん!!どうやって手に入れたの!?」って、クラスのみんなでビックリしたの、今でも覚えてます。プラチナチケットでしたよね、あの当時。
今みたいにネットも普及してないし、コンビニ端末もなかったから、ひたすら固定電話でリダイヤル。もちろん、携帯じゃなくて固定電話。「只今、回線が大変込み合っております。しばらく経ってからお掛け直しください。」ばかりで、なかなかつながらなかったんですよね。いやぁ、懐かしいワ。

今思うと、あのタケちゃんのチケット見た感動がなかったら、サッカー観戦にハマって居なかったかも!?
そんなタケちゃん、「あいつ今、何してる?」状態だけど...

 Jリーグ25年、関ジュビは20年

東京の大学から大阪の大学院に進学した私。
一年遅れでジュビロ磐田はJリーグに昇格していて、観戦に行ってはいたものの、いつも一人でした。

当時、パソコン通信全盛時代で、Jリーグ・ジュビロ部屋で、関西からの発言が多かった時期があったんですよね。そこでオフ会やったら、面白いかも!?で、呼びかけたのが、関ジュビこと、関西ジュビリスト
↑正式にいうと、最初に呼びかけてくださったのは、今でもお世話になっているMッカミさん。そのときは、人数が集まらなくて流れてしまったんだけど...
Kansai-Jubilist Animation
で、晴れて第一回の関西ジュビリスト・オフ会を開催したのが1998年1月24日。だから、もう少しでカレコレ20年。この20年で、私も含めて、転職・転勤・結婚・出産…みなさん、いろんな人生のステージの変化がありつつも、今も一緒にスタジアムで観戦できているって、幸せですよね、私って。
関ジュビの皆さん、ありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします

 なぜかご縁のある藤吉信次さん

私のJリーグ初観戦1993年のヤマザキナビスコカップ(今のルヴァンカップ)準決勝。ヴェルディ川崎 vs. 横浜フリューゲルス
’93Jリーグヤマザキナビスコカップ 準決勝
↑公式記録はこちらをクリックしてくださいね。

このとき一緒に観に行ってくれた、M永とは、今でも一緒にサッカー観戦してます。
この試合で2ゴールを決めたのが、当時、カズさんや武田などと共にヒーローだった、藤吉信次さん。満員のスタジアムで決めた藤吉、明るいキャラクターで、各種報道でもよく取り上げられていました。

14年の月日を経た2007年、北九州に転勤となった私。チャリで15分くらいのスタジアムを本拠地とする、Jリーグを目指しているチームがあると知り、観に行くと、あの藤吉さんがいる!しかも監督は与那城ジョージさん!!もうね、懐かしくて、一発でハマりましたね。そう、そのチームこそ、今のギラヴァンツ北九州。当時はニューウェーブ北九州と言う名前で、九州リーグで戦っていました。

試合告知のチラシ配りもやりました。JFL昇格した初年度は、応援番組のボランティアスタッフもやりました。プロサッカーチームがJリーグに昇格していく課程を、かなり間近で見ることができたのは、良い経験だったと思います。
↑リアル「さかつく」を間近で経験したって感じでしたヨ。

まさかね、そこから10年も経たないうちに、J2の舞台で、ジュビロ磐田vs.ギラヴァンツ北九州の対戦が実現するなんて、夢にも思わなかったけど

なんかいろいろ思い出して懐かしいな。今日は、久しぶりにJ’s Themeでも聞いて寝ることにしまーす。

20160917試合結果

昔、ナショナルクラシコ、今はJ2!?

行ってきました、カシマスタジアム
どのルートで行くのか悩ましいところですが、連休だからバスだと渋滞に捕まりそうだし、特急乗るとコストがかかるし...結局、JRと京成線を乗り継いで鹿島神宮まで。
ちなみに川崎ですと...
川崎(東海道線)→ 新橋 →(山手線)→ 日暮里 →(京成線)→ 京成成田 →(徒歩)→ JR成田 →(成田線)→ 佐原 →(鹿島線)→ 鹿島神宮 →(鹿島線・鹿島臨海鉄道)→ カシマサッカースタジアム
↑このルートが(恐らく)最安値でちょうど2,000円(ICカード使用)です。
3時間以上かかりますけどネ。
注意点としては、鹿島神宮駅はSuica・Pasmoの読み取り改札機がないこと。下車時のみ、駅員対応で処理はして頂けますが、出口渋滞は避けられません。

少し時間に余裕を持って出て、予約しておいた鹿島神宮の近くの宿にチェックインして荷物を置いて一休みしてからスタジアムへ。
友人が先を確保していてくれました(ありがとう!!)。
カシマスタジアムと言えば、モツ煮もつ煮込みを食べなきゃ。

もつ煮@カシマ
もつ煮@カシマ

大が500円で小が300円(いずれも税込み)。ちょっとビックリしたのは、電子マネー(Suica、Edy等)が使えたこと。スマホのおサイフケータイ使っている私からすると、財布から取り出す必要がないってのはとっても助かります。
写真のは大。具がたっぷりで、すっごい深い味なの。
そしてモツが柔らかい。モツって、何度も何度も噛み噛みして飲み込むイメージですけど、奥歯でスッと崩れる感じ。
そして野菜もやわらかいし、味が染み込んでいます。大根なんて、見た目からして染み込んでいるのがわかりますもん。もちろん味も最高! 野菜を噛んだときにジュワッと出る感じが贅沢ですね。
これで500円って、もんのすっごいコストパフォーマンス♪

カシマサッカースタジアム
カシマサッカースタジアム

さてさてスタジアムですが、カシマはサッカー専用なので、とっても見やすいです。2002年の日韓ワールドカップの際に増築されて、大きなスタジアムになりました。
天気が心配だったので、屋根の下になる上の方の席を確保してもらったのですが、それでも全然遠くないし、フィールド全体を見渡せて、お得な席って感じました。

肝心の試合ですが...なんか、イマイチ 
遙か昔の大昔ですけど、鹿島アントラーズ vs. ジュビロ磐田の対戦カードって、ナショナルクラシコなんて言われたこともあったくらいのハイレベルなゲームだったワケですよ。Jリーグを代表する二つのチームだったワケ。
でもなんか今回のは、正直、荒れていて、美しくなかったなぁ...
アントラーズも決して調子は良くないように見えました。パスがあまり合ってなかったし、きっとチーム状況は良くないんだろうなーって、見て取れるプレーが多々ありました。
が!それを上回る酷さだったのがジュビロでした。

先制点は鹿島、コーナーキックからフリーでヘディング打たれて、綺麗に決められちゃいました。入りは悪くなかっただけに痛い失点でした。
でもそこからが、ジュビロ磐田らしからぬ...いや、悪いときのジュビロらしいって言うのかな。とにかくシュート打てないし、パスも通らないし、セカンドボールは取れないし...観ていてイライラ募ります。
そのイライラに輪を掛けたのが審判。なんか意味不明なの。あ、磐田に対してもそうだったし、鹿島に対してもネ。

で、そんな審判にPK取られて2点目を献上。さらに相手のFKで、ジュビロDF陣、クリアどころかナイスヘッド!?のオウンゴール...気づけば3失点。
さらには終盤、パパドプーロスに2枚目のイエローで退場。もうこうなると、守ってカウンターしかないし、それだけの体力残ってなかったし...

20160917試合結果
20160917試合結果

鹿島アントラーズ 30 ジュビロ磐田

と言うことで試合終了。なんか、J2の試合を見せられたって感じです。
磐田も鹿島も、なんだか雑なんですよね、ナショナルクラシコとは程遠い内容でした。J2同士の、戦術とか関係なしの、削り合いの試合って感じで、観ていてあまり気分の良いものではありませんでした。確かに酷い審判ではありましたが、仮に正当なレフェリングが行われていたとしても、結果は変わらなかったのではないかと思います。
こう言う試合でもしっかり点を取り、勝利をものにする辺り、鹿島というチームのしたたかさを感じると共に、磐田の弱さを感じてしまいました。

さーて、これから、湘南、新潟、名古屋と本気の大一番の三連戦!!!
絶対に負けられない戦いがそこにある!
カシマで観戦された皆様、お疲れ様でした。

流れを変える方法

悪い流れを変えよう!

味スタ遠征された皆様、お疲れ様でした。
私、何せ病み上がりなので、ゆっくり二階席からの観戦でした。

味の素スタジアム
味の素スタジアム

でもさすがJ1ですね、J2だったらそもそも二階席が開放されませんからねぇ。

さてさて試合ですが、先発起用に応えたデカモリシ、見事なヘッドでした。
ムリキのPKで追いつかれてしまったけど...ムリキの動きにDFが追いついていないんですよね。振り切られないようにファールするのが精一杯って感じ。
で、東京の流れになりつつあるところで前半終了。

後半の立ち上がり、なんかFC東京の流れになりそうだな...ってところで、小林祐希のミドルシュート! 相手GK、一歩も動けませんでしたもんね。こう言うシュートをバンバン打って行かなきゃ!
と、ここまでは良かったのですが...って言うか、このパターンは勝ち試合でしょ。ここで勝たなきゃダメでしょ。
なんかそこからもう一点を取りに行こうとするのですが、なんか中途半端。
宮崎がねぇ...「攻撃ストッパー」になってしまっているんですよね。せっかく前線にボールが出そうになるところなのに宮崎のところで一旦ボールが止まって、一通り周りを見渡してバックパス...下手したらGKのところまで戻ってしまうし。

で、そうこうしているウチに再びのムリキのゴールで同点。
前半8分に磐田先制、前半29分に同点、後半7分にリード、後半25分に同点と、スコアの流れは前半・後半、同じような展開。

後半30分、FKからモリシのゴールでリード!っと思いきやオフサイド...惜しかったねー。
そこからは両チーム選手の疲れが見えていましたよね。
で、なんかジュビロの選手達、あっちにフラフラ、こっちにフラフラと振り回されて...そして90+1分にユインスのJ1初ゴールで逆転...

結局、そのまま試合終了。
20160807試合結果
FC東京 32 ジュビロ磐田(Goal: 森島, 小林祐希)
こう言う展開で勝点3はおろか、1すら上積みできなかった...なんか悪い流れですね。
「流れ」を変える方法が欲しいところです。

と言うことで、ちょっと宣伝!?
正に”「流れ」を変える方法”、と言う  本が発売されています。以前、研修でお世話になったセンセなのですが、ひょんなご縁が続いている方の書籍。
コレね、なかなか面白いのよ。
真面目に紹介すると、コーチングのスキルアップにつながる書籍。
軽く紹介すると、なんとなくのモチベーションをコントロールするのに良いかなー、こんな感じの本。


Amazonをご利用の方はこちらの画像をクリック↑


楽天をご利用の方はこちらの画像をクリック↑

そんなに堅苦しい本じゃないので、是非、お読みください

Profile

新サイト・オープン♪

突然ですが、新サイトをオープンしました!
↑って言うと、すっごいことに思えるかも知れませんが、少々の問題を抱えてしまいまして、その解決のためにと言うのが本当のところ。

どんな問題かって言いますと、今までのブログ、データベースの容量一杯に近づいてきてしまいまして...
サーバー業者さんに問い合わせたところ、サポート対象外って言われちゃったし、それなりに知識が得られそうな場所で訊いてみたりしたけど、やっぱりダメそう。
ってことで、サッカー関連の部分だけ切り抜く形で独立させてみました。

ま、よくよく考えると、自然気胸の話とサッカーの話が混在しているのも、なんだか変な話だし。

新サイト名は(グルメ+旅行)×サッカー=サポーター って、長ったらしい、数学的なタイトル。

あ、もちろん、今まで通り、気胸で難聴、でも大丈夫♪ も自然気胸の手術体験談&突発性難聴の入院記録として残しておきますからね。

今更ながら、管理人の自己紹介。

ジュビロ磐田大好きです。
静岡県藤枝市出身、このチームのとある関係者の方と、中学時代同窓生(クラスは違うが学年は同じ)でした。友達でもなんでもないですけどネ。
大学院時代、関西に住んでいました。某パソコン通信のJリーグ・ジュビロ磐田の板で関西方面からの投稿が続いたことがあって、そのときに呼びかけて開設したのが...
関西ジュビリスト|ジュビロ磐田サポーター
↑ 関西ジュビリスト、通称「関ジュビ」。
気づいたらジュビロ系サイトでは老舗となってしまいました。
ギラヴァンツ北九州も応援しています。
転職と転勤で全国を転々としている管理人、一時、北九州市の八幡西区におりました。
近所のスタジアムを本拠地としているチームがJリーグを目指していることを知り、スタジアムに通いました。
そのチームこそ、ニューウェーブ北九州。今のギラヴァンツ北九州でした。
食べ歩き大好きです。
平日はお昼休みに会社の周りを、休日は自宅周辺で、食べ歩き。
もちろん、旅行の際は、その土地のものを食べ歩きます♪
旅行大好きです。
大好きって言う割には、最近は、それほど行けてないのですが...
年に数回はサッカー観戦とグルメ旅行を兼ねて、飛び回っています。
メール魔です。
自他共に認める、熱狂的な!?メール魔です。ネットサーフィンも大好き♪
暇があれば、パソコンかスマホをいじくっています。
趣味と実益を兼ねて!?パソコンやリアルなお買い物でポイントを貯めて、商品券や電子マネーに両替して、グルメや遠征の費用にしています。
お気軽お小遣い稼ぎ|ポイント生活3倍お得♪
↑ 詳しくはこのサイトをご覧ください。

と言うことで皆様、改めまして、よろしくお願いします 

ヒラマサのお刺身

相州長屋 湘南平塚店

湘南ベルマーレ vs. ジュビロ磐田 観戦の帰路、反省会。

19時に湘南BMWスタジアムでキックオフ、終わってバスに乗って平塚駅に着いたのが21時半くらい。
意外とこの時間から入れるお店って少ないんですよね、駅ビルのラスカは22時で閉まってしまうし...
こちらのお店も22時までですが、ちょっとだけ待っていてくれました、こう言うところが、助かります!!

場所は平塚駅の北口から徒歩1分、スタジアムからのシャトルバスの下車バス停からも1分です。
和風の佇まいで、中も落ち着いた雰囲気、なかなか良い感じです。

お刺身は旬のものを揃えていて、美味しかったです。

ヒラマサのお刺身
平政のお刺身

特にヒラマサなんか、肉厚で、贅沢な気分になれました。

意外と言っては失礼ですが、鉄板に乗って出てきた焼き餃子、カリカリの衣で、噛んだらジュワ~っと肉汁が出てきて、とーっても美味しかったです。

鉄板焼き餃子
鉄板焼き餃子

今回は食べられなかったけど、自家製出し巻玉子とか、じゃがバター焼きなども「あつあつ鉄板」のメニューにありました。鉄板に乗ってアツアツで出てきたら、ぜーったいに美味しいと思います。

ドリンクも、お酒、焼酎、いろんな種類があって、今度はゆっくり飲食できたらなって思います。
そのためには、まずはジュビロ磐田のJ1残留が必須です!!

【店舗のサイト】 相州長屋 湘南平塚店

【ぐるなび】 相州長屋 湘南平塚店

【食べログ】 相州長屋 湘南平塚店

【HOT PEPPER】 相州長屋 湘南平塚店

ごちそうさまでした。