タグ: 藤枝myfc

試合結果|北九州 1-1 藤枝

プレーに感じるメッセージ|北九州 1-1 藤枝

9月最後の週末、うーん...予定では、秋晴れの中の九州遠征のハズだったのですが...
遠征が近づくのと合わせるかのごとく、台風24号が近づいてきまして、こりゃ大変!

台風24号接近中! 皆様、ご無事でしょうか?
↑詳しくはこちらをお読みくださいね。

ミクニワールドスタジアム北九州
ミクニワールドスタジアム北九州

さて、詳しい遠征の顛末はともかくとして、久しぶりのミクスタ
何度行っても良いですね、サッカー戦用のスタジアム。試合前から雨脚が強まってきたのですが、ホーム側ゴール裏・メインスタンド・アウェイ側ゴール裏と屋根があるので、傘もポンチョも使用せずに済んだのでした。

北九州vs藤枝|ミクスタ北九州
北九州vs藤枝|ミクスタ北九州

こう言っては失礼ながら、両チーム今年は低迷も低迷、J3の下位対決...
北九州は5勝5分12杯の勝点20で16位、対する藤枝は6勝3分13敗の勝点22で15位
どちらのチームもシーズン途中の監督交代を経て、浮上を狙っているものの、なんとも調子に乗りきれない感じ。

さてさて試合ですが、なかなかどうして、一進一退の好ゲーム。
レベルも低くないですよ、下手なJ1よりよっぽど面白いし、よっぽどレベルが高い

前半はどちらかというと藤枝のペース。よく走り回ってました。
DFの合間に走り込んで後ろから奪い取ってシュートまで持って行ったり、大きなサイドチェンジを使ったり...
ゴールが生まれるとしたら藤枝かな、そう思いかけた前半38分に北九州のコーナーキック。

CHANCE|ミクスタ北九州
CHANCE|ミクスタ北九州

↑この写真の直後、コーナーキックから後ろ向きに走りフリーになったミスター北九州、池元がヘディングを決めて先制...かと思ったら、惜しくもオフサイド...いやー、コレは微妙だったなー...
で、結局、前半は0-0で終了。

後半も、なんとなくの雰囲気として藤枝ペース。ボールも人も動いていました。
そんなこんなの後半13分。
左サイドの敵陣中央から藤枝の光永がクロスを供給。DFが下がりながら頭でクリアすると、ファーサイドに流れたボールに反応した浦田が...

GKにヘッドでパスしようとしたのか、はたまたクリアしようとしたのか、どちらかはわかりませんが、結果としてGKの頭を越えてゴールの中へ。懸命に戻った有薗が頭でクリアするも、クロスバーに当たってネットを揺らして藤枝が先制...

で、ここからがお互いの力と力、意識と意識の大激突。
北九州は、ダヴィ、川島大地、フェホと攻撃的な交代をしかけてもう、パワープレー状態。ダブルボランチだったのをボランチ1枚にして、とにかく前へ、の姿勢。
↑分かり易い交代ではありますけど、とにかく迫るという監督の意志を感じます。またそれに応えようと人もボールも動かす北九州。
プレーを見ていてメッセージが伝わって来るんですよ。闇雲に蹴っているんじゃなくて、パスを通す、サイドチェンジする、クリアする...なんかね、久しぶりにプレーにおけるメッセージというのが伝わる試合を観ることができました。
対する藤枝も、守り切るんじゃなくて追加点を取りに行く姿勢。ま、時間があるしね。

そしてこのまま藤枝が1点リードで終えるのかな...と思い始めた後半45分

右CKのこぼれ球を拾った内藤が右サイドの敵陣深くからクロスを供給する。ファーサイドでフェホがヘディングシュートを放つも藤枝DFがクリア...
そのクリアボールを拾った池元がペナルティエリア左から右足を振り抜くとボールは右のポストに当たってゴールに吸い込まれ、同点!

アディショナルタイムは3分。
もちろん、両チーム同点で終わって良いなどと考える選手はおらず、必死の攻防。
でも結局、ゴールは奪えず...

試合結果|北九州 1-1 藤枝
試合結果|北九州 1-1 藤枝

ギラヴァンツ北九州 11 藤枝myfc(Goal:池元)

結局、両チーム勝ち点1を積み上げるしかできなかったワケですが、観ている側からすると大満足ですよ。
勝ちたいっていう意志は伝わってきたし、プレー一つ一つにメッセージを感じるものだったし。
J3、捨てたもんじゃないよ。

で、試合を終えて博多に移動。
予定では、30日に福岡から静岡空港に飛んで磐田vs.湘南戦を観戦するつもりだったのですが...

台風24号接近中! 皆様、ご無事でしょうか?
↑詳しくはこちらをお読みくださいね。

ユニフォーム+タオルマフラー

2018シーズン初勝利♪|藤枝 1-2 北九州

祝日の水曜日♪ 明治安田生命J3リーグ第3節、北九州はアウェイ藤枝
幼稚園から高校まで過ごした心のふるさと藤枝だし、まだ今シーズン、ギラは観戦していないから、天気が良くて、気分が乗っていたら遠征しようかな、なんて考えていたのですが...

川崎市、朝から雪! ちょっと暖かくなってきた時期だけにビックリですよ。
ってことで、もう気分が萎えちゃって(軟弱な私ネ)、遠征断念。
13時キックオフ、藤枝総合運動公園の試合はDAZNでテレビ観戦。

メンバーを見てみますと、開幕戦から二人入れ替え。フォーメーションは4-2-3-1で別に驚きはないのですが、驚いたのはベンチ
ビックリメンバーがいたとかいう話じゃなくて、ベンチのメンバーが5人しかいない! うーん...7人ベンチに入れるのに5人ってことは、節約モード!?
決して予算が潤沢なチームではないのは理解していますが、ちょっと寂しい事実。

さて、試合ですが、開始早々に動きます。
前半4分のギラヴァンツ北九州、右サイドのペナルティエリア手前からがクロスを上げて、逆サイドで走り込んだのは安藤。滑り込みながらペナルティエリア内でシュートを打つと、キーパーに触られはしましたが、ボールはゴールの中へ! 良い時間帯で先制できました♪

でも、そこからは藤枝の時間帯が長かったかな。ボールも人も、動いているのは藤枝。さすが、元祖サッカーの街(って、ちょっと宣伝)。
少しずつペースを掴んできた藤枝、前半27分。ダイレクトパスとスルーがポンポンポンッとつながって、最後は藤枝の大竹。ペナルティエリア中央から右足で打ったシュートはゴールの右隅へ...同点
前半の残りの時間もどちらかというと藤枝ペース。でも、決定機はつくらせない北九州。今日の北九州DF陣、集中してましたよ!
で、前半は1-1で折り返し。

後半は両チームメンバー交代なしで始まり、一進一退。
ペナルティエリアの外では、それなりに形になるのですが、エリア内で決定機はつくらせない両チーム。両チームの守備の集中力が目立った試合と感じました。

こんなときは意表を突くミドルシュートか、セットプレーかな、なんて思い始めた後半36分、ペナルティエリア右脇で北九州のFK。蹴るのは浦田。左足で直接ゴールを狙うと、綺麗なカーブを描いてゴールの右隅へ。待望の勝ち越し点!!いやホントに綺麗。このFKはJ1クラス♪
なんか両チームともに、相手のDFを崩しきれずに硬直状態でしたからね、この追加点って1点という得点以上に大きかったですね。

で、そのまま守り切って...
藤枝MYFC 12 ギラヴァンツ北九州(Goal:安藤, 浦田)
今シーズン初勝利です♪

アウェイだし、結構、調子よさそうな藤枝相手に勝ち点3を奪えたこと、大きな意義があると思います。
ここから連勝で上位へ、そしてJ2へ!!

試合結果|YSCC横浜 1-1 藤枝myfc

観客740人のナイスゲーム!|YSCC 1-1 藤枝

三連休だと言うのに、J1のない週末...なんか、寂しいですよね。
Jリーグの日程、確認していたら、地元、藤枝myfcがアウェイYSCC戦ニッパツ三ツ沢は我が家からdoor to doorで1時間、こりゃ行くしかないっしょ。
17:00キックオフ、まだ西日がキツイ時間帯ですね。いつもなら、横浜駅から三ツ沢まで、歩くところなのですが、駅を出て、あまりの暑さに断念 バスに乗って三ツ沢へ。

ニッパツ三ツ沢球技場:メインスタンド上段より
ニッパツ三ツ沢球技場:メインスタンド上段より

やってきました、ニッパツ三ツ沢球技場♪
サッカー専用なのが良いですよねー。フィールドが近いし。
一応、少しは意識しているチームなので、メインスタンドのアウェイ側へ。バックスタンドおよびゴール裏は解放されませんでした。
藤枝から遠征された方、関東在住の藤枝ご出身の方などで、藤枝側にも150名くらいは入っていたと思います。

さてさて試合ですが、藤枝のリズムの前半でした。ボールの支配率は、白のユニフォームの藤枝が高かったと思います。
そこそこシュートも打っていましたが、いかんせん、枠の中に行かない...YSCCも良く守っていましたが。
怖いのは、時折、仕掛けられるYSCC横浜の速攻。一気に前掛かりになってシュートまで持っていく、あの力は脅威ですね。
結局、前半は0-0で終了

後半の入りは、一転してYSCC横浜の時間。中盤でのセカンドボールはYSCC横浜が拾うシーンが多く見られました。フリーでシュートを打たれる場面もいくつかみられ、ひょっとしたらYSCC横浜に先制点...そんな空気が流れていました。
そんなこんなの後半21分、敵陣中央の右からYSCC横浜が逆サイドへロングボールを送ると、そこにはフリーの吉田。もうこのパスが通ったところで、勝負あった!って感じです。

胸トラップからペナルティエリア内へ進入してGKの体制を確認して振り抜いたシュートはゴールの右隅に突き刺さり先制! 綺麗なパス&ゴールでした。

ここからが攻撃と守備がクルクル変わる、目まぐるしい展開
藤枝も怒濤の攻撃で、必死にゴールを目指します。でもYSCC横浜のDF&GK、集中していましたね、壁が厚いって感じました。
が!、後半29分、右サイドでボールを受けた藤枝myfc久富。右サイドの敵陣深くからマイナスのクロスをグラウンダーで送ると、マークを外した三好が右足で合わせると...

シュートはYSCC横浜のGKがはじくも、シュートの勢いが勝り、ゴールに吸い込まれ、同点!

残り時間はアディショナルタイムを含めて20分くらい。この20分が、もう激闘というか、死闘でしたね。どちらもチャンスを掴みかけるも、決定機とまではいかない展開。
最後に何回か、藤枝に決定機があったのですが、ここで光ったのはYSCC横浜のGK浅沼、スーパーセーブ連発でした。神がかったましたね。
どちらに転んでもおかしくない展開でしたが...

試合結果|YSCC横浜 1-1 藤枝myfc
試合結果|YSCC横浜 1-1 藤枝myfc

Y.S.C.C.横浜 11 藤枝myfc
結局、同点で終了。

終了直後|YSCC横浜 1-1 藤枝myfc
終了直後|YSCC横浜 1-1 藤枝myfc

試合終了直後は、両チーム選手、フィールドに倒れ込んだり、座ってしまったり...もうね、そのくらい力の限りを出し切った試合でした。

試合後の藤枝側サポーター席。挨拶に来た選手にも、相手チームにも盛大な拍手。
戦いきった満足感と、勝ちきれなかった悔しさとが混ざり合った、ちょっぴり複雑な選手の表情が、なんとも印象的でした。

Nice Game でしたよ!! 観客は僅かに740人でしたけど、こんな良い試合が観られたなんて、なんだか得した気分。そりゃね、なんとなく藤枝が勝った方が気持ちが良いんだけど、ま、好ゲーム見られたし、満足の帰宅でした。

試合結果: 相模原 3-1 藤枝

J3も最終節へ!自動昇格は大分?栃木?

リハビリがてら、相模原に行ってきました。もちろん、  気分転換のサッカー観戦
ギオンスタジアムは一年ぶり。
(別に応援している訳でもないのですが)地元、藤枝myfcとの対戦。今年は一度も藤枝の試合を観てないから、良い機会かなーって思いまして。

ギオンスタジアムは相模原と言っても、正直、辺鄙なところ
電車だと最寄り駅は原当麻(はらたいま)、相模線ね。それか、相模大野、小淵、JR横浜戦の相模原のいずれかからバス。どれに乗っても20分以上。
我が家からだと 鹿島田 → JR南武線)→ 登戸 →(小田急線)→ 相模大野 が乗り換えが少なくて、運賃も安くなりそう。とは言え、小一時間の小旅行。
ちょっとまだ歩くのに不自由があって、物理的に遠いのと、なんかね、精神的にも遠いの。人混みが嫌と言うか、若干怖いと言うか...そんな状態。

相模大野からはこれまた久しぶりにのる神奈中の黄色いバス。路線バスに揺られること25分。
いろいろあって到着はキックオフギリギリでした。

今回はビジター自由席で観戦。ビジター自由ってのは、バックスタンドのアウェイ側の一角とゴール裏の芝生席。

バックスタンド・アウェイ側
バックスタンド・アウェイ側

前半はバックスタンドで観戦。陸上競技場なので、ちょっとフィールドと距離があるけど、それなりに角度のあるスタンドなので、なんとかフィールド全体を見渡せます。

ゴール裏の芝生席
ゴール裏の芝生席

後半はゴール裏の芝生席に移動してみました。こちらは角度がほとんどないので、”向こう側”にボールが行くと、何をやっているのか全くわかりません。
手前側にボールが来ても、角度が無いため前後の感覚が掴みにくくて、オフサイドのような横からの視線が必要なジャッジはわかりません。
北九州の本城陸上競技場とか、水戸のケーズデンキスタジアムとかのゴール裏と似たような感じです。
ま、応援の雰囲気を楽しむところですね、ゴール裏ってのは。

ちなみに試合結果は...

試合結果: 相模原 3-1 藤枝
試合結果

SC相模原 31 藤枝myfc
↑相模原の勝利でした。
この試合は負けちゃいましたけど、今年も藤枝はここまで13勝3分13敗の8位で、これは善戦と言って良いんじゃないかと思います。
あとは観客動員かな...
アウェイ側ゴール裏、人はまばら...J3だし、アウェイだし、ましてや辺鄙なところにある相模原だから仕方がないけど。だからと言ってホームの藤枝総合運動公園サッカー場でいっぱいお客さんが入っているかって言うと、そうでもないし。
それでもね、試合後、選手を温かく見守るサポーターがいたのも事実。

試合後のアウェイ側ゴール裏、選手達には温かい拍手。来年は上位進出を期待しています。

さてJ3リーグは残ることろ1試合となりました。優勝するとJ2に自動昇格、2位ならJ2の21位と入れ替え戦となるワケですが、上位をみてみますと...

順位 チーム 勝点 得点 失点
1 大分トリニータ 58 18 4 7 46 22 24
2 栃木SC 58 17 7 5 36 18 18
3 鹿児島ユナイテッド 50 15 5 9 39 28 11

栃木が負けて大分が勝って、勝ち点58で並びました。得失点差で大分が上回って1位。と言うことで、昇格&入れ替え戦に回るチームの決定は最終節へ持ち越しとなりました。
今年のJリーグ、優勝争い、昇格争い、残留争いがホントに最後の最後まで目が離せなくて、面白いですね。当事者は気が気じゃ無いけど。
だって、J1もJ2もJ3も、ぜーんぶ最終節で優勝が決まって、最終節で残留が決まるんだもん、こんなにドラマティックな一年、ないんじゃないでしょうか。

最終節だし、優勝とか昇格とか、降格とかかかってくるとね、多少無理してでも遠征って方も増えることと思います。
来週末でリーグ戦は終了、さて結果やいかに!?