タグ: 浦和レッズ

Profile

いよいよ週末、最終節!|2017年J1リーグ

本日、ACLの関係で残されていたJ1リーグの1試合が行われまして、結果は...
浦和レッズ 01 川崎フロンターレ
フロンターレが勝利!

この結果を踏まえて、第33節終了時の順位表を見てみますと...

順位 チーム 勝点 得点 失点
1 鹿島 71 23 2 8 53 31 22
2 川崎 69 20 9 4 65 32 33
3 C大阪 63 16 6 8 65 42 23
4 59 17 8 8 48 33 15
5 磐田 57 16 9 8 50 30 20

首位、鹿島アントラーズと2位の川崎フロンターレ勝ち点差は僅かに2
しかも得失点差はフロンターレが有利。
ということで、最終節に...

鹿島が勝利の場合(勝点74)
川崎の結果に関係なく鹿島の優勝

鹿島が引き分け(勝点72)
川崎が勝利(勝点72)⇒得失点差で川崎が優勝
川崎が引き分け(勝点70)もしくは川崎が敗戦(勝点69)鹿島が優勝

鹿島が敗戦(勝点71)
川崎が勝利(勝点72)⇒川崎が優勝
川崎が引き分け(勝点70)もしくは川崎が敗戦(勝点69)鹿島が優勝

と、まぁ、鹿島が有利ってのは間違いないのですが、そうは言っても、自力で優勝を決められるのは勝利の場合のみ。それ以外の場合は川崎の結果次第ですからね、こりゃプレッシャーを感じることでしょう。

最終節の対戦カードは
ジュビロ磐田 vs. 鹿島アントラーズ(磐田)
川崎フロンターレ vs. 大宮アルディージャ(等々力)
いよいよホントに大一番、ジュビロが勝つことを祈って、磐田に馳せ参じる予定の私です。

磐田が勝つということは、鹿島が負けると同意、そうなるとあとは川崎の結果次第。
磐田で川崎の優勝が決まる!?

アウェイ側ゴール裏|埼玉スタジアム2002

先制!逆転され...再逆転!だめ押し♪|浦和 2-4 @埼玉

遅まきながら、行って参りました、埼玉スタジアム2002
明治安田生命J1リーグ、浦和レッドダイヤモンズ vs. ジュビロ磐田

埼玉スタジアム2002|浦和 vs. 磐田
埼玉スタジアム2002|浦和 vs. 磐田

当日は朝から曇天模様、川崎の自宅を出る頃には雨が降り出し...浦和美園に着いた時には、雨は止んでいたものの、開門時間には降り出して、結局、試合中はポンチョ着ての観戦でした。
そんな雨模様でも、約3万5千人もの観客、さすが浦和、さすがレッズ!

アウェイ側ゴール裏|埼玉スタジアム2002
アウェイ側ゴール裏|埼玉スタジアム2002

アウェイ側ゴール裏も、ほぼ埋まってましたよ!!

で、試合ですが、予想に反して(なんて言っては失礼ですが)押し込むジュビロ。ボールを支配して、それなりに形になってシュートも打ってました。最初の15分くらいは磐田の時間でした。
そうは言っても、さすが浦和、さすがレッズ、少しずつペースをつかみ出して、徐々に流れを掴んでくるんですよね、いやぁ、怖い、怖い。
でも、そんなこんなの前半36分に宮崎のFK。ペナルティエリア中央へクロスを入れると、飛び出してきた西川に触れられる前に川又が競り勝ってヘディング。ボールは、ゴール方向にポワ~ンと山なり。これを大井がヘディングで押し込んで、先制! 正直、何が起きたのか、わからなかったのですが、大きな大きな先制点でした。

でもそこで慌てないのが浦和レッズですね。慌てないどころか、さらにペースを上げて、さらに流れを掴んでくるんですから。
なんとか1点リードで折り返したかったのですが、前半43分の浦和のコーナーキック。キッカーの柏木が低い弾道のクロス。ここに走り込んだのが阿部。前方向に走りながら、首をクイッと回転させる感じのバックヘッド。いやー、これね、綺麗でした。代表クラスのゴールは切れ味が違いますよ、敵ながらアッパレ。
嫌な時間に同店に追いつかれて、前半は1-1で終了

選手交代が明暗を分けそうと思ったけど、ハーフタイムには両チーム共に選手交代なし。
そしれ後半11分。武藤からのパスをペナルティエリア手前の中央で受けた興梠が少しための時間を作って、その間に上がってきた阿部へパスが通ると、阿部はペナルティエリア中央から左足でシュート。カミンも足に当ててはいたのですが、シュートのコースも勢いも良かったですよ。ホントね、コレも代表クラス。なんかね、質の違いを見せつけられたった感じ。
こうなると流れは完全に浦和宇賀神に代えて駒井、李に変えてラファエル・シルバを入れて、3点目を取りに来て、そりゃーもー、怖い、怖い...

磐田も宮崎に代えて小川大貴松井に代えて松浦を投入。
そして後半23分。自陣で柏木のパスをカットした川又から前線のアダイウトンへ、クリアのようなパスのような、走らせるようなスルーパス。飛び出した西川のクリアボールがアダイウトンに当たり、ボールはそのままアダイウトンの前に。そのままペナルティエリア内にもって行って、冷静に森脇を揺さぶって振り切って、ネットを揺らして同点!
これね、浦和のダメージ相当だったと思うの。だってね、逆転したところまでは、完璧だし、その後の選手交代もタイミングは最高でしたから。横綱相撲になるかと思いきや、まさかの!?同点。

さらに後半29分。松浦がペナルティエリア手前の中央のアダイウトンと大きなワンツーで中央を突破。松浦はペナルティエリア中央から左足でシュート。なんか、ヒットしないでちょっとダフったのかな、って感じの当たりでしたけど、GK西川の逆を突いて、ゴール!逆転!!
こりゃビックリですよ、今まであまりシュートを打たない印象だった松浦がシュートを打って、しかも決めちゃったんだから。
こうなると浦和は焦るし、磐田はペースが上がるワケですよ。つい6~7分程前まで、完全に浦和の流れだったのが、何かが壊れて、何かが変わった...ウン、スタジアムの雰囲気は完全に変わったね。
直後に浦和のラファエル・シルバ、どフリーでヘディングの決定機だったのですが、枠を外してくれて、助けられちゃいました。焦ったかな???

そして後半35分。アダイウトンからのパスに反応して最終ラインの裏へ抜け出した松浦がペナルティエリア左へ進入。レッズはオフサイドトラップを取ろうとして、取り損ねたんじゃないかな。で、松浦が角度がないながらも、冷静にファーへ決めて貴重な追加点で4点目!!!!この追加点はメチャクチャ大きかったですね。
浦和の選手を慌てさせるのに十分な効果がありました。その後の浦和、決定機というほどのチャンスをつくれず、試合終了。

試合結果|浦和 2-4 磐田
試合結果|浦和 2-4 磐田

浦和レッドダイヤモンズ 24 ジュビロ磐田(Goal:大井、アダイウトン、松浦2)
この勝利は大きいです。アウェイの3万5千人の観客の前で4得点。勝ち点3も大きいですが、得失点差+2、ゴール数2を積み上げることができたのも大きいです。
相手のペースになりかけたのに逆転勝利できたって、今後につながる勝利ですよネ♪

選手もゴール裏のサポーターも、皆、笑顔。
終わって帰宅したら、かなり遅い時間帯になりましたけど、勝利の後は疲れ知らずの身体なのですヨ。

スタジアムに行かれた皆様、お疲れさまでした。
これだから、生観戦、遠征って止められないんですよネ

病室でテレビ観戦

そしてJ1残留争いは最終節へ|磐田 0-1 浦和

エコパで観戦・応援されたサポータの皆様、お疲れ様でした。
磐田は残留がかかり浦和は2ndステージ優勝がかかった、これまた大一番。なかなかのナイスゲームでしたよね。正に死闘でした。
両チーム3枚ずつ交代カードも使った総力戦
どちらかと言うと押され気味の展開でしたから、心臓バクバク

病室でテレビ観戦
病室でテレビ観戦

ベッドの隣には食事をしたり、ちょっとした作業をしたりするためのテーブルがあって、そこに薄型テレビが付いています。テレビカードを挿入すると、テレビが見られて、冷蔵庫も使えるって言う、コンパクトにまとまったシステムがあるのですが、テレビ観戦の様子をパシャリと撮ったのが上の写真。
左上の四角い機械は溶存酸素と脈拍を計測する機械
もうね、こんなドキドキの展開でしょ、心拍数が上がるの、正に目に見えてわかるよの。
私の平穏時の脈拍って、60~70くらいなのね。それがテレビ観戦中は100超えの瞬間もありましたもん。いつもの1.5倍の速さ! いやぁ、心臓によろしくないね
で、結果ですが...

ジュビロ磐田 01 浦和レッズ
うーん...堪えきれなかったって感じですね。
でもね、浦和のゴールは綺麗だった。あれは決めた武藤を誉めるべき。いけないのはノーゴールってこと。まぁ、先制される展開になると、難しいけどね...
個人的には、一枚目の選手交代に疑問です。アダイウトンは良い動きをしていたし、今までの試合の斎藤を見ていて、ゴールの匂いはしなかったし、むしろ二枚目の松浦を先に出すべきだったのでは?
結果論と言われればそれまでですけど。

本日の他会場、甲府も新潟も名古屋も敗戦...悪い流れにいるチームってのは、こう言うものなのですね...
と言うことで、本日の2nd-stage第16節終了時の年間順位を見てみますと...

順位 チーム 勝点 得点 失点
13 ジュビロ磐田 33 7 12 14 36 50 -14
14 ヴァンフォーレ甲府 31 7 10 16 32 57 -25
15 アルビレックス新潟 30 8 6 19 33 48 -15
16 名古屋グランパス 30 7 9 17 37 55 -18
17 湘南ベルマーレ 24 6 6 21 27 55 -28
18 アビスパ福岡 19 4 7 22 26 62 -26

J1リーグ残留争いは、どのチームも抜け出せないまま、最終節に持ち越しとなりました。
残り1試合なので、磐田は勝ち点1でも積み上げれば残留ですね。
ただ敗戦の場合は、得失点差次第と言うことになります。もうね、引き分け狙いなんかダメだからね、勝ち点3、勝利できちんと残留を決めましょうね!!
勝利を祈って、仙台に行きたいけど...厳しいかな、今の体調だと。
↑明日、判断を下します。

埼玉スタジアム2002

レッズがFマリノスの傘下に!?

ここ数日、新聞からもニュースからも消えることの無い企業...それは三菱自動車
燃費データの偽装、しかもかなりの長期だし、なんだかガッカリと言うレベルではなく、怒りのレベル  ですね。

だってサ、十数年前のリコール隠しの時にあれだけ世間に叩かれて、あれだけ痛い目にあったって言うのに...
世間からするとサ、

またかよ!

でしょ。この思い、私だけじゃないよね。
リコール隠しの時、死亡事故まで起きてたワケじゃない。
このニュースを見た遺族の気持ちたるや...私が想像できるものではないでしょうね。

燃費ってサ、車購入の決定事項の上位に入る項目だよね。
それを偽装、しかも長期間の偽装って...何考えてんだろ、三菱自動車。天下のスリーダイヤに真っ黒けの泥塗ったね。

ところでこのニュースに関連して、もう一つ気になるニュース。

どうなる浦和と横浜マ 三菱自と日産が資本提携

三菱自動車と日産が提携、日産側が三菱自動車の筆頭株主になるなんて話し。

浦和レッズのメインスポンサーさんは三菱自動車。チームカラーの赤は三菱のスリーダイヤの色。ニュースによると、50.625%の株を保有しているとのこと。過半数ですね。

横浜Fマリノスの筆頭株主は日産自動車74.59%の株を保有とのことですから、3/4ですね。

Jリーグの規約ではクラブの経営に関与できるほどの株式保有比率の高い企業が、ほかのクラブの株式を大量に保有することが禁じられているんだそうです。

何せまだ新しいニュースなので、Jリーグ側も調査中と応えるしかない状態でしょうけれど、規約に違反する可能性もあるとのこと...さーて、どうなりますことやら???

埼玉スタジアム2002
埼玉スタジアム2002

何せ、あの大きな埼玉スタジアムに4万とか5万とか入れてしまう、超優良チームですからね、浦和レッズさんって。

個人的な希望としては、Fマリノスレッズも、もっともっと株を開放して、筆頭株主の比率を下げて欲しいな。それでこそ、おらが街の、おらがチームでしょ。
企業チームじゃないくてサ、市民球団を目指そうよ
スタジアムがどうとかサ、外面の話じゃなくて、内面を強化しようよ。



サッカー練習法DVD

磯盛り@庄や

庄や 浦和美園店

浦和レッズ vs. ジュビロ磐田 観戦後の祝勝会!!で利用。
浦和美園駅のロータリーにある、駅から最も近い飲食店の一つです。
かなり便利な立地であることと、何せ熱心な熱心なレッズサポーターの地元ですから、Jリーグ観戦後の利用の際には予約は必須と考えた方が良いでしょう。
予約した際にお店の方に言われたのですが...
『サッカーのある日は、料理やドリンクの提供が遅くなることがあるので、入店したら早めに注文お願いしますね。』
↑とのこと。やはりサッカー観戦後は超満員です。

ありがたいことに、襖で仕切られた個室になっているので、あらかじめ「アウェイチームのサポーターです」と伝えておけば、赤い軍団の方々と仕切られた空間でゆっくり、落ち着いて1?飲食することができます。
2時間ほど滞在していましたが、そんなに言うほど、料理やドリンクの提供時間、遅いとは感じませんでした。それなりにお店もスタッフを増強しているのでしょうね。
肝心のお料理ですが...

・お通し(多分、日替わり)
たこ焼きと枝豆でした。この組み合わせ、結構、良いですね。形からして、両方ともチルド商品を加熱したものと思われますが、でも十分、美味しかったです。

・磯盛り

磯盛り@庄や
磯盛り@庄や

海無し県の埼玉県ですが、そんなの関係なしですね。普通に美味しいお刺身でした。かなり良い食感でしたので、質の良いお魚、使っていると感じました。

・九条ネギ餃子
鉄板で提供してくれました。薄皮でパッと見たところ貧弱でしたが、食べるとジューシー♪ 肉汁がジュワ~っと広がってイケてます!

・かつお風味焼きうどん

焼きうどん
焼きうどん

かつおぶし山盛り、鉄板で提供してくれたので、上で鰹節が踊ってます。香りも味も良かったです。モチモチ食感のうどんにカツオの香りに馴染んだお野菜等々、シメに最適です。

他にも、きゅうりの一本付けだし巻き玉子なども頂きました。
ドリンクはビール、ソフトドリンクはもちろん、日本酒や焼酎の銘柄が結構多く、いろいろ楽しめました。かち割りグラスワインもありましたよ。

一言で言うと、よくある居酒屋でレベルが高い方、こんな感じです。

【店舗のサイト】 庄や 浦和美園店

【ぐるなび】 庄や 浦和美園店

【食べログ】 庄や 浦和美園店

【HOT PEPPER】 庄や 浦和美園店

ごちそうさまでした。