タグ: メインスタンド

試合結果|北九州 1-1 藤枝

プレーに感じるメッセージ|北九州 1-1 藤枝

9月最後の週末、うーん...予定では、秋晴れの中の九州遠征のハズだったのですが...
遠征が近づくのと合わせるかのごとく、台風24号が近づいてきまして、こりゃ大変!

台風24号接近中! 皆様、ご無事でしょうか?
↑詳しくはこちらをお読みくださいね。

ミクニワールドスタジアム北九州
ミクニワールドスタジアム北九州

さて、詳しい遠征の顛末はともかくとして、久しぶりのミクスタ
何度行っても良いですね、サッカー戦用のスタジアム。試合前から雨脚が強まってきたのですが、ホーム側ゴール裏・メインスタンド・アウェイ側ゴール裏と屋根があるので、傘もポンチョも使用せずに済んだのでした。

北九州vs藤枝|ミクスタ北九州
北九州vs藤枝|ミクスタ北九州

こう言っては失礼ながら、両チーム今年は低迷も低迷、J3の下位対決...
北九州は5勝5分12杯の勝点20で16位、対する藤枝は6勝3分13敗の勝点22で15位
どちらのチームもシーズン途中の監督交代を経て、浮上を狙っているものの、なんとも調子に乗りきれない感じ。

さてさて試合ですが、なかなかどうして、一進一退の好ゲーム。
レベルも低くないですよ、下手なJ1よりよっぽど面白いし、よっぽどレベルが高い

前半はどちらかというと藤枝のペース。よく走り回ってました。
DFの合間に走り込んで後ろから奪い取ってシュートまで持って行ったり、大きなサイドチェンジを使ったり...
ゴールが生まれるとしたら藤枝かな、そう思いかけた前半38分に北九州のコーナーキック。

CHANCE|ミクスタ北九州
CHANCE|ミクスタ北九州

↑この写真の直後、コーナーキックから後ろ向きに走りフリーになったミスター北九州、池元がヘディングを決めて先制...かと思ったら、惜しくもオフサイド...いやー、コレは微妙だったなー...
で、結局、前半は0-0で終了。

後半も、なんとなくの雰囲気として藤枝ペース。ボールも人も動いていました。
そんなこんなの後半13分。
左サイドの敵陣中央から藤枝の光永がクロスを供給。DFが下がりながら頭でクリアすると、ファーサイドに流れたボールに反応した浦田が...

GKにヘッドでパスしようとしたのか、はたまたクリアしようとしたのか、どちらかはわかりませんが、結果としてGKの頭を越えてゴールの中へ。懸命に戻った有薗が頭でクリアするも、クロスバーに当たってネットを揺らして藤枝が先制...

で、ここからがお互いの力と力、意識と意識の大激突。
北九州は、ダヴィ、川島大地、フェホと攻撃的な交代をしかけてもう、パワープレー状態。ダブルボランチだったのをボランチ1枚にして、とにかく前へ、の姿勢。
↑分かり易い交代ではありますけど、とにかく迫るという監督の意志を感じます。またそれに応えようと人もボールも動かす北九州。
プレーを見ていてメッセージが伝わって来るんですよ。闇雲に蹴っているんじゃなくて、パスを通す、サイドチェンジする、クリアする...なんかね、久しぶりにプレーにおけるメッセージというのが伝わる試合を観ることができました。
対する藤枝も、守り切るんじゃなくて追加点を取りに行く姿勢。ま、時間があるしね。

そしてこのまま藤枝が1点リードで終えるのかな...と思い始めた後半45分

右CKのこぼれ球を拾った内藤が右サイドの敵陣深くからクロスを供給する。ファーサイドでフェホがヘディングシュートを放つも藤枝DFがクリア...
そのクリアボールを拾った池元がペナルティエリア左から右足を振り抜くとボールは右のポストに当たってゴールに吸い込まれ、同点!

アディショナルタイムは3分。
もちろん、両チーム同点で終わって良いなどと考える選手はおらず、必死の攻防。
でも結局、ゴールは奪えず...

試合結果|北九州 1-1 藤枝
試合結果|北九州 1-1 藤枝

ギラヴァンツ北九州 11 藤枝myfc(Goal:池元)

結局、両チーム勝ち点1を積み上げるしかできなかったワケですが、観ている側からすると大満足ですよ。
勝ちたいっていう意志は伝わってきたし、プレー一つ一つにメッセージを感じるものだったし。
J3、捨てたもんじゃないよ。

で、試合を終えて博多に移動。
予定では、30日に福岡から静岡空港に飛んで磐田vs.湘南戦を観戦するつもりだったのですが...

台風24号接近中! 皆様、ご無事でしょうか?
↑詳しくはこちらをお読みくださいね。

試合結果|YS横浜 0-0 北九州

僅かにゴールに届かず...|YSCC横浜 0-0 北九州

行って参りました、ニッパツ三ツ沢
三連休の天気予報は見事に猛暑。幸か不幸か見事に当たりまして、日曜日の三ツ沢、17時キックオフとは言え、暑い!

ニッパツ三ツ沢 メインスタンドから|2018J3 YSCC vs. 北九州
ニッパツ三ツ沢 メインスタンドから|2018J3 YSCC vs. 北九州

ニッパツ三ツ沢競技場って、サッカー専用だから、フィールドが近くて良いんだけど、屋根がないから、夏場の晴天時は、座って観戦しているだけで汗が出る!!
で、いつもならメインスタンドしか開放しないのですが、今日はゴール裏席も解放してくれていました。
と言いつつ、せっかくのメインスタンドで観戦できる機会なので、前半はメインスタンドで観戦。

さてさて、本日の対戦相手はYSCC横浜
横浜って、J1に横浜Fマリノス、J2に横浜FC、そしてJ3にYSCC横浜と各カテゴリーにチームがあるんですよね、なんかすごい。

ダヴィと池元の2トップが先発のギラヴァンツ北九州。
前半から良い形でボールが回ります。サイドを使ってフィールドをより広く使っているのは北九州。YSCCは後手後手に回っている印象を受けました。
ただ、なんて言うのかな、精度が粗い...パスにしてもシュートにしても...ボール1個分か2個分くらいなんですけど、その1個・2個の世界が勝負の世界ではモノを言うワケですよ、その辺りの精度を欠いていました。

ちょっと余談になりますが前半20分過ぎ、審判の判断で給水タイム。いや、コレはNice Judgeって思いましたね。
で、結局、前半は0-0で折り返し。
正直、この時点では、普通に戦えば勝てるんじゃないかなー、なんて思いながら観戦していました。

ニッパツ三ツ沢 ゴール裏から|2018J3 YSCC vs. 北九州
ニッパツ三ツ沢 ゴール裏から|2018J3 YSCC vs. 北九州

後半はゴール裏に移動。
ゴール裏からだと前後の距離感がわからなくなるので、反対側のゴール裏で何をやっているのかわかりにくくなるのですが、幸い、北九州が押し気味の試合でしたので、”こっち側”で展開することが多く、楽しめましたヨ。
左右の展開はわかりやすいので、サイドチェンジとか、リアルに感じることができて楽しい、楽しい♪
そんなこんなの62分、左サイドから浦田がクロス、それをダヴィがドンピシャで頭で合わせて、ボールはゴールネットを揺らした!...と思ったらオフサイドの判定でノーゴール。これ、綺麗なゴールだっただけに、なんとも残念。

その後もダヴィが格の違いを見せつけてくれました。
ダヴィからのパス、ダヴィへのパスが通ったときのシュート等々。この体勢でシュートを打つか!?とか、このボールに反応できるんだ!?と感じさせる辺り、さすがダヴィ。

でもやっぱり精度が粗いのが北九州。結局...

試合結果|YS横浜 0-0 北九州
試合結果|YS横浜 0-0 北九州

Y.S.C.C.横浜 00 ギラヴァンツ北九州
スコアレスドローで試合終了。

↑ダイジェストはこちらから。

うーん...勝てた試合でしたね、勝ち点2を逃したって言って良いと思います。
でも、期待を持てる内容でしたので...

試合後のゴール裏、期待を込めた声援が多数。

確かに次につながる試合だったと思います。
次節は少し間が空いて8月18日(土)の鹿児島戦@ミクスタ。
しっかり調整して後半戦の巻き返し、一つでも上の順位への浮上を期待しています。

スタジアムに遠征された皆様、遠方から気持ちを送ってくださった皆様、お疲れ様でした。

試合結果|日本代表 2-0 オーストラリア代表

ロシアW杯出場決定!|日本 2-0 オーストラリア

遅まきながら、行ってきました、埼玉スタジアム2002
ASIAN QUALIFIERS- ROAD TO RUSSIA
サッカーワールドカップ アジア最終予選 日本代表 vs. オーストラリア代表

私事ながら、当日は東京ビッグサイトの展示会でブース番をしておりまして、終了時間の17:30まで展示会場にいたものですから、到着はギリギリ。

W杯アジア最終予選 日本 vs. オーストラリア
W杯アジア最終予選 日本 vs. オーストラリア

飯田橋で地下鉄南北線に乗り換えた辺りから代表ユニを着ている方、代表のタオルマフラーをお持ちの方がチラホラと見られるようになり、王子を過ぎた辺りからは、車内はサッカー談義が支配的♪
浦和美園駅からスタジアムまでの道は、当然のことながらかなりの混雑。スタジアムのゲートも大行列!
浦和レッズの試合の時もすごいけど、それに負けず劣らず、良い雰囲気。

カテゴリー4(メインアッパー)からの眺望
カテゴリー4(メインアッパー)からの眺望

観戦はカテゴリー4(メインアッパー)...って言うか、関ジュビのお友達に取って貰っちゃったんですけどネ。
当日は59,492人の満員御礼。そりゃそうですよね、なんたって、この試合に勝てばワールドカップ本戦出場決定なのですから。

日本の先発メンバー、最終ラインは右から酒井宏、吉田、昌子、長友。アンカーは長谷部で、その前に井手口と山口。前線には右から浅野、大迫、乾。かなり平均年齢、若いですね!!ちょっとビックリ。
さてさて試合ですが、思ったほどオーストラリアがガツガツこない...様子を見ているのかな??
ボールの支配率は日本が高い印象を受けました。
そうは言っても、個の強さはオーストラリア、やはり強いですね。セカンドボールの拾い方、1対1になったときの強さ、見ていて怖いです。

そんなこんなの前半38分のオーストラリア代表、ペナルティエリア手前から低めの弾道のミドルシュート...吉田の足に当たってコースが変わって...GK川島の手も届かず、入った...と思ったら右のポストに当たって跳ね返って安堵。シュートまで持って行く力、さすがオーストラリアです。

そのすぐ後の41分、ドリブルで持ち込んだ長友がペナルティエリア手前の左から右足でクロスを入れると、ディフェンスラインの裏に抜け出した浅野が完全にフリー! ゴール前で左足で合わせて待望の先制点!!
いやー、巧く抜けましたね、浅野。正直、それまで、チャンスで散々、浅野に合わないでいたから、イライラしていたんですけどネ、浅野、ゴメンナサイね、私の目が間違っていたよ
そのまま前半は1-0で終了
引き分けでもW杯出場が決まる状況にあって、1点リードで折り返しは上出来でしょう。

後半ですが、オーストラリアが一気にパワープレーで来るんじゃないかと思っていたら、やっぱり、そうでもない...焦っていないのかなぁ???
日本代表、後半に入っても中盤の井手口、山口蛍を含めてボールへの寄せが早くて、守備の強度を維持したまま時間が経過していく展開。悪くないよ、この流れ。
終盤に入ってくると、さすがに出足が遅れ始めて、苦しい時間帯もありましたけど、なんとか耐え抜いていました。
そして後半37分。原口が相手のプレッシャーを受けながらもパスを出すと、左サイドで井手口が受けてドリブル。空いてDFをかわしてペナルティエリア手前、真ん中辺りから右足を振り抜と、綺麗な弧を画いてゴールに突き刺さって貴重な貴重な追加点!!
いやぁ、このタイミングで2点目はメチャクチャ大きいですよ。オーストラリアにとっては、ズーンと重くのしかかる追加点。

試合結果|日本代表 2-0 オーストラリア代表
試合結果|日本代表 2-0 オーストラリア代表

あとは危なげなく逃げ切って、このまま試合終了!!

日本代表 2-0 オーストラリア代表(Goal:浅野, 井手口)
監督さんからすれば、最高の展開でしょうね、自身の判断で送り込んだ浅野と井手口がゴールを決めたのですから。
ということで...

順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 得失点差
1 日本 20 9 6 2 1 17 6 11
2 サウジアラビア 16 9 5 1 3 16 10 6
3 オーストラリア 16 9 4 4 1 14 10 4
4 UAE 13 9 4 1 4 10 12 -2

1試合を残して、最終予選1位が確定!ロシアワールドカップ出場決定!!
いやぁ、良かったですよ、次はアウェイのサウジアラビア戦ですからね。
そのサウジ戦、日本にとっては消化試合ですが、サウジアラビアにとっては本戦出場を掛けた大一番。そんな本気も本気、大本気のサウジアラビアと戦えるチャンスなんて、そう滅多にありませんから、ここで代表経験の浅い選手の経験を積ませて欲しいな。杉本健勇とか出してみても良いんじゃないでしょうか。あと、元ジュビロの小林祐希も。
勝って気持ち良く終われたら最高なのですが。

さすがにロシアに観戦に行こうとは思わないなぁ...2018ロシアワールドカップって、会場はどこなの?
気になって調べてみましたら、カリーニングラード、カザン、モスクワ、ニジニ・ノヴゴロド、サンクトペテルブルク、サマーラ、サランスク、ソチ、ヴォルゴグラード、ロストフ・ナ・ドヌ、エカテリンブルクの11都市なんだそう。あらま、西の方の都市ばかりなのね。眠い目を擦りながら、テレビ観戦かな。

試合結果|沼津 1-0 北九州

ホームで負けなし!でも、アウェイで勝ちなし...|沼津 1-0 北九州

今日は東海道線に乗って東へ! 磐田...の遙か手前、沼津で途中下車して、行った先は...

愛鷹広域公園多目的競技場|20170604沼津vs北九州
愛鷹広域公園多目的競技場|20170604沼津vs北九州

愛鷹広域公園多目的競技場
時間の都合で、磐田までは行けないけど、沼津くらいなら往復できる!ってことで、行っちゃいました。
沼津駅から富士急バスで20分(J3開催日は臨時便が増発されます)、360円でした。

ビジター席は「A自由席」で入場できます。ゴール裏はもちろん、メインスタンドのアウェイ側先にも入れます。再入場可能なスタジアムなので、ゴール裏とメインスタンド、両方、堪能しちゃいました

メインスタンドからの眺め|愛鷹広域公園多目的競技場
メインスタンドからの眺め|愛鷹広域公園多目的競技場

陸上競技場なので、ちょっとフィールドが遠いですけど、こじんまりしていて良い雰囲気のスタジアムです。メインスタンドの一番上まで上って、外を眺めると下に駿河湾、その向こうに伊豆半島!なかなかの絶景ですよ。
スタジアムグルメは、充実とまではいきませんが、予想以上というか、そこそこ種類のあるレベル。メインスタンドの前に屋台村ができていました。

富士宮やきそば|愛鷹広域公園多目的競技場
富士宮やきそば|愛鷹広域公園多目的競技場

せっかくなので、富士宮焼きそば・目玉焼き付き(550円:税込み)を購入。まぁまぁですね、具はキャベツと天かす、あと紅ショウガが添えられていました。

さて、試合ですが、さすがは沼津、若いチームだけあって、プレスが強い、良いチームですね。
一進一退の攻防ながらも、なんか沼津の方が動きにキレがあります。ボールも人も、アスルクラロの方が動いていたように感じました。
と言いつつも、北九州もそこそこチャンスがありまして、前半33分には水永がヘディングシュートを放つも、クロスバーに嫌われる、なんてシーンもありました。
結局、前半0-0で終了

後半、より動きが激しくなって、どちらからも勝ち点3を取りたいという気持ちが感じられる試合でした。
どちらかに1点は入るだろーなー、なんて眺めていましたけど、最後の最後、決定的なシュートはお互いに打たせない。なんていうか、気持ちの守備ってのを感じましたね。
そのまま刻々と時間が過ぎて、このままスコアレスドローなのかな…なんて思い始めた後半43分。ゴール前の混戦から沼津に先制ゴール...これねー、気持ちの面でダメージ大きかったですね...
結局、そのまま試合は終了。

試合結果|沼津 1-0 北九州
試合結果|沼津 1-0 北九州

アスルクラロ沼津 10 ギラヴァンツ北九州


なんか試合後、メインスタンドに挨拶に来てくれた選手も放心状態って感じ。

今年のJ3リーグ、ホーム・ミクニスタジアム北九州では負けなしの北九州ですが、アウェイでは引き分けないし黒星ばかりで、白星がないんですよね...
なんかまだ、粗削りなんですよね、チームとして仕上がってないんです。パスの精度も荒いし、何をしたいのか、試合を見ていてメッセージが感じられません。うーん、このアウェイ勝てない病を払拭しないと、J2復帰はありません。なんとかしなきゃ!!

そうそう、アスルクラロ沼津と言えば...

中山雅史隊長のフラッグ|愛鷹広域公園多目的競技場
中山雅史隊長のフラッグ|愛鷹広域公園多目的競技場

この方ですよね♪ まぁ、ベンチにも入っていませんが。
一試合でも、3分でも良いから、出場しないかな。

バックスタンドの向こうは、海!

ついに!ミクニスタジアム・デビュー!!

行って来ました、いやぁ、行っちゃいましたよ、ミクニワールドスタジアム北九州
小倉駅から歩いて7分、本城とは比べものにならないくらい(失礼:^_^;)交通の便が良いです♪
新幹線を降りて10分弱でスタジアムですもんね。コレって、新横浜駅から日産スタジアムとか、岡山駅からシティライトスタジアムより近いですよね。
北九州空港から小倉駅行きのノンストップバスに乗ると、スタジアム側の「小倉駅新館線口」で降りられるので、ココからなら徒歩6分です♪

スタジアム外観|ミクニワールドスタジアム北九州
スタジアム外観|ミクニワールドスタジアム北九州

なんか、外観が近代的でカッコイイですねー。
サッカー・ラグビー専用のスタジアムだから、フィールドが近いです。タジアムの収容人数は15,000人で、このくらいのこじんまりとした感じは、鳥栖のベストアメニティスタジアムに近い構造って感じました。

メインスタンド2階からホームゴール裏席を見たところ
メインスタンド2階からホームゴール裏席を見たところ

ゴール裏席は2階立て。1階は緩やかな傾斜で、2階席はやや急な傾斜になっています。
本城ではメインスタンドの一部しかなかった...って言うか、無かったと言った方が正しい屋根でしたが、ミクスタではメインスタンドと両サイドスタンドに屋根があって、多少の雨と日差しを防いでくれます。

バックスタンドの向こうは、海!
バックスタンドの向こうは、海!

そして特徴的なのは海に張り出したバックスタンド。裏まで行ってみましたけど、ホントに海。港の横にスタジアムって感じです。

スタジアムグルメも充実! 小倉発症の焼きカレーに、かしわめし&かしわうどんもあって、アウェイのサポーターさんにも、きっと満足して貰えると思います。
交通の便が良くて、サッカー・ラグビー専用で、グルメも充実。あぁ、J3なんてもったいないよ~!!!
早くJ2復帰、そしてJ1昇格することを祈っています。

さてさて試合ですが、YSCC横浜との対戦

入りは良かったですよ、ボールも人も動いていました。少しずつリズムが出てきて、先制ゴール、入るんじゃないかなー、なんて思い始めた15分。YSCCがペナルティエリア手前から左足で強烈なミドルシュート。山岸がわずかに触るも及ばず、ボールはゴール左に突き刺さって、先制されちゃいました。出鼻をくじかれたって感じでしたね。コレ、相手のファーストシュートでしたし。

それでも下を向くことはなく、少しずつ再びリズムを取り戻すギラヴァンツ北九州。左CKを蹴るのは石神。クロスを入れると、花井がヘディングシュート。相手DFがゴール前でボールに触りましたが、シュートの勢いが強かった!そのままゴールネットを揺らして同点

そして前半40分、味方からのパスを受けた池元がドリブルでペナルティエリア内に進入。巧みなフェイントで相手DFのタイミングを外して、股を抜く技ありシュート! 角度があったので相手GKは一歩も動けず、そのままボールはゴールの中へ!!
ということで、前半は2-1で終了。前半の内に逆転できたのは大きかったですね。

後半の入りもリズムは北九州。そして後半4分。右サイドのスローインの流れから、ペナルティエリア内で小谷の前にボールがこぼれて、鮮やかなボレーシュートでフィニッシュ!!!3-1となって完全に流れはギラヴァンツに...と思ったのですが、ココからが完全にYSCCの時間

YSCCの方がボールも人も動くようになってきて、決定機も多くなっていった後半でした。後半、ギラヴァンツ北九州で一番目立っていたのはGK山岸! いやホント、神がかってましたよ。山岸じゃなかったら、完全に逆転されていましたもん。
後半29分に1点返されましたけど、それ以外にもFKからのヘディングをセーブしてくれましたし、終了間際の後半アディショナルタイムには、相手GKも上がってきてのコーナーキック。相手のヘディングは完全に枠を捉えていましたけど、山岸のビッグセーブでボールを外へ掻き出してくれました。

試合結果|北九州 3-2 YSCC
試合結果|北九州 3-2 YSCC

ギラヴァンツ北九州 32 Y.S.C.C.横浜(Goal:花井、池元、小谷)
なんとか、かろうじて、ホントに辛勝でしたけど、それでも勝ち点3ですからね!この勝利は本当に大きいです
なかなか波に乗りきれずにいますが、ここから始まる、ギラヴァンツ北九州の反撃!!