タグ: スカパー

視聴可能なスポーツ|DAZN

2017年のJリーグをテレビで観るには...|DAZN

2016年度まではJリーグ中継と言えば、スカイパーフェクTV!、「スカパーは、ぜんぶやる!」でお馴染みでした。
来年、2017年からはDAZN(ダゾーン)で中継されることになりました。DAZNってのは、世界最大級のデジタル・スポーツコンテンツ&メディア企業であるPerform Groupによって提供されるライブストリーミングサービスです。

Jリーグの2016年12月15日発表、公式サイトのリリースをみてみますと...
2017年2月25日(土)に開幕する2017シーズンから、明治安田生命J1・J2・J3リーグはライブストリーミングサービス「DAZN」で全試合生中継いたします。
なお、有料ライブ放映はDAZNのみの放映となります。

DAZNは世界最大級のデジタル・スポーツコンテンツ&メディア企業であるPerform Groupによって提供されるライブストリーミングサービスで、その特徴はテレビ、PC、スマートフォン、タブレット、ゲーム機など様々なデバイスを使って、いつでも、どこでも、高画質で中継を楽しめる点にあります。

月額1,750円(税抜)で、ブンデスリーガ、セリエAの海外サッカーを始め、野球、バスケットボール等130以上のスポーツコンテンツ・年間6,000以上の試合から、好きなスポーツをライブ&オンデマンドで、いつでもどこでも楽しめる視聴スタイルを提供します。
↑とのことで、「有料ライブ放映はDAZNのみの放映となります」と言うことは、有料チャンネルを契約しても、Jリーグを観られる可能性は低いと言うことですね。

同日のスカパーのコメントによりますと...
スカパーからの大事なお知らせ!

今シーズンもスカパー!を通じてJリーグの放送をご覧いただいたことに、心からのお礼を申し上げます。

さて、皆様にご心配をおかけしております「2017年シーズン Jリーグ戦の放送・配信」 についてのお知らせです。
スカパー!は、2017年シーズン以降の放映権を獲得した会社と、これまでどおりスカパー!で放送できるように交渉を続けてまいりましたが、成立に至りませんでした。

スカパー!での放送を楽しみにしてくださっていた皆様に、このようなご報告をせざるを得ないこと、また今日までご連絡が遅くなりましたことを、深くお詫び申し上げます。誠に申しわけございません。

つきましては、Jリーグ戦の放送予定がないことに伴い、Jリーグ関連セットは、1月末をもって終了とさせていただきます。今までご契約いただき、ありがとうございました。

しかしながらスカパー!は、Jリーグ戦以外の、これまでご視聴いただいてきた試合・番組をこれからも可能な限りお届けしてまいります。2017年シーズンも天皇杯を放送していく予定です。ほかにも、「Jリーグラボ」「クラブ応援番組」といったJリーグ関連番組をより充実させ、日本サッカーの礎となるユース・育成年代も積極的に取り上げてまいります。

また、スカパー!は、これまで世界のサッカーを数多く放送してまいりました。このたび、国内サッカーだけでなく海外サッカーも手軽にお楽しみいただける『スカパー!サッカーセット』を、2017年2月1日より新しく販売することにいたしました。

そして、24時間サッカー専門チャンネル「スカサカ!」を、2月に新生開局いたします。このチャンネルは、日本で放送・配信されるすべての大事な試合のいわば「ホーム」です。試合の生中継・ハイライト・徹底解説・討論番組など、スカパー!がこだわってきたサッカーという競技の魅力を、あますことなくお届けするよう努力してまいります。『スカパー!サッカーセット』をご契約いただければご覧になれます。

この10年間、皆様から叱咤激励をいただきながら、スカパー!はJリーグを放送してまいりました。
来季から、オフィシャルブロードキャスティングパートナーではなくなりますが、変わらないことは、皆様の来年にも「最高の週末が待っている」ことです。
スカパー!はこれからも、Jリーグが、そして日本のサッカーが、発展していくお手伝いをさせていただきたいと心から願っています。

これからもずっと、この国のサッカーとともに。
↑とのことで、DAZNとの交渉は決裂してしまったようです。

やはり、来年はDAZNと契約するしかないのでしょう。
DAZNはJリーグのリリース内に明記されているように、月額1,750円(税抜き)とのこと、スカパーを解約してDAZNだけにする方も少なくないのでは?と想像しています。
DAZNで視聴できる、他のコンテンツをみてみると...

視聴可能なスポーツ|DAZN
視聴可能なスポーツ|DAZN

ラグビーのトップリーグやテニス男子のATPツアーや女子のWTAツアーなどもあるようですし、見放題になるなら、お得感があるのかも!?なんて思い始めている自分がいます。

利用可能なデバイスは...

利用可能なデバイス|DAZN
利用可能なデバイス|DAZN
テレビ
ソニー、パナソニック、LGのスマートテレビとブルーレイプレーヤー、Amazon Fire TV、Fire TV Stick、ひかりTV
モバイル&タブレット
モバイルブラウザ、Android、iOSの専用アプリから閲覧可能
パソコン
Google Chrome、Firefox、Windows、Macの各ブラウザ
ゲーム機
ゲーム機対応はもうまもなく

↑とのこと。
PCのディスプレイじゃなくて、自宅のテレビでみるには、スマートテレビである必要があるってことやね。我が家のテレビはシャープ製だし、おまけにかなり古いからスマートテレビじゃないし...ってことで、Amazon Fire TV か Fire TV Stickを買うか、ひかりTVに加入すれば良いってことまで分かりました。

ひかりTVなら他にも沢山、チャンネルがあって楽しいけど、2,500円/月くらいかかるから、単にJリーグを観たい!という方には、Amazon Fire TVかFire TV Sitckの購入がお勧め。ということで、次の記事は、Amazon Fire TVとFire TV Stick、どちらを買えば良いのか?機能の検証をしてみました。
・Fire TV StickとAmazon Fire TV、どちらが良いの?
↑クリックしてお読みください。

参考までに、以下の記事もお読み頂ければ幸いです。

・Amazon Fire TVをお手軽に入手するには?|ポイントサイト
Amazonでお得に買い物をするには、ポイントサイトからの両替がお勧め! 私もポイントサイトをフル活用して、自費負担はほぼゼロでした♪

・DAZNを見るなら電子レンジ対策が必要だぞーん!
Fire TV StickにしろAmazon Fire TVにしろ、無線LANで接続しようと思っている方、お読み下さい。電子レンジの干渉でLAN接続が不安定に、なんてことも...

・DAZNを見るには光回線が必要だぞーん!
DAZNを視聴するには、標準画質(720p)で5.0Mbps、HD画質(1080p)で9.0Mbps程度を推奨されています。実際に測定してみた方が良いと思います。

・ついに購入!Amazon Fire TV
買っちゃいました、Amazon Fire TV。セットアップはチャチャッと簡単に完了できました。

・ひかりTVでDAZNを視聴したんだぞーん!
ひかりTV が DAZN および DAZN fot docomo に対応。基本的に有線LAN接続なので、正直、一番のお勧めはコレかも、なんて思っている今日この頃です。

↑対応しているコンテンツもYoutube、Hulu、GYAO、Abema TV などなど、数多いので、買って損はなさそうですね。

ヤマハスタジアム(磐田)

来年からJリーグ中継はスマホで!?

Jリーグのテレビ中継と言えば、文句なしのスカパーさん。
全試合中継してくれるし、J1・J2・J3リーグ全試合のハイライト映像やゴールクリップをネットで配信、重宝しています。

来年から、放映権がスカパーさんではなく、イギリスのパフォームグループと言う会社さんと契約を結ぶことになったそうです。

Jリーグ、ファン開拓にメリット 英社と放映権契約
↑日経の記事です。会員限定ですが、無料登録すれば、10本まで記事の全文を読むことができます。

10年契約で年平均200億円とのこと、すっごいね、この額。今のスカパーさんで年30億円くらいらしいですから。

で、パフォームさんになると何が変わるかって言うと、「今後はスマホ・タブレット・ゲーム機などへの配信にが中心となって、いつでもどこでも何度でも安価で視聴できる見込み」とのこと、視聴者・サポーターとしては、ありがたい話です。
また、「NTTグループがパートナーに加わり、スタジアムのWi-Fi化などインフラ整備が進む」とのこと、これも魅力的です。
大人の事情としては、「リーグ、クラブが短い動画を公式サイトなどで自由に配信できるようになる」とのことで、クラブがよりサポーターにとって興味を示すような動画を公式サイトなどで流してくれるようになるのかも知れません。

調べてみると、パフォームさんは既に
ePlayer
↑動画配信サイトを開設されています。なんでも世界最大級なんだそうです。
そんな映像のエキスパートがJリーグのパートナーになってくださるのは、素晴らしいことですよね、きっと。

Jリーグの公式HPをみてみると、やはりニュースに出ていました。

Jリーグ、DAZN、NTTグループ  「スマートスタジアム事業」協業契約締結 ~スタジアム・ホームタウンのICT化で、日本のスポーツ界に新たな感動と体験を~【Jリーグ】
Jリーグと、Perform Groupが提供するスポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」とNTTグループは、スタジアム・ホームタウンのICT化を図る「スマートスタジアム事業」における協業契約を締結いたしました。契約期間は2017年から2026年の10年間です。
↑とのこと。
でもよくよく読むと「2017年シーズンのJ1クラブから順次」とのこと、こりゃ益々、J1に残留してもらわなきゃ。
10年後にはJ2もJ3もスタジアムがICT化されているんだろうけど、そりゃきっとJ1→J2→J3って順番の整備になるでしょうからねー。

スタジアムでのICT化は時間がかかるにしても...
JリーグとDAZNが10年間の放映権契約を締結 ~2017年からライブストリーミングサービス「DAZN」で明治安田生命J1、J2、J3を全試合生中継~【Jリーグ】
Jリーグと、Perform Groupが提供するスポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」は、2017年より10年間、約2100億円の放映権契約を締結いたしました。
2017シーズンから明治安田生命J1リーグ、J2リーグ、J3リーグの全試合が、「DAZN」により生中継されることとなります。
↑とのことで、来年からネットでJ1もJ2もJ3も観られちゃうワケね。

少し気になる点としては、地上派でのテレビ中継がどのくらいになるのか?と言う点ですね。
やはり、CSのような有料チャンネルではなく、地上波、せめてBSで中継があると、Jリーグへの興味がそれほど強くない方でも、なんとなく視聴するって言う行動を取る可能性があると思うんですよね。

上記ページの権利内容の項目をみると...
日本国内におけるインターネット・モバイル配信、IPTVサービス、有料サテライト放送、CATVなど
↑と書いてあります。
この最後の「など」の文言がつくことによって、その他も含め、幅広く捉えることができるんですよね(なんだか霞ヶ関文学の世界ですよ、コレ...)。「など」とか「」って言う言葉、さりげなく最後についてますけど、あるとないじゃ大違いなんです、ハイ。

ま、スマホやタブレットに配信するってことは、PCでも閲覧可能でしょうから、来年からは、ネットサーフィンしつつ、隣の窓でJリーグ中継見つつ...こんな機会が増えるのかも知れません。

なお、「DAZN」サービスの概要(価格、加入方法など)については2016年夏に発表予定です。
↑とのこと、今後のニュースに注目です。

鴨池陸上競技場

スカパー!ニューイヤーカップ

この時期の定番になりつつある、「Jリーグ・スカパー!ニューイヤーカップ」、スカパーのサイトで日程が発表されていました。

http://soccer.skyperfectv.co.jp/newyear/

我らがジュビロ磐田は鴨池でキャンプを張るので、鹿児島ラウンド。

清水エスパルスギラヴァンツ北九州鹿児島ユナイテッドと同組です。

2月 3日(水) 11:00 KO 北九州 vs. 磐田
2月 3日(水) 14:00 KO 清水 vs. 鹿児島

2月 6日(土) 11:00 KO 鹿児島 vs. 北九州
2月 6日(土) 14:00 KO 磐田 vs. 清水

2月10日(水) 11:00 KO 清水 vs. 北九州
2月10日(水) 14:00 KO 鹿児島 vs. 磐田

おっと、土曜日に静岡ダービーですね♪
今年も磐田と清水が違うカテゴリーのリーグになってしまったので、公式戦の静岡ダービーは、これが唯一無二のものになってしまいますね...

あー、観に行きたい!悩ましいなー 

黒豚、唐揚げ、しろくま...桜島に天文館...
九州、行きたい! 鹿児島、行きたい!

さーて、今年はどこに遠征しようかな。スケジュール発表が待ち遠しいです。

なんだかんだであと一ヶ月半で  開幕ですね。開幕が待ち遠しいですね。