タグ: サガン鳥栖

ユニフォーム&タオルマフラー

優勝争いも残留争いも見逃せない!!

アウェイ鳥栖・ベストアメニティスタジアムに行かれた皆様、遠くから気持ちを送っていた皆様、お疲れ様でした。
私は結局、大好きな九州に行くことは叶わず、ネットで速報チェック。

開始早々のオウンゴールで先制という流れが、良い意味で想定外で試合の流れを楽にしてくれました。
後半にもアダイウトンのシュートが弾かれたところで又が詰めて追加点。

サガン鳥栖 02 ジュビロ磐田(Goal:オウンゴール, 川又)
ま、快勝でしょ♪

さてさて、今節で面白くなったのは優勝争い。
鹿島が柏と引き分けて、足踏み。
今節終了時の順位表を見てみますと...

順位 チーム 勝点 得点 失点
1 鹿島 71 23 2 8 53 31 22
2 川崎 66 19 9 4 65 32 33
3 C大阪 63 16 6 8 65 42 23
4 59 17 8 8 48 33 15
5 磐田 57 16 9 8 50 30 20

パッと見た感じ、首位の鹿島と2位の川崎が開いているように見えるけど、川崎は1試合少ないので、最大で積み上げられる勝ち点は6だから72。ということで、まだ川崎フロンターレには優勝の可能性があるワケです。
水曜日の浦和戦に勝つことが最低条件ですが、そうなると優勝の行方は最終節に!
ん!?そうすると、磐田vs.鹿島の一戦って、メチャ重要な試合になるのね。
磐田で川崎の優勝が決まる瞬間に立ち会う可能性もあるってことね。

そして気になる残留争いも最終節へ。

順位 チーム 勝点 得点 失点
14 広島 33 8 9 16 32 48 -16
15 清水 31 7 10 16 33 53 -20
16 甲府 29 6 11 16 22 39 -17
17 大宮 25 5 10 18 28 55 -27
18 新潟 25 6 7 20 27 60 -33

今節で大宮の降格広島の残留が決まり、J2降格は甲府と清水のどちらかということになりました。
勝点差は2なので清水優位は間違いないですが、得失点差は甲府の方が小さく、最後の最後までわかりませんね。

正直、シーズン初めにスケジュール表を見たとき、最終節で鹿島の優勝と磐田の残留がかかった試合を観るなんてこと、ないよね...なんて思ってしまったのですが、まぁ、片方は辺りで、良い意味でもう片方は外れてくれました。
泣いても笑っても残り1試合、優勝にも残留にもACLにも関係ないジュビロ磐田ですけど、目の前の一戦に勝つことを考えるのみですね。

ユニフォーム&タオルマフラー

最後の最後まで諦めず逆転!|磐田 2-1 鳥栖

今シーズンのジュビロ磐田、開幕戦が引き分けの後、2節からは と連勝はしないけど、連敗もしない、強いんだか強くないんだか、わからない感じ。でも、この順番出来たら、次は「」のハズ!?
で、迎えた第7節、ホームのヤマハスタジアム(磐田)サガン鳥栖を迎え撃つ一戦。
今までずっと4バックで戦ってきたジュビロですが、今日の布陣は3-4-2-1、今シーズン初の3バックで臨みます。
最終ラインは右から、高橋祥平、大井健太郎、森下俊。ダブルボランチに川辺駿、ムサエフ。中盤右が櫻内渚、左が宮崎智彦。2シャドウに中村俊輔松浦拓弥。そして1トップに川又堅碁
ホームなのに、相手の鳥栖が白ユニと薄い色だからか、今日はネイビーのユニで戦うジュビロ。でもなんか、水色よりも紺の方が、たくましく見えますよネ。

さてさて、前半。そこそこチャンスはつくるも、決定機とまではいかなり両チーム。互いに様子見という感じ。結局、そのままスコアレスで前半終了。ボール支配率もほぼ五分五分で、どっちに転ぶか、まだ検討もつかないって感じ。

ハーフタイムで早速、交代カードを一枚切る鳥栖、後半17分には二枚目と、サガントスも勝ち点3を取りに来ています。
対する磐田も、松浦に代えて松本昌也、川又に代えて小川航基、森下に代えてアダイウトンと、こちらも積極的に交代していき、あくまで勝ちにこだわるホーム磐田の名波監督。

少しずつ波に乗りだして、チャンスをつくり出すジュビロ...と思っていたら、残り時間も僅か、後半43分に鳥栖の右コーナーキック、キッカーの原川が送ったクロスに頭で合わせたのは、エース豊田...カミンスキーも反応して触ってはいたのですが、ヘディングの勢いが勝ちましたね...的ながらアッパレなゴールでした。鳥栖が先制...
あぁ、今日も勝ち点3どころか、1すら積み上げられないのかなぁ...なんて思いかけて、直後のプレイ。ペナルティエリア右側で巧みな切り返しを見せる中村俊輔、低いクロスを送ると、アダイウトンが右足でダイレクトで合わせてゴールネットを揺らして同点!!この直後に追いついたってのが大きかったですね。

さーて、まだどっちに転ぶか分からないし、このまま1-1で終わりそうにない雰囲気。しかもアディショナルタイムは5分もある!
で、90+4分、敵陣中央で中村俊輔が左サイドへ展開、受けたアダイウトンは左サイドの敵陣深くから右足でクロスを供給。相手DFににクリアされるも、こぼれ球に反応したのは、後ろから走り込んだムサエフ!右足を振り抜くと低い弾道でゴールネットにズドーン!と突き刺さり、土壇場で逆転に成功!!

ジュビロ磐田 21 サガン鳥栖 (Goal:アダイウトン、ムサエフ)

いやぁ、ドラマですねー、最後の最後までわからないものですねー。
ホームで勝てたこと、先制されても最後の最後まで諦めずに勝点3を取りに行って逆転勝利できたこと、今後につながる大きな一勝です!!!



ラーメン+チャーシュー

一欄 博多店(サンプラザ地下街)

サガン鳥栖 vs. ジュビロ磐田 を観戦、試合終了後、スタジアム隣の鳥栖駅まで歩き、快速電車に乗って30分で博多駅。
16時キックオフの試合なので、終わって18時くらい。それでも19時頃には博多駅に到着、近いですね、便利ですね、鳥栖の街って。

さてさて、一欄さん、博多駅の真下、サンプラザ地下街の中なので、とにかく便利です。その分、混雑もそれなりですが。
日曜日の19時過ぎに友人と三名で訪問。15分ほどの待ち時間、その間に味の好みのアンケートを書きます。

味の濃さ: 薄味 ○基本 濃い味
こってり度: なし あっさり ○基本 こってり 超こってり
にんにく: なし 少々 ○基本 1/2片 1片
ねぎ: なし 白ネギ ○青ネギ
チャーシュー: ○あり なし
秘伝のたれ: なし 1/2倍 ○基本 2倍 ( )倍
麺のかたさ: 超かた ○かため 基本 やわめ 超やわ
↑選択肢はこんな感じで、私が頼んだのは○印。

 一蘭 博多店
一蘭 博多店

呼ばれて通されたカウンター席は、味に集中できるようにと、半個室というか、カウンターの隣の席との間には衝立。まぁ食べるのに集中するには良いのですが、友人と三人で食べに来た私としては、なんか、”一緒に食べている感”がなくて、チョッピリさみしくあったりもして。
接客も丁寧なのですが、暖簾の向こうだったり、暖簾が上がっても顔が見えなかったりで、やっぱりこれもさみしいなと…
勝利で楽しいラーメン会なのですが、なんかお一人様気分で、少々寂しくもなったりして...ネ。

ラーメン+チャーシュー
ラーメン+チャーシュー

さてさて、肝心のラーメン。こってり度は基本ですが、さすが九州豚骨、結構、しっかりしたコッテリです。
秘伝のたれは、唐辛子なのですが、私はそれほど辛いのが得意ではないので、1/2で十分です。食べ終えた後は、結構な量の汗をかいていました。
麺は固めが好みなのですが、それでお願いして、アルデンテな良い感じでした。
追加でチャーシューをお願いしてみました。そのまま食べるとやや固め、そしてラーメンに入れるとトロけて少しやわらかくなって、両方の食感と味が楽しめました。

美味しいのですが、なんかこう、この半個室システムに抵抗があって...うーん...って感じ。
一欄さん、全国にありますので、別に博多で食べなくても良いのかも知れませんが、博多で食べるからこそ、九州豚骨は美味しいワケです、ハイ。

ごちそうさまでした。

試合結果

九州での勝利は大きい!

今更ながらですが、このたび発生した熊本県を中心とする地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災された皆さまには、心からお見舞い申し上げます。

今回の九州行きの話は、熊本地震の前から決まっていたのですが、地震があって少々、気持ちは揺るぎました。
でもね、九州に行って実際に自分の目で見て来るべきだと思ったワケですよ。なんたって丸一年住んでいた九州ですから、思い入れもあるワケですよ。生で見て、生で感じたい、そう思ったワケです。

九州で生で感じたのは、やはり派手派手しいバーゲンセールなどは自粛ムード。でも極端に暗くなることもなく、明るく前向きに復興に向かう九州の姿。
九州人、そんじょそこらのことでは、負けんとですよ!

さてさて九州二日目、前日の小倉駅から快速列車で博多へ。新幹線なら15分ですけど、快速だと小一時間。まぁ、時間をかけても景色を楽しみたいのと、住んでいた8年ほど前と比べたいと言う思いもあって。
折尾駅が新しくなりかけていたことくらいで、大きな変化はなし、かな。
さすがに九州新幹線は、博多~熊本間で動き始めたばかりと言うことで、大幅に減便、速度も落としての運行でした。

九州新幹線発車予定
九州新幹線

九州二日目に行ったのは鳥栖。
博多駅から荒尾行きの快速電車で30分、近いですね。同じ福岡県の小倉より近いやん。

で、行った先はベストアメニティスタジアム。
J1リーグ、サガン鳥栖vs.ジュビロ磐田を観戦。

なんと言っても、三年前にJ2降格が決まった因縁の空いて、嫌でも意識してしまいますよね。
スタジアムDJさんの「よくぞJ1に戻ってきました」のアナウンスには、嬉しくもあり、恥ずかしくもあり、でした。

で、試合の方は...うーん...なんて言うんですかね、ジェイがいないだけで、こんなにも違うチームになるのかな??って思ってしまうくらい、ゴールが生まれる気配がないんです。
デカモリシが先発するも、前半で負傷退場(腰ですかね?長引かないと良いけど...)、斉藤さんは、相変わらずの存在感の無さで、こう言うときはヨシアキとかアダイウトンがかき回すしかないのですが、やはりゴールは遠く...。

今日は守備陣が頑張っていました。大井健太郎、藤田は安定感がありますね。そして神ンスキー、やっぱり頼りになります。
決して美しくはないものの、がむしゃらに耐えたって感じでした。

で、後半44分、大井が触ったゴールが転がって(って言う表現が一番適当な気がする:^_^;)ついに近郊が崩れる!!ま、コレも斉藤さんが前にいたからってのがあるのですが。

そして試合終了のホイッスル。

試合結果
試合結果

今日の勝利は、よっしゃ、やったー!って言う感じじゃなくて、ひゃ~、疲れた~ぁ、良かった~ぁ...って言う感じの脱力感でした。
鳥栖で勝てたこと、リーグ戦でようやく無失点で勝てたこと、大きな勝利でした。


↑試合後の選手達、良い笑顔でしょ(^_^)v

試合後は博多駅地下でK2さん、ノブさんとラーメン祝勝会!?

空港ではカウンター前で選手達に遭遇!少し時間があるのでラウンジに向かったら、途中の階段では、名波監督&秀人コーチとすれ違っちゃいました。なんか不思議な感覚ですワ。
帰路もスターフライヤーで美味しいコーヒーを頂いて、その後、着陸まで爆睡でした。
なかなか充実の九州旅行でした。

あ、そうそう、帰宅して、Youtubeを見たら...


↑一瞬ですが、映り込んでいました、嬉しいヤラ、恥ずかしいヤラです。