カテゴリー: ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州に関するカテゴリー
・試合観戦
・試合の結果
・北九州市に関することなど

試合結果|北九州 1-1 藤枝

プレーに感じるメッセージ|北九州 1-1 藤枝

9月最後の週末、うーん...予定では、秋晴れの中の九州遠征のハズだったのですが...
遠征が近づくのと合わせるかのごとく、台風24号が近づいてきまして、こりゃ大変!

台風24号接近中! 皆様、ご無事でしょうか?
↑詳しくはこちらをお読みくださいね。

ミクニワールドスタジアム北九州
ミクニワールドスタジアム北九州

さて、詳しい遠征の顛末はともかくとして、久しぶりのミクスタ
何度行っても良いですね、サッカー戦用のスタジアム。試合前から雨脚が強まってきたのですが、ホーム側ゴール裏・メインスタンド・アウェイ側ゴール裏と屋根があるので、傘もポンチョも使用せずに済んだのでした。

北九州vs藤枝|ミクスタ北九州
北九州vs藤枝|ミクスタ北九州

こう言っては失礼ながら、両チーム今年は低迷も低迷、J3の下位対決...
北九州は5勝5分12杯の勝点20で16位、対する藤枝は6勝3分13敗の勝点22で15位
どちらのチームもシーズン途中の監督交代を経て、浮上を狙っているものの、なんとも調子に乗りきれない感じ。

さてさて試合ですが、なかなかどうして、一進一退の好ゲーム。
レベルも低くないですよ、下手なJ1よりよっぽど面白いし、よっぽどレベルが高い

前半はどちらかというと藤枝のペース。よく走り回ってました。
DFの合間に走り込んで後ろから奪い取ってシュートまで持って行ったり、大きなサイドチェンジを使ったり...
ゴールが生まれるとしたら藤枝かな、そう思いかけた前半38分に北九州のコーナーキック。

CHANCE|ミクスタ北九州
CHANCE|ミクスタ北九州

↑この写真の直後、コーナーキックから後ろ向きに走りフリーになったミスター北九州、池元がヘディングを決めて先制...かと思ったら、惜しくもオフサイド...いやー、コレは微妙だったなー...
で、結局、前半は0-0で終了。

後半も、なんとなくの雰囲気として藤枝ペース。ボールも人も動いていました。
そんなこんなの後半13分。
左サイドの敵陣中央から藤枝の光永がクロスを供給。DFが下がりながら頭でクリアすると、ファーサイドに流れたボールに反応した浦田が...

GKにヘッドでパスしようとしたのか、はたまたクリアしようとしたのか、どちらかはわかりませんが、結果としてGKの頭を越えてゴールの中へ。懸命に戻った有薗が頭でクリアするも、クロスバーに当たってネットを揺らして藤枝が先制...

で、ここからがお互いの力と力、意識と意識の大激突。
北九州は、ダヴィ、川島大地、フェホと攻撃的な交代をしかけてもう、パワープレー状態。ダブルボランチだったのをボランチ1枚にして、とにかく前へ、の姿勢。
↑分かり易い交代ではありますけど、とにかく迫るという監督の意志を感じます。またそれに応えようと人もボールも動かす北九州。
プレーを見ていてメッセージが伝わって来るんですよ。闇雲に蹴っているんじゃなくて、パスを通す、サイドチェンジする、クリアする...なんかね、久しぶりにプレーにおけるメッセージというのが伝わる試合を観ることができました。
対する藤枝も、守り切るんじゃなくて追加点を取りに行く姿勢。ま、時間があるしね。

そしてこのまま藤枝が1点リードで終えるのかな...と思い始めた後半45分

右CKのこぼれ球を拾った内藤が右サイドの敵陣深くからクロスを供給する。ファーサイドでフェホがヘディングシュートを放つも藤枝DFがクリア...
そのクリアボールを拾った池元がペナルティエリア左から右足を振り抜くとボールは右のポストに当たってゴールに吸い込まれ、同点!

アディショナルタイムは3分。
もちろん、両チーム同点で終わって良いなどと考える選手はおらず、必死の攻防。
でも結局、ゴールは奪えず...

試合結果|北九州 1-1 藤枝
試合結果|北九州 1-1 藤枝

ギラヴァンツ北九州 11 藤枝myfc(Goal:池元)

結局、両チーム勝ち点1を積み上げるしかできなかったワケですが、観ている側からすると大満足ですよ。
勝ちたいっていう意志は伝わってきたし、プレー一つ一つにメッセージを感じるものだったし。
J3、捨てたもんじゃないよ。

で、試合を終えて博多に移動。
予定では、30日に福岡から静岡空港に飛んで磐田vs.湘南戦を観戦するつもりだったのですが...

台風24号接近中! 皆様、ご無事でしょうか?
↑詳しくはこちらをお読みくださいね。

試合結果|YS横浜 0-0 北九州

僅かにゴールに届かず...|YSCC横浜 0-0 北九州

行って参りました、ニッパツ三ツ沢
三連休の天気予報は見事に猛暑。幸か不幸か見事に当たりまして、日曜日の三ツ沢、17時キックオフとは言え、暑い!

ニッパツ三ツ沢 メインスタンドから|2018J3 YSCC vs. 北九州
ニッパツ三ツ沢 メインスタンドから|2018J3 YSCC vs. 北九州

ニッパツ三ツ沢競技場って、サッカー専用だから、フィールドが近くて良いんだけど、屋根がないから、夏場の晴天時は、座って観戦しているだけで汗が出る!!
で、いつもならメインスタンドしか開放しないのですが、今日はゴール裏席も解放してくれていました。
と言いつつ、せっかくのメインスタンドで観戦できる機会なので、前半はメインスタンドで観戦。

さてさて、本日の対戦相手はYSCC横浜
横浜って、J1に横浜Fマリノス、J2に横浜FC、そしてJ3にYSCC横浜と各カテゴリーにチームがあるんですよね、なんかすごい。

ダヴィと池元の2トップが先発のギラヴァンツ北九州。
前半から良い形でボールが回ります。サイドを使ってフィールドをより広く使っているのは北九州。YSCCは後手後手に回っている印象を受けました。
ただ、なんて言うのかな、精度が粗い...パスにしてもシュートにしても...ボール1個分か2個分くらいなんですけど、その1個・2個の世界が勝負の世界ではモノを言うワケですよ、その辺りの精度を欠いていました。

ちょっと余談になりますが前半20分過ぎ、審判の判断で給水タイム。いや、コレはNice Judgeって思いましたね。
で、結局、前半は0-0で折り返し。
正直、この時点では、普通に戦えば勝てるんじゃないかなー、なんて思いながら観戦していました。

ニッパツ三ツ沢 ゴール裏から|2018J3 YSCC vs. 北九州
ニッパツ三ツ沢 ゴール裏から|2018J3 YSCC vs. 北九州

後半はゴール裏に移動。
ゴール裏からだと前後の距離感がわからなくなるので、反対側のゴール裏で何をやっているのかわかりにくくなるのですが、幸い、北九州が押し気味の試合でしたので、”こっち側”で展開することが多く、楽しめましたヨ。
左右の展開はわかりやすいので、サイドチェンジとか、リアルに感じることができて楽しい、楽しい♪
そんなこんなの62分、左サイドから浦田がクロス、それをダヴィがドンピシャで頭で合わせて、ボールはゴールネットを揺らした!...と思ったらオフサイドの判定でノーゴール。これ、綺麗なゴールだっただけに、なんとも残念。

その後もダヴィが格の違いを見せつけてくれました。
ダヴィからのパス、ダヴィへのパスが通ったときのシュート等々。この体勢でシュートを打つか!?とか、このボールに反応できるんだ!?と感じさせる辺り、さすがダヴィ。

でもやっぱり精度が粗いのが北九州。結局...

試合結果|YS横浜 0-0 北九州
試合結果|YS横浜 0-0 北九州

Y.S.C.C.横浜 00 ギラヴァンツ北九州
スコアレスドローで試合終了。

↑ダイジェストはこちらから。

うーん...勝てた試合でしたね、勝ち点2を逃したって言って良いと思います。
でも、期待を持てる内容でしたので...

試合後のゴール裏、期待を込めた声援が多数。

確かに次につながる試合だったと思います。
次節は少し間が空いて8月18日(土)の鹿児島戦@ミクスタ。
しっかり調整して後半戦の巻き返し、一つでも上の順位への浮上を期待しています。

スタジアムに遠征された皆様、遠方から気持ちを送ってくださった皆様、お疲れ様でした。

Profile

25年前のころの夢、覚えていますか?|Jリーグ25周年

5月15日はJリーグの日」。今から四半世紀、25年前の1993年5月15日、Jリーグがスタートしました。

カップ戦では、1992年にヤマザキナビスコカップが開幕していましたが、正式にリーグがスタートしたのが93年。

テレビで観ていて、あぁ、こんな時代が来たんだなぁ...って、しみじみ感動したのを覚えています。
だってサ、それまで日本のサッカーって、ガラガラのスタジアムだったし。
「元祖サッカーの街・藤枝」で育った私。生活の周りにサッカーがあったワケですけど、そんな藤枝でも、市民サッカー場はメインスタンドだけで、ゴール裏は立ち見、そんなスタジアムでそこそこ大きな大会やっているのを見て「何も、こんな貧疎なスタジアムでやらなくても…」なんて思っていました。でも、大学に入って、静岡県外に出て分かったのは、そんな藤枝市民サッカー場でも、当時は全国的に珍しい、芝のサッカー専用グランドだったんですよね。いかに静岡がすごいかって、思い知らされました。
逆にいうと、静岡以外では、サッカーなんて、まだまだ市民権を得ていないスポーツだったから、「サッカーのプロリーグなんて、成立しないでしょ」程度に感じていた私。
24年前の、あの満員のスタジアムをみて、ビックリでしたね。

 タケちゃんがいたからサッカーにハマった???

25年前、何してました??どんな夢、持ってました?

当時大学生だった私。学籍番号が近かった、タケちゃんこと、竹内クンが上述のJリーグ開幕戦(ヴェルディ川崎vs.横浜マリノス@国立)のチケットを持ってたんですよ。学生実験のときに、タケちゃんが自慢げにチケット見せてきたのね。開幕戦だから記念になるようにって、名前入りだったんですよ。
「おー!タケちゃんスゴイやん!!どうやって手に入れたの!?」って、クラスのみんなでビックリしたの、今でも覚えてます。プラチナチケットでしたよね、あの当時。
今みたいにネットも普及してないし、コンビニ端末もなかったから、ひたすら固定電話でリダイヤル。もちろん、携帯じゃなくて固定電話。「只今、回線が大変込み合っております。しばらく経ってからお掛け直しください。」ばかりで、なかなかつながらなかったんですよね。いやぁ、懐かしいワ。

今思うと、あのタケちゃんのチケット見た感動がなかったら、サッカー観戦にハマって居なかったかも!?
そんなタケちゃん、「あいつ今、何してる?」状態だけど...

 Jリーグ25年、関ジュビは20年

東京の大学から大阪の大学院に進学した私。
一年遅れでジュビロ磐田はJリーグに昇格していて、観戦に行ってはいたものの、いつも一人でした。

当時、パソコン通信全盛時代で、Jリーグ・ジュビロ部屋で、関西からの発言が多かった時期があったんですよね。そこでオフ会やったら、面白いかも!?で、呼びかけたのが、関ジュビこと、関西ジュビリスト
↑正式にいうと、最初に呼びかけてくださったのは、今でもお世話になっているMッカミさん。そのときは、人数が集まらなくて流れてしまったんだけど...
Kansai-Jubilist Animation
で、晴れて第一回の関西ジュビリスト・オフ会を開催したのが1998年1月24日。だから、もう少しでカレコレ20年。この20年で、私も含めて、転職・転勤・結婚・出産…みなさん、いろんな人生のステージの変化がありつつも、今も一緒にスタジアムで観戦できているって、幸せですよね、私って。
関ジュビの皆さん、ありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします

 なぜかご縁のある藤吉信次さん

私のJリーグ初観戦1993年のヤマザキナビスコカップ(今のルヴァンカップ)準決勝。ヴェルディ川崎 vs. 横浜フリューゲルス
’93Jリーグヤマザキナビスコカップ 準決勝
↑公式記録はこちらをクリックしてくださいね。

このとき一緒に観に行ってくれた、M永とは、今でも一緒にサッカー観戦してます。
この試合で2ゴールを決めたのが、当時、カズさんや武田などと共にヒーローだった、藤吉信次さん。満員のスタジアムで決めた藤吉、明るいキャラクターで、各種報道でもよく取り上げられていました。

14年の月日を経た2007年、北九州に転勤となった私。チャリで15分くらいのスタジアムを本拠地とする、Jリーグを目指しているチームがあると知り、観に行くと、あの藤吉さんがいる!しかも監督は与那城ジョージさん!!もうね、懐かしくて、一発でハマりましたね。そう、そのチームこそ、今のギラヴァンツ北九州。当時はニューウェーブ北九州と言う名前で、九州リーグで戦っていました。

試合告知のチラシ配りもやりました。JFL昇格した初年度は、応援番組のボランティアスタッフもやりました。プロサッカーチームがJリーグに昇格していく課程を、かなり間近で見ることができたのは、良い経験だったと思います。
↑リアル「さかつく」を間近で経験したって感じでしたヨ。

まさかね、そこから10年も経たないうちに、J2の舞台で、ジュビロ磐田vs.ギラヴァンツ北九州の対戦が実現するなんて、夢にも思わなかったけど

なんかいろいろ思い出して懐かしいな。今日は、久しぶりにJ’s Themeでも聞いて寝ることにしまーす。

ユニフォーム+タオルマフラー

4試合ぶりの2勝目!!|FC東京U-23 0-1 北九州

行ってまいりました、江東区夢の島陸上競技場

四半世紀ぶり!

実はこのスタジアム、二回目の訪問。

江東区夢の島競技場
江東区夢の島競技場

最初もサッカー観戦だったのですが、その時の対戦カードは東京ガス vs. 藤枝ブルックス。東京ガスは今のFC東京、藤枝ブルックスはその後、福岡に移転して、今のアビスパ福岡になりました。
確か、1993年(ひょっとしたら1994年かも)でしたから、なんとなんと四半世紀ぶり
朧げな記憶をたどると、あのときとスタジアムの風景はほぼ同じ。違うのは、遠くに東京スカイツリーが見えていることや、湾岸部のタワーマンションが立ち並んでいることでしょうか。

チャンスはあるが、攻めきれない...

さてさて、何せJ3...おまけにスタジアムも夢の島とマニアック。観客は1,075人と、かろうじての千人突破...でもね、最近感じるのは、関東でギラヴァンツ北九州の試合があると、そこそこアウェイに人が集まるってこと。

で、肝心の試合ですが、それなりにボールを支配するギラヴァンツ北九州
それなりにチャンスもあるのですが、決定機とまではいかない展開。ダヴィも一生懸命、走っているものの、パスを出す側と受ける側の呼吸が合っていない感じ。
少しずつパスもつながり始めると、FC東京U-23がカウンターなり、セットプレーなりでチャンスが来るし、両チーム決めきれず。
いや、決めきれないというよりも、決定的な場面で両チームがしっかり防いだって言った方が良いですね。

ダヴィ、初ゴール!

後半に入り、風上に立ったギラヴァンツ北九州。流れは良いのですが、ゴールが生まれるまでには至らず...ボールは支配しているのですが、最後の一つ二つの精度が悪いですね。
こういう硬直状態を打破するにはセットプレーしかありません。

そんなこんなの後半29分、敵陣中央右からのフリーキック。蹴るのは川上。が相手のGKとDFの間に、ふわっと上がったボール...どうなtった???ダヴィが喜んでる!先制点!! いやぁ、反対側のゴール裏、何が起きているのか、よくわかりませんでした
後でDAZNのハイライトを確認したら、ダヴィがタイミングよく飛び出してヘディングシュート決めていたんですね。

さて、この先制で流れが来るかと思ったのですが、乗り切れず...。
正直、内容的にはもうちょっと圧倒して欲しかったです、物足りなかったです。
でも...

FC東京U-23 01 ギラヴァンツ北九州 (Goal:ダヴィ)
かろうじて、勝利、勝ち点3Getです。4試合ぶりの2勝目。

試合結果|FC東京U-23 0-1 北九州
試合結果|FC東京U-23 0-1 北九州

不満も不安もありますけど、勝利で終われたこと、ダヴィが加入後初ゴールを決めたこと、大きいと思います。

試合後、サポーターに挨拶に来てくれた選手たち。もちろん、笑顔。
勝利でヤッター!というよりは、安どの方が大きいんじゃないかな。

ま、結果が出たことで調子に乗ることってあるでしょうからね、これでダヴィもチームも良い流れになることを祈るばかりです。

ユニフォーム+タオルマフラー

うぇ~ん...やられたい放題(T_T)|北九州 0-4 相模原

今日の明治安田生命J3リーグ、ギラヴァンツ北九州はホーム・ミクスタにSC相模原を迎え撃つ一戦。
さすがに昨日、エコパに遠征でしたし、今日はおとなしくDAZNでテレビ観戦。


札幌や名古屋にいたダヴィが加入した北九州。得点力のアップが期待されます。
一方、今シーズン未勝利と、波に乗り切れていない相模原ですし、ホーム初勝利を!と期待していましたが...。

3-4-2-1のフォーメーション、なんとワントップはダヴィ!思い切ったことしてきますねー。
で、このフォーメーションですから、ダヴィに放り込むしかないワケですけど、なんかまだ、フィットしてない...まぁ、しょうがないですよね、入団発表が二日前なのですから。

そんなこんなの前半29分、右サイドのスローインから相模原の矢澤がDFを振り切って山なりのシュート...これがGK高橋拓也の頭を越えて先制されてしまいました。
前半はそのまま0-1で終了。

後半、選手交代なしで望んだ北九州。
ダヴィとか花井とか、惜しいシュートはあったのですが、ゴールを奪うことができず、時間だけが過ぎていくという感じでした。

そうこうしているウチに後半20分に相模原の梅井、後半28分には谷澤の今日2点目のゴールと立て続けにゴールを奪われて3点差...こうなってしまうと完全に流れは相模原。
後半43分にもジョンガブリエルのヘディングシュートを決められてしまいました。

ギラヴァンツ北九州 04 SC相模原
うーん...この敗戦、痛いですね。相模原のやりたい放題だした、最後の方は。

J2昇格のためには、年間3試合くらいしか負けられないってのに、6節終わって1勝1分3敗(休みが1節)の勝ち点4、こりゃ、大変!
開幕して一ヶ月半で、お尻に火が付き、アッチッチですね。
でもね、信じて応援し続けます。
来週はFC東京U-23。関東の試合だし、行くっきゃないかな