カテゴリー: ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州に関するカテゴリー
・試合観戦
・試合の結果
・北九州市に関することなど

Profile

25年前のころの夢、覚えていますか?|Jリーグ25周年

5月15日はJリーグの日」。今から四半世紀、25年前の1993年5月15日、Jリーグがスタートしました。

カップ戦では、1992年にヤマザキナビスコカップが開幕していましたが、正式にリーグがスタートしたのが93年。

テレビで観ていて、あぁ、こんな時代が来たんだなぁ...って、しみじみ感動したのを覚えています。
だってサ、それまで日本のサッカーって、ガラガラのスタジアムだったし。
「元祖サッカーの街・藤枝」で育った私。生活の周りにサッカーがあったワケですけど、そんな藤枝でも、市民サッカー場はメインスタンドだけで、ゴール裏は立ち見、そんなスタジアムでそこそこ大きな大会やっているのを見て「何も、こんな貧疎なスタジアムでやらなくても…」なんて思っていました。でも、大学に入って、静岡県外に出て分かったのは、そんな藤枝市民サッカー場でも、当時は全国的に珍しい、芝のサッカー専用グランドだったんですよね。いかに静岡がすごいかって、思い知らされました。
逆にいうと、静岡以外では、サッカーなんて、まだまだ市民権を得ていないスポーツだったから、「サッカーのプロリーグなんて、成立しないでしょ」程度に感じていた私。
24年前の、あの満員のスタジアムをみて、ビックリでしたね。

 タケちゃんがいたからサッカーにハマった???

25年前、何してました??どんな夢、持ってました?

当時大学生だった私。学籍番号が近かった、タケちゃんこと、竹内クンが上述のJリーグ開幕戦(ヴェルディ川崎vs.横浜マリノス@国立)のチケットを持ってたんですよ。学生実験のときに、タケちゃんが自慢げにチケット見せてきたのね。開幕戦だから記念になるようにって、名前入りだったんですよ。
「おー!タケちゃんスゴイやん!!どうやって手に入れたの!?」って、クラスのみんなでビックリしたの、今でも覚えてます。プラチナチケットでしたよね、あの当時。
今みたいにネットも普及してないし、コンビニ端末もなかったから、ひたすら固定電話でリダイヤル。もちろん、携帯じゃなくて固定電話。「只今、回線が大変込み合っております。しばらく経ってからお掛け直しください。」ばかりで、なかなかつながらなかったんですよね。いやぁ、懐かしいワ。

今思うと、あのタケちゃんのチケット見た感動がなかったら、サッカー観戦にハマって居なかったかも!?
そんなタケちゃん、「あいつ今、何してる?」状態だけど...

 Jリーグ25年、関ジュビは20年

東京の大学から大阪の大学院に進学した私。
一年遅れでジュビロ磐田はJリーグに昇格していて、観戦に行ってはいたものの、いつも一人でした。

当時、パソコン通信全盛時代で、Jリーグ・ジュビロ部屋で、関西からの発言が多かった時期があったんですよね。そこでオフ会やったら、面白いかも!?で、呼びかけたのが、関ジュビこと、関西ジュビリスト
↑正式にいうと、最初に呼びかけてくださったのは、今でもお世話になっているMッカミさん。そのときは、人数が集まらなくて流れてしまったんだけど...
Kansai-Jubilist Animation
で、晴れて第一回の関西ジュビリスト・オフ会を開催したのが1998年1月24日。だから、もう少しでカレコレ20年。この20年で、私も含めて、転職・転勤・結婚・出産…みなさん、いろんな人生のステージの変化がありつつも、今も一緒にスタジアムで観戦できているって、幸せですよね、私って。
関ジュビの皆さん、ありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします

 なぜかご縁のある藤吉信次さん

私のJリーグ初観戦1993年のヤマザキナビスコカップ(今のルヴァンカップ)準決勝。ヴェルディ川崎 vs. 横浜フリューゲルス
’93Jリーグヤマザキナビスコカップ 準決勝
↑公式記録はこちらをクリックしてくださいね。

このとき一緒に観に行ってくれた、M永とは、今でも一緒にサッカー観戦してます。
この試合で2ゴールを決めたのが、当時、カズさんや武田などと共にヒーローだった、藤吉信次さん。満員のスタジアムで決めた藤吉、明るいキャラクターで、各種報道でもよく取り上げられていました。

14年の月日を経た2007年、北九州に転勤となった私。チャリで15分くらいのスタジアムを本拠地とする、Jリーグを目指しているチームがあると知り、観に行くと、あの藤吉さんがいる!しかも監督は与那城ジョージさん!!もうね、懐かしくて、一発でハマりましたね。そう、そのチームこそ、今のギラヴァンツ北九州。当時はニューウェーブ北九州と言う名前で、九州リーグで戦っていました。

試合告知のチラシ配りもやりました。JFL昇格した初年度は、応援番組のボランティアスタッフもやりました。プロサッカーチームがJリーグに昇格していく課程を、かなり間近で見ることができたのは、良い経験だったと思います。
↑リアル「さかつく」を間近で経験したって感じでしたヨ。

まさかね、そこから10年も経たないうちに、J2の舞台で、ジュビロ磐田vs.ギラヴァンツ北九州の対戦が実現するなんて、夢にも思わなかったけど

なんかいろいろ思い出して懐かしいな。今日は、久しぶりにJ’s Themeでも聞いて寝ることにしまーす。

ユニフォーム+タオルマフラー

4試合ぶりの2勝目!!|FC東京U-23 0-1 北九州

行ってまいりました、江東区夢の島陸上競技場

四半世紀ぶり!

実はこのスタジアム、二回目の訪問。

江東区夢の島競技場
江東区夢の島競技場

最初もサッカー観戦だったのですが、その時の対戦カードは東京ガス vs. 藤枝ブルックス。東京ガスは今のFC東京、藤枝ブルックスはその後、福岡に移転して、今のアビスパ福岡になりました。
確か、1993年(ひょっとしたら1994年かも)でしたから、なんとなんと四半世紀ぶり
朧げな記憶をたどると、あのときとスタジアムの風景はほぼ同じ。違うのは、遠くに東京スカイツリーが見えていることや、湾岸部のタワーマンションが立ち並んでいることでしょうか。

チャンスはあるが、攻めきれない...

さてさて、何せJ3...おまけにスタジアムも夢の島とマニアック。観客は1,075人と、かろうじての千人突破...でもね、最近感じるのは、関東でギラヴァンツ北九州の試合があると、そこそこアウェイに人が集まるってこと。

で、肝心の試合ですが、それなりにボールを支配するギラヴァンツ北九州
それなりにチャンスもあるのですが、決定機とまではいかない展開。ダヴィも一生懸命、走っているものの、パスを出す側と受ける側の呼吸が合っていない感じ。
少しずつパスもつながり始めると、FC東京U-23がカウンターなり、セットプレーなりでチャンスが来るし、両チーム決めきれず。
いや、決めきれないというよりも、決定的な場面で両チームがしっかり防いだって言った方が良いですね。

ダヴィ、初ゴール!

後半に入り、風上に立ったギラヴァンツ北九州。流れは良いのですが、ゴールが生まれるまでには至らず...ボールは支配しているのですが、最後の一つ二つの精度が悪いですね。
こういう硬直状態を打破するにはセットプレーしかありません。

そんなこんなの後半29分、敵陣中央右からのフリーキック。蹴るのは川上。が相手のGKとDFの間に、ふわっと上がったボール...どうなtった???ダヴィが喜んでる!先制点!! いやぁ、反対側のゴール裏、何が起きているのか、よくわかりませんでした
後でDAZNのハイライトを確認したら、ダヴィがタイミングよく飛び出してヘディングシュート決めていたんですね。

さて、この先制で流れが来るかと思ったのですが、乗り切れず...。
正直、内容的にはもうちょっと圧倒して欲しかったです、物足りなかったです。
でも...

FC東京U-23 01 ギラヴァンツ北九州 (Goal:ダヴィ)
かろうじて、勝利、勝ち点3Getです。4試合ぶりの2勝目。

試合結果|FC東京U-23 0-1 北九州
試合結果|FC東京U-23 0-1 北九州

不満も不安もありますけど、勝利で終われたこと、ダヴィが加入後初ゴールを決めたこと、大きいと思います。

試合後、サポーターに挨拶に来てくれた選手たち。もちろん、笑顔。
勝利でヤッター!というよりは、安どの方が大きいんじゃないかな。

ま、結果が出たことで調子に乗ることってあるでしょうからね、これでダヴィもチームも良い流れになることを祈るばかりです。

ユニフォーム+タオルマフラー

うぇ~ん...やられたい放題(T_T)|北九州 0-4 相模原

今日の明治安田生命J3リーグ、ギラヴァンツ北九州はホーム・ミクスタにSC相模原を迎え撃つ一戦。
さすがに昨日、エコパに遠征でしたし、今日はおとなしくDAZNでテレビ観戦。


札幌や名古屋にいたダヴィが加入した北九州。得点力のアップが期待されます。
一方、今シーズン未勝利と、波に乗り切れていない相模原ですし、ホーム初勝利を!と期待していましたが...。

3-4-2-1のフォーメーション、なんとワントップはダヴィ!思い切ったことしてきますねー。
で、このフォーメーションですから、ダヴィに放り込むしかないワケですけど、なんかまだ、フィットしてない...まぁ、しょうがないですよね、入団発表が二日前なのですから。

そんなこんなの前半29分、右サイドのスローインから相模原の矢澤がDFを振り切って山なりのシュート...これがGK高橋拓也の頭を越えて先制されてしまいました。
前半はそのまま0-1で終了。

後半、選手交代なしで望んだ北九州。
ダヴィとか花井とか、惜しいシュートはあったのですが、ゴールを奪うことができず、時間だけが過ぎていくという感じでした。

そうこうしているウチに後半20分に相模原の梅井、後半28分には谷澤の今日2点目のゴールと立て続けにゴールを奪われて3点差...こうなってしまうと完全に流れは相模原。
後半43分にもジョンガブリエルのヘディングシュートを決められてしまいました。

ギラヴァンツ北九州 04 SC相模原
うーん...この敗戦、痛いですね。相模原のやりたい放題だした、最後の方は。

J2昇格のためには、年間3試合くらいしか負けられないってのに、6節終わって1勝1分3敗(休みが1節)の勝ち点4、こりゃ、大変!
開幕して一ヶ月半で、お尻に火が付き、アッチッチですね。
でもね、信じて応援し続けます。
来週はFC東京U-23。関東の試合だし、行くっきゃないかな

ユニフォーム+タオルマフラー

2018シーズン初勝利♪|藤枝 1-2 北九州

祝日の水曜日♪ 明治安田生命J3リーグ第3節、北九州はアウェイ藤枝
幼稚園から高校まで過ごした心のふるさと藤枝だし、まだ今シーズン、ギラは観戦していないから、天気が良くて、気分が乗っていたら遠征しようかな、なんて考えていたのですが...

川崎市、朝から雪! ちょっと暖かくなってきた時期だけにビックリですよ。
ってことで、もう気分が萎えちゃって(軟弱な私ネ)、遠征断念。
13時キックオフ、藤枝総合運動公園の試合はDAZNでテレビ観戦。

メンバーを見てみますと、開幕戦から二人入れ替え。フォーメーションは4-2-3-1で別に驚きはないのですが、驚いたのはベンチ
ビックリメンバーがいたとかいう話じゃなくて、ベンチのメンバーが5人しかいない! うーん...7人ベンチに入れるのに5人ってことは、節約モード!?
決して予算が潤沢なチームではないのは理解していますが、ちょっと寂しい事実。

さて、試合ですが、開始早々に動きます。
前半4分のギラヴァンツ北九州、右サイドのペナルティエリア手前からがクロスを上げて、逆サイドで走り込んだのは安藤。滑り込みながらペナルティエリア内でシュートを打つと、キーパーに触られはしましたが、ボールはゴールの中へ! 良い時間帯で先制できました♪

でも、そこからは藤枝の時間帯が長かったかな。ボールも人も、動いているのは藤枝。さすが、元祖サッカーの街(って、ちょっと宣伝)。
少しずつペースを掴んできた藤枝、前半27分。ダイレクトパスとスルーがポンポンポンッとつながって、最後は藤枝の大竹。ペナルティエリア中央から右足で打ったシュートはゴールの右隅へ...同点
前半の残りの時間もどちらかというと藤枝ペース。でも、決定機はつくらせない北九州。今日の北九州DF陣、集中してましたよ!
で、前半は1-1で折り返し。

後半は両チームメンバー交代なしで始まり、一進一退。
ペナルティエリアの外では、それなりに形になるのですが、エリア内で決定機はつくらせない両チーム。両チームの守備の集中力が目立った試合と感じました。

こんなときは意表を突くミドルシュートか、セットプレーかな、なんて思い始めた後半36分、ペナルティエリア右脇で北九州のFK。蹴るのは浦田。左足で直接ゴールを狙うと、綺麗なカーブを描いてゴールの右隅へ。待望の勝ち越し点!!いやホントに綺麗。このFKはJ1クラス♪
なんか両チームともに、相手のDFを崩しきれずに硬直状態でしたからね、この追加点って1点という得点以上に大きかったですね。

で、そのまま守り切って...
藤枝MYFC 12 ギラヴァンツ北九州(Goal:安藤, 浦田)
今シーズン初勝利です♪

アウェイだし、結構、調子よさそうな藤枝相手に勝ち点3を奪えたこと、大きな意義があると思います。
ここから連勝で上位へ、そしてJ2へ!!

本殿|師岡熊野神社

サッカーの神様にお参り|師岡熊野神社

あけましておめでとうございます。
皆様、今年もよろしくお願いします。

初詣、行かれました?
私? ここ数年、お正月に必ずお参りに行っているお社があるのですが、今年も行って参りました。
師岡熊野神社

日本サッカー協会のシンボルマークになっているのが八咫烏
これは昔々よりの言い伝えによるもの。

古事記』や『日本書紀』には、カムヤマトイワレビコ(のちの神武天皇)が東征した際に、天から遣わされたヤタガラスの道案内によって熊野・吉野の山中を行軍したと言う史実(!?)が素になっています。

だから、八咫烏は勝負の神様でもあるワケですね。必勝祈願にピッタリ♪
そんな八咫烏が御社紋となっているのが熊野神社
本家本元は那智(和歌山)にある熊野三山
熊野三山ってのは、熊野本宮大社熊野速玉大社熊野那智大社の3つの神社の総称です。

この熊野神社、日本全国に分社がありまして、その数はざっと3,000以上と言われています。こんなサイトもありました。
全国熊野神社参拝記録
全国の熊野神社を検索できます。

そんな熊野神社の中でも、比較的大きく、私の住んでいる川崎・横浜地区で名も知られているのが、師岡熊野神社です。
東急東横線の大倉山駅から歩いて10分ほどの住宅地の中にあります。

神社の公式サイトに徒歩8分と書いてありますが、距離もあり、また上り坂もありますので、相当な早足でないと8分では着きません、悪しからず。
ご祭神は

  • 伊邪那美尊(いざなみのみこと)
  • 事解之男命(ことさかのおのみこと)
  • 速玉之男命(はやたまのおのみこと)

さすがに名の高いお社だけあって、本日、元旦は鳥居の前から綱島街道に向かって100m以上の列!30分ほど待って、ようやく...

鳥居|師岡熊野神社
鳥居|師岡熊野神社

鳥居の前へ。「関東随一大霊験所熊埜宮」と記された勅額が掲げられています。
鳥居をくぐると...

階段(下から)|師岡熊野神社
階段(下から)|師岡熊野神社

↑急な階段を上ります。

階段(上から)|師岡熊野神社
階段(上から)|師岡熊野神社

↑階段を上から見下ろすと、こんな感じ。

手水舎|師岡熊野神社
手水舎|師岡熊野神社

上った左手に手水舎があり、手と口を清めてから階段正面の本殿へ。

本殿|師岡熊野神社
本殿|師岡熊野神社

師岡の地にこの御社殿が最初に建立されたのは仁和元年(885)、光孝天皇の勅命によるものなんだそうです。現在の本殿は、江戸時代中期の正徳三年(1713)に建てられたもので、戦禍を免れ今日に及んでいます。

本殿でお参り|師岡熊野神社
本殿でお参り|師岡熊野神社

参拝客でごった返しの境内、参拝も横に並んで複数名がお参りできるつくりになっていました。もちろん、お願いするのはジュビロ磐田の今シーズンの活躍! そして、ギラヴァンツ北九州のJ2復帰!!
決して大きなお社ではないのですが、歴史が語ると申しますか、非常に風格のある造りで、境内の空気は厳かそのもの。

お守り|師岡熊野神社
お守り|師岡熊野神社

わざわざ川崎から大倉山まで足を運んだのは、毎年、コレを自宅に飾っておきたいから。
師岡熊野神社は日産スタジアム(横浜国際総合競技場)のある横浜北部の守り神と言うことで、日本サッカー協会公認のエンブレムとマスコットを用いたサッカー御守を頒布してくださっています。 だから、チームの必勝と選手の健康を祈って多くのサッカー関係者がお参り訪れます。

サッカーお守り|師岡熊野神社
サッカーお守り|師岡熊野神社

↑800円/個、お納めして参りました。遠征のバッグにでも付けておこうかな。
あ、もちろん、普通の!?サッカーじゃ無いお守りもありますヨ。

天満社|師岡熊野神社
天満社|師岡熊野神社

本殿の後ろには小さなお社がありました。境内の案内図には、天満社・社後神・白山社・山王社と書いてありました。

皆様の近所にもあるかも知れません、サッカーの神様、熊野神社。

師岡熊野神社
横浜市港北区師岡町1137