大一番の三連戦は0勝2分1敗...

豊田スタジアムまで遠征された皆様、お疲れ様でした。
正直、瑞穂だと勝つ気がしないのですが、まだトヨタスタジアムだから、ひょっとしたらチャンスがあるかも、なんて思いつつ、遠くから祈っていた今日のジュビロ磐田の試合...。
名古屋グランパス 11 ジュビロ磐田 (Goal:ジェイ)
うーん...なんとも微妙  ...アウェイとは言え、なんとしても勝ち点3が欲しかった試合ですから。
PKで先制されたのは仕方がないですが、追いついた後の追加点、ここがねぇ...課題ですね。

結局、残留に向けての大一番・三連戦は...
ジュビロ磐田 00 湘南ベルマーレ (ヤマハ)
ジュビロ磐田 12 アルビレックス新潟 (ヤマハ)
名古屋グランパス 11 ジュビロ磐田 (豊田)
↑と、0勝2分1敗の勝ち点2を積み上げるに留まりました。ヤバイですね、足踏み状態。3試合で得点が2、失点が3と言うことを考えると、一歩後退くらいの意味合いになるかと思います。

本日の2nd-stage第15節終了時の年間順位を見てみますと...

順位 チーム 勝点 得点 失点
13 ジュビロ磐田 33 7 12 13 36 49 -13
14 ヴァンフォーレ甲府 31 7 10 15 32 56 -24
15 アルビレックス新潟 31 8 6 18 32 45 -13
16 名古屋グランパス 30 7 9 16 37 52 -15
17 湘南ベルマーレ 21 5 6 21 26 55 -29
18 アビスパ福岡 19 4 7 21 25 58 -33

今日の試合で湘南ベルマーレがJ2降格決定、そして一つ上にいたサガン鳥栖が勝利で年間勝点42、と言うことで、残留争いはジュビロ磐田ヴァンフォーレ甲府アルビレックス新潟名古屋グランパスの4チームに絞られました。これらの4チームが勝ち点3の中にひしめいています。つまり、1試合で上下できる範囲内ってことね。
ちなみにジュビロの対戦相手は、次節は浦和レッズ最終節がベガルタ仙台
とくに浦和レッズは次節で勝てば優勝ですからね、かなりの本気モードで戦ってくることと思います。
でもね、浦和も仙台も1stステージで勝っている相手なんですよ。だからね、勝てない相手じゃないんですよ。勝たなきゃいけない相手なんですよ。

なんか今ね、悪い流れの中にいるの。悪いスパイラルから抜け出せないでいるの。

流れを変えなきゃね!!
次節勝てば、残留に大きく近づきます。遠征できるかどうか、わかりませんけど、とにかくエコパで勝利することを祈っています!
勝ってスタジアムか自宅かわかりませんけど、祝杯でも上げたいねー。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。